また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2091711 全員に公開 ハイキング 剱・立山

下の廊下

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月02日(土) 〜 2019年11月03日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
信濃大町駅前の駐車場は何日停めても1,500円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間43分
休憩
44分
合計
8時間27分
S黒部ダム駅07:5909:03内蔵助谷出合09:0610:32新越沢二股11:07黒部別山谷11:1311:57白竜峡14:10半月峡14:49東谷吊橋15:0315:16仙人谷ダム15:19仙人谷駅15:21関西電力人見平宿舎15:3815:58権現峠16:0216:26阿曽原温泉小屋
2日目
山行
5時間7分
休憩
7分
合計
5時間14分
阿曽原温泉小屋06:2608:10折尾ノ大滝08:16オリオ谷08:1708:44大太鼓10:03蜆谷10:0610:58水平歩道始・終点11:0111:37欅平駅11:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
トンネル系の所はとにかく頭上に注意。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

6:15発の始発バスで信濃大町駅を出発。
20人ぐらいの登山客。
皆さん下の廊下へ行くんだろうなぁ。

帰りもここまで電車を乗り継いで車を取りに来ます。

無事に帰って来れるか心配…

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:15発の始発バスで信濃大町駅を出発。
20人ぐらいの登山客。
皆さん下の廊下へ行くんだろうなぁ。

帰りもここまで電車を乗り継いで車を取りに来ます。

無事に帰って来れるか心配…

トロリーバスの始発待ちの列。
改札前で弁当屋(駅員?)が笑わせてくれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロリーバスの始発待ちの列。
改札前で弁当屋(駅員?)が笑わせてくれた。
こんな写真がたくさん続く…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな写真がたくさん続く…
十字峡。
この辺りで疲労ピーク。
オジサンにはキツい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字峡。
この辺りで疲労ピーク。
オジサンにはキツい。
4
水平歩道と紅葉〜

実際に見ると紅葉がもの凄いんだけど…

安物カメラだと残念です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平歩道と紅葉〜

実際に見ると紅葉がもの凄いんだけど…

安物カメラだと残念です
2
確かここが梯子が破壊されたため通ることになる旧道。

見た感じ足元の岩が今にも崩れそう…

足が震えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かここが梯子が破壊されたため通ることになる旧道。

見た感じ足元の岩が今にも崩れそう…

足が震えました。
3
6:30阿曽原小屋を出発。
1時間寝坊してしまって出発が遅れる…
ほとんどの人が出発したあと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:30阿曽原小屋を出発。
1時間寝坊してしまって出発が遅れる…
ほとんどの人が出発したあと。
よく見る写真の所。

怖かった〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見る写真の所。

怖かった〜
1
11:40。
何とか無事に欅平に到着。

11時には着くようにと阿曽原小屋で言われたけれど〜

無理でした…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:40。
何とか無事に欅平に到着。

11時には着くようにと阿曽原小屋で言われたけれど〜

無理でした…
1

感想/記録

身の丈に合った計画
年齢層

偉そうに上から目線で言ってんじゃねえょ
何様だぁ
と、言いたくなるけどね。
でも、その通りなんだよなぁ〜
自分の想いだけで歩くのは危険だね。

私は〜
登山を始めてまだ3年。
テントを担ぎ始めてまだ数回。
オッサンがソロ。
聞くだけで遭難しそうな感じ。

「下ノ廊下」はハードルが高すぎたみたい…
たくさんの人に抜かれたからなぁ。


今年は夏に唐沢カール、秋に下ノ廊下へ行きたいと思っていたけど。
いずれも台風でボツになって。

文化の日の連休は天気が良さそうだったので計画してみたけど一番の気がかりは「ロッジくろよん」営業終了で前泊出来ないことだった。
電話で問い合わせしたらテント泊は禁止だそうだ。
始発のトロリーバスで出発しも明るいうちに阿曽原小屋に到着する自信がない。

身の丈に合った計画では無かったってことだよな。


晴天で紅葉も綺麗で最高の2日間だった。

1日目は
疲れるといけないと思いペースをゆっくりにしたんだけど、後半ペースを上げなければいけないのに…
逆に疲労でペースがもっとゆっくりに…
その分、紅葉を満喫できたので結果オーライかなぁ。

渓谷と紅葉と黒部ブルー。
見たことがない景色がずっと続いてた。
「来て良かった」と心底思った。

暗くなるちょっと前の16:30に阿曽原小屋に到着。
到着前の急登は滅茶苦茶キツかった。
テン場の料金を払うときに小屋の人はいい顔してなかったから「遅いんだよ」と言いたかったんだろうと思う。
すでにテント場は満タン状態。
わずかな隙間にテントを張れた。
張り綱も満足に張れない状態。

19時に温泉に入って〜
真っ暗闇の露天風呂。
最高だった〜

2日目は
いきなり寝坊。
3時に起きるつもりが2時に起きてしまいウトウト寝ぼけているうちに4時過ぎに。
バカだから2時に起きた時にアラームを切ってしまって。
ほんとバカ。
おまけに昨日の疲労と筋肉痛と関節痛で足が最悪の状態。
「もう一泊しちゃおうかな」と思ったけど食料が無い。

身の丈に合った計画では無い。

6:30に出発していきなり急登。
足がとんでもない状態になってしまい、どうしようかと真剣に悩む。
でも昨日追い抜かれたパーティーにまた会い、根性出して付いて行ったら何とかなった。

足を上げるのも痛いのに、どうして歩けるのかマジで不思議に思った。
不思議なことって本当にあるもんだ。
根性論の好きな年齢層なので「オレって根性あるよな」と自分で自分をほめたい。

水平歩道はまだまだ続き、恐怖の連続。
一日目より高度感があった。
高所恐怖症なので汗がダラダラ。

でもネットで見てた水平な道を歩いているんだなと感動もした。
ゴールの欅平に近づくとトロッコ電車の駅のアナウンスが聞こえてきて「もう終わりか」とちょっと残念だったりもした。

欅平は人がウジャウジャ。
女子トイレには長蛇の列。
売店にも長蛇の列。
トロッコ電車の改札口にも長蛇の列。

登山用語で「下界」という言葉の意味がわかったような気がする。

今回は写真をたくさん撮ったけどビデオもたくさん撮った。
当分は「下ノ廊下」のビデオを観ながら美味しいお酒が呑めそう。

下ノ廊下の道には至る所に番線・ロープ・木の橋・木の階段があった。
これだけの作業をするのは命がけだよなと思った。

1泊2食で1万円。
テント泊1人800円。
安すぎない?

安すぎると思ったらそのぶん「身の丈に合った計画」を守らないとね。

来年、暖かくなるまでは富士山を眺めにトレーニングがてら低山登山を楽しむ。
来年こそ穂高に行く。
有休使えれば何回でも行けるんだけどね。
貧乏暇なし…
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:410人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ