また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2094187 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 朝日・出羽三山

極寒の朝日連峰縦走(古寺鉱泉〜泡滝登山口)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年11月02日(土) 〜 2019年11月03日(日)
メンバー
天候1日目:晴れ⇒曇り,2日目:晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車にバイクを積み込んで、
泡滝登山口にバイクをデポし、古寺鉱泉に車で移動。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間16分
休憩
1時間27分
合計
9時間43分
S古寺鉱泉下駐車場06:1206:18古寺鉱泉06:2207:27一服清水07:2807:33ハナヌキ峰分岐07:58三沢清水08:17古寺山08:54小朝日岳08:5509:51銀玉水09:5410:22大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)10:4010:51大朝日岳10:5211:00大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)11:0711:16金玉水11:26中岳12:16西朝日岳13:00竜門山13:12竜門山避難小屋13:5914:52南寒江山15:03寒江山15:31北寒江山15:42三方境15:4415:52狐穴小屋15:5515:55宿泊地
2日目
山行
6時間18分
休憩
50分
合計
7時間8分
宿泊地05:2506:13中先峰07:31以東岳07:3807:44以東小屋07:5709:17東沢渡渉点09:46大鳥小屋(タキタロウ山荘)10:0710:27七曲水場10:3610:49七ツ滝沢水場11:03七ツ滝沢橋11:28冷水沢橋12:23大鳥登山口12:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪は無く、アイゼンなどは不要でした。
大鳥池から泡滝登山口までは道が狭く注意が必要。
特に2か所ある橋の床板が撤収されているので、渡る際は要注意。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

新築の古寺鉱泉のビジターセンター。来年オープンだそうです。
2019年11月02日 06:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新築の古寺鉱泉のビジターセンター。来年オープンだそうです。
1
いざ縦走開始
2019年11月02日 06:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ縦走開始
一服清水は水出ていました
2019年11月02日 07:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一服清水は水出ていました
紅葉も終わりかけ
2019年11月02日 07:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も終わりかけ
1
古寺山まで登りきる。あとは楽しい稜線歩き。
2019年11月02日 08:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古寺山まで登りきる。あとは楽しい稜線歩き。
2
朝日岳なんかガスってない?
2019年11月02日 08:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳なんかガスってない?
銀玉水も出ています。
2019年11月02日 09:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀玉水も出ています。
朝日岳山頂に近付くにつれ風が強くなる。
そして風により体感気温は氷点下になっていたと思います。
2019年11月02日 10:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂に近付くにつれ風が強くなる。
そして風により体感気温は氷点下になっていたと思います。
2
大朝日小屋に到着
2019年11月02日 10:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大朝日小屋に到着
中は綺麗でした。
2019年11月02日 10:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中は綺麗でした。
1
積雪こそないものの、氷の世界。
秋用のグローブでは指が痛くなる。
2019年11月02日 10:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪こそないものの、氷の世界。
秋用のグローブでは指が痛くなる。
朝日岳に到着。展望なし。
寒さが限界なので、速攻で小屋に戻る。
2019年11月02日 10:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳に到着。展望なし。
寒さが限界なので、速攻で小屋に戻る。
1
念のため新型テムレス持ってきましたが、大正解。
2019年11月03日 09:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念のため新型テムレス持ってきましたが、大正解。
2
西朝日岳に到着も、相変わらず展望なし。
2019年11月02日 12:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西朝日岳に到着も、相変わらず展望なし。
竜門小屋に到着。
2019年11月02日 13:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜門小屋に到着。
1
ここも中が綺麗。泊ってみたい。
2019年11月02日 13:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも中が綺麗。泊ってみたい。
1
外の水場は健在でした。感謝です。
2019年11月02日 13:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外の水場は健在でした。感謝です。
1
竜門小屋を後にして、今夜の目的地の狐穴小屋を目指す。
2019年11月02日 14:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜門小屋を後にして、今夜の目的地の狐穴小屋を目指す。
2
寒江山に到着。宿までもう少しだ!
2019年11月02日 15:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒江山に到着。宿までもう少しだ!
狐穴小屋に到着。長かったぁ。
2019年11月02日 15:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狐穴小屋に到着。長かったぁ。
1
小屋前の水場も健在です。こちらにも感謝。
2019年11月02日 15:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前の水場も健在です。こちらにも感謝。
1
2日目スタート
2019年11月03日 06:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目スタート
ラストピークの以東岳に向かう
2019年11月03日 06:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストピークの以東岳に向かう
ラストピークの以東岳に到着
2019年11月03日 07:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストピークの以東岳に到着
1
大鳥池。熊の毛皮に見えるそうですが、その通りだ
2019年11月03日 07:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鳥池。熊の毛皮に見えるそうですが、その通りだ
5
以東岳避難小屋。新築です。
2019年11月03日 07:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以東岳避難小屋。新築です。
2
中は木の香りがしてとても綺麗。
昨日、無理してここまで来ても良かったかも。
2019年11月03日 07:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中は木の香りがしてとても綺麗。
昨日、無理してここまで来ても良かったかも。
大鳥池に到着
2019年11月03日 08:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鳥池に到着
3
写真の補正で綺麗に見えますが、ここも紅葉は終わりです。
2019年11月03日 09:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真の補正で綺麗に見えますが、ここも紅葉は終わりです。
2
タキタロウ小屋は終了していました。
2019年11月03日 09:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タキタロウ小屋は終了していました。
1
床板ないので、渡るのが怖いです。
2019年11月03日 11:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
床板ないので、渡るのが怖いです。
3
ゴールはもうすぐ
2019年11月03日 11:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールはもうすぐ
3
滝ができています
2019年11月03日 11:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝ができています
大鳥池〜滝泡登山口は道が崩落してる箇所多く怖いです。
2019年11月03日 12:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鳥池〜滝泡登山口は道が崩落してる箇所多く怖いです。
ゴール。長かったぁ。
そしてこの後バイクで古寺鉱泉に戻る。それも長かった・・・。
2019年11月03日 12:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。長かったぁ。
そしてこの後バイクで古寺鉱泉に戻る。それも長かった・・・。
3

感想/記録
by yu-in

前々からやって見たかった朝日連峰縦走。
期間限定の登山バスの時期を逃したので、車にバイクを積み込み決行しました。

小朝日岳まではいい天気でしたが、そこからガスに飲み込まれたと思ったら
風速10メートルくらいの暴風により、体感気温が激下がり。
草木も凍り、ガスで展望が無い世界となりました。

念のため冬装備を持ってきていて正解でした。
稜線歩きで風に吹かれまくりだったので、無かったら撤退していたと思います。

大鳥池〜泡滝以外の区間の登山道は広く歩きやすいです。
次は快晴の日にきたいと思いました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:466人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ