また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2072766 全員に公開 フリークライミング 甲信越

太刀岡山左岩稜

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年10月20日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は太刀岡山登山口駐車場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:40
距離
2.4 km
登り
450 m
下り
438 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間48分
休憩
52分
合計
7時間40分
S太刀岡山登山口駐車場09:2410:15左岩稜取付10:4510:45左岩稜登攀開始13:415P目登攀開始15:539P目登攀&懸垂下降(Sくんのみ)16:1516:18鋏岩の間の広場から下山開始17:04太刀岡山登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・トイレなし、登山ポストなし、水場なし

【アプローチ】
・駐車場から県道を上へ向かって歩き、途中で右に見える沢を残置ハシゴ板を使って渡り、廃屋を通過して踏み跡をジグザグに登っていくと下部岩壁メインエリアに着く。下部岩壁メインエリアを左にいくと古くて汚いフィックスロープが垂れ下がっているの右側のクラックが左岩稜1P目の取付き。
・初見の私たち3人組は廃屋を正面突破せず左から通過してしまい、薄い踏み跡から尾根を登っていき下部岩壁メインエリアから遠く左側に外れたエリアで右往左往・・・大幅に時間ロスしました。(下山時に正しいルートを確認しました。)

【太刀岡山左岩稜】
・ルート状況(ルートグレードは100岩場のトポ図からで、あとはヤマパンの個人的な感想です。)
・今回はリードする気はなかったのですが、6P目から鋏岩の間の広場までの3ピッチをリードしました。
・最初の3ピッチは岩が濡れていて服やザックが泥だらけになりました。。

1P 5.9 20m(Sくんリード)
・下部のクラックと上部のクラックを登る。中段は土のテラス。
・岩が濡れていてフェイス面は滑るので厳しかった。フォローだったので登れましたが、クラックリード経験無しの私にはリードは無理・・・(リードのSくんが奮闘してくれてなんとか突破!)
・1P目の取付きに不要な荷物をデポしました。(下山時に回収。)
・終了点はハンガーボルト2つ。

2P 5.7 20m(Sくんリード)
・クラックを登る。左側にチムニーが並列している。
・ステミングを使いたいがここも岩が濡れていて厳しかった。1P目同様フォローだったので登れましたが、リードは無理・・・(ここもリードのSくんが奮闘→突破!)
・終了点は木にスリングを巻いて構築。

3P 5.8 20m、4P 5.5 20m(Sくんが継続してリード)
・下部のクラックを登りスクイーズチムニーを抜け上部クラックを登る。スクイーズチムニーは狭いので空身がよい。(スクイーズチムニーの先の上部クラック基部は左下のほうに傾斜があるのでザックを投げるときにザックが落ちていかないよう注意が必要!!)
・スクイーズチムニーは思っていた以上に狭く、ザックを先に投げ横向きに突破しようとしたが案の定挟まった・・・ここをすり抜けるのが私にとってこのルートの一番の核心だった。。(スクイーズチムニーを抜けられないなら挟まりながら上まで登って右側の岩のスラブ面を登っていくのも有りのようだ・・・と言うかトポに書いてあるのを見るとそっちが正規ルート??)
・後半の4P目は簡単な登りからの歩き。
・リードのSくんは3P目終了点は狭いと感じ、4P目の終了点までロープを伸ばしたと言ってました。(ロープが屈曲して重かったとも言ってました。やはり3P目の終了点でピッチを切ったほうがロープの流れ的にいいのかも・・)
・3P目終了点はハンガーボルト2つで、4P目終了点はリングボルト3つ。

5P 5.8 20m(Wさんリード)
・クラックを中段の木が生えているところまで登り、そこから左へ回り込みリッジを登る。
・ここが4P目だと思っていたが5P目だったと5P目終了点で気付く。
・4P目からようやく岩が乾いていて、特に問題なく登れました。
・終了点はリングボルト3つ。

6P 5.6 40m(ヤマパンリード)
・岩稜を登る。
・特に問題なく登れました。
・終了点は岩稜を登って次の斜面の前の残置ハーケン、リングボルト、カムの3箇所から取りました。

7P  5.6 45m (ヤマパンリード)
・ハイライトのナイフエッジがある岩稜。
・特に問題なく登れました。
・終了点はナイフエッジ終了後の次の斜面の前のリングボルト2つから取りました。

8P 5.6 30m(ヤマパンリード)
・岩稜〜鋏岩の間の広場。
・特に問題なく登れました。
・終了点は岩にスリングを掛けて構築しました。

9P 5.8 15m(Sくんリード)
・スラブを登る。
・Sくんだけ登って懸垂下降で下りてきました。
・時間も押していたし特にこだわりはないのでWさんとヤマパンは登らずに終了。
・終了点はハンガーボルト2つ。

【下山】
・トポには9P目基部を左から巻くと一般登山道に合流すると書いてあったが基部を右側から巻くように下山して一般登山道に合流した。しばらく登山道を下山し左岩稜1P目の取付きにデポした荷物を回収するのに右へ右へと登山道を外れトラバースしていき左岩稜1P目の取付きに到着、荷物を回収して下山した。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 登攀装備1式
共同装備 50mダブルロープ×2 カム×1式+#3 ナッツ×1式 ナッツキー×1 クイックドロー×8 アルパインクイックドロー×7

写真

太刀岡山登山口駐車場をスタート
2019年10月20日 09:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太刀岡山登山口駐車場をスタート
これから登る太刀岡山左岩稜
2019年10月20日 09:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る太刀岡山左岩稜
1
県道から沢に下りる
2019年10月20日 09:27撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道から沢に下りる
残置ハシゴ板を使って沢を渡る
2019年10月20日 09:27撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残置ハシゴ板を使って沢を渡る
右往左往して左岩稜1P目の取付きに到着。岩が濡れていたが登攀準備して登攀開始!!
2019年10月20日 10:44撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右往左往して左岩稜1P目の取付きに到着。岩が濡れていたが登攀準備して登攀開始!!
リードするSくん
2019年10月20日 10:50撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リードするSくん
2P目、リードするSくん
2019年10月20日 12:09撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目、リードするSくん
2
2P目を登るWさん
2019年10月20日 12:30撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目を登るWさん
2
私も登ります
2019年10月20日 12:34撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私も登ります
3P目、下部クラックを登るWさん
2019年10月20日 13:21撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目、下部クラックを登るWさん
1
3P目のスクイーズチムニー・・・抜けられるか?
2019年10月20日 13:28撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目のスクイーズチムニー・・・抜けられるか?
2
トポには「スクイーズチムニーを登って右のスラブへ」と書いてある。上に登れば挟まらないけど横に抜けようとすると狭くてハマる・・・が、ズリズリと突破するしかない
2019年10月20日 13:28撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トポには「スクイーズチムニーを登って右のスラブへ」と書いてある。上に登れば挟まらないけど横に抜けようとすると狭くてハマる・・・が、ズリズリと突破するしかない
1
なんとか抜けた!
2019年10月20日 13:31撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか抜けた!
1
振り返る・・・狭かったー、いや私が太りすぎなのか・・・
2019年10月20日 13:31撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る・・・狭かったー、いや私が太りすぎなのか・・・
1
5P目をリードするWさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目をリードするWさん
5P目を登るSくん
2019年10月20日 14:11撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目を登るSくん
1
リッジを登ってくるヤマパン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リッジを登ってくるヤマパン
1
リッジを登ってくるヤマパン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リッジを登ってくるヤマパン
2
5P目終了点の2人
2019年10月20日 14:20撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P目終了点の2人
6P目終了点から7P目をリード開始するヤマパン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6P目終了点から7P目をリード開始するヤマパン
7P目を登ってくるWさん
2019年10月20日 15:22撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7P目を登ってくるWさん
1
7P目を登ってくるSくん
2019年10月20日 15:25撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7P目を登ってくるSくん
1
8P目を登ってくるSくん
2019年10月20日 15:43撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8P目を登ってくるSくん
1
9P目をリードするSくん
2019年10月20日 15:55撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9P目をリードするSくん
1
9P目終了点からの眺め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9P目終了点からの眺め
1
9P目終了点から鋏岩の間の広場を見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9P目終了点から鋏岩の間の広場を見下ろす
1
鋏岩の間の広場にある祠
2019年10月20日 16:18撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋏岩の間の広場にある祠
9P目基部を右側から巻くように下山した
2019年10月20日 16:18撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9P目基部を右側から巻くように下山した
太刀岡山登山口駐車場に着いて下山完了
2019年10月20日 17:03撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太刀岡山登山口駐車場に着いて下山完了

感想/記録

山岳会メンバーのSくんからマルチ&フリーの誘いを受け太刀岡山左岩稜とフリーの岩場へ行く計画を立てました。
土曜日が太刀岡山左岩稜、日曜日が甲府幕岩の予定でしたが天気の都合で日曜日に太刀岡山左岩稜だけ登ることになりました。
クラックのリードはSくん任せで楽しんでこようかなー(笑)
Climbing‼

ヾ響
 
・みんな初見で駐車場から取付きまでの道に迷い右往左往しました。

・取付に着いて岩を見上げると前日までの雨?それとも朝露?で濡れた岩でテンションダウン・・・撤退か登攀か難しい判断でしたが今回のリーダーSくんの号令でお通夜モード中、登攀準備を開始しました。(みんな無言でしたw)

・下部の濡れたクラック3ピッチはリードのSくんが奮闘しながら登攀、核心をなんとか突破してくれたおかげで左岩稜完登できました!(私はリッジの3ピッチをリードしましたがは低グレードで岩も乾いていて快適でしたw)

反省

・濡れた岩をズリズリ登って泥だらけになりましたが、岩が濡れているかもしれないときのクラック登攀の服装とザックはお気に入りのものではなくて汚れてもいいもので来ようと思いました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1067人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ