また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2094469 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳【唐沢鉱泉から周回】

日程 2019年11月05日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴 弱い風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉登山口の駐車場(無料、平日のためか空きスペースあり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間51分
休憩
2時間6分
合計
8時間57分
S唐沢鉱泉06:1407:24唐沢鉱泉分岐07:3608:33第一展望台08:4909:34第二展望台09:4110:42天狗岳11:2611:46東天狗岳12:0612:10天狗の鼻12:1512:27天狗岳分岐12:3213:11中山峠13:1213:16黒百合ヒュッテ13:2814:05渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐14:0815:08唐沢鉱泉15:0915:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 ウール長袖シャツ ソフトシェル 合ズボン 防寒グローブ インナーグローブ 防寒着(ライトダウン上下) ウインドブレーカー上下 雨具 コンプレッションインナー(冬用) 網シャツ コンプレッションタイツ(冬用) 毛糸帽子 バラクラバ インナーキャップ ツェルト ストック

写真

天狗岳を周回
唐沢鉱泉から
2019年11月05日 06:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳を周回
唐沢鉱泉から
西尾根から登ります
唐沢鉱泉の向かいにある橋を渡ってスタート
2019年11月05日 06:28撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根から登ります
唐沢鉱泉の向かいにある橋を渡ってスタート
西尾根に向けてひたすら登る
2019年11月05日 06:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根に向けてひたすら登る
枯尾ノ峰分岐
2019年11月05日 07:36撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯尾ノ峰分岐
北アルプスが見えてきた
槍穂
2019年11月05日 08:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスが見えてきた
槍穂
1
第一展望台
2019年11月05日 08:54撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台
尾根へ出ても樹林帯をひたすら登るので、楽しみはシモバシラの模様
2019年11月05日 09:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根へ出ても樹林帯をひたすら登るので、楽しみはシモバシラの模様
第二展望台
赤岳の向こうに南アルプスが
2019年11月05日 09:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台
赤岳の向こうに南アルプスが
南アルプス
2019年11月05日 09:47撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス
1
第二展望台から来たコースを振り返っています
遠くの山並は中央アルプス
2019年11月05日 09:48撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台から来たコースを振り返っています
遠くの山並は中央アルプス
北アルプスの山並
2019年11月05日 10:15撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの山並
1
岩岩を乗り越えて
マークに従って進みます
2019年11月05日 10:15撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩岩を乗り越えて
マークに従って進みます
西天狗に到〜着〜ック
2019年11月05日 11:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗に到〜着〜ック
西天狗タッチ
2019年11月05日 11:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗タッチ
今日のランチテーブル
東天狗、赤岳、南・中央アルプス、御岳山を眺めながら至福のひと時です
2019年11月05日 11:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のランチテーブル
東天狗、赤岳、南・中央アルプス、御岳山を眺めながら至福のひと時です
穂高岳〜槍ヶ岳
2019年11月05日 11:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳〜槍ヶ岳
1
南アルプス
2019年11月05日 11:25撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス
1
東天狗と天狗の鼻
2019年11月05日 11:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗と天狗の鼻
1
東天狗に到〜着ック
東天狗の三角点タッチ忘れた
2019年11月05日 12:00撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗に到〜着ック
東天狗の三角点タッチ忘れた
蓼科山と後立山連邦
2019年11月05日 12:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山と後立山連邦
1
槍穂
何回も何回も
2019年11月05日 12:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂
何回も何回も
1
西天狗と中ア
2019年11月05日 12:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗と中ア
1
赤岳とその向こうに南ア
2019年11月05日 12:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳とその向こうに南ア
1
天狗の奥庭への下り口
2019年11月05日 12:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭への下り口
振り返っています
東天狗と西天狗
2019年11月05日 12:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っています
東天狗と西天狗
天狗の奥庭、黒百合ヒュッテ、蓼科山
2019年11月05日 12:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭、黒百合ヒュッテ、蓼科山
2
黒百合ヒュッテまでこんな感じ
2019年11月05日 13:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテまでこんな感じ
1
黒百合ヒュッテ
2019年11月05日 13:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ
ゴロゴロした岩の上を歩いたり
2019年11月05日 13:44撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴロゴロした岩の上を歩いたり
巻き道の木道を歩いたり
2019年11月05日 14:00撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道の木道を歩いたり
昨年、巻き道の方が歩きやすいと教えてもらいました。
ここまで、巻き道を多用してきました。
2019年11月05日 14:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年、巻き道の方が歩きやすいと教えてもらいました。
ここまで、巻き道を多用してきました。
渋ノ湯への分岐
2019年11月05日 14:19撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋ノ湯への分岐
途中に一休みできるベンチが
周りは苔むした樹林帯
2019年11月05日 14:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に一休みできるベンチが
周りは苔むした樹林帯
この橋を渡るとじきに唐沢鉱泉です
2019年11月05日 15:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡るとじきに唐沢鉱泉です
唐沢鉱泉と言えば・・・
2019年11月05日 15:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉と言えば・・・
ふりだしにもどる!!!
無事に天狗岳周回を終えました。
2019年11月05日 15:19撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふりだしにもどる!!!
無事に天狗岳周回を終えました。

感想/記録

念願の天狗岳へ行ってきた。
昨年の12月に黒百合ヒュッテまで行って以来のこと。
唐沢鉱泉から周回するのに、保険で黒百合ヒュッテ泊を考えたものの前日に出発ができず、日帰りでチャレンジすることに。

第二展望台までは樹林帯の中をひたすら登ります
西天狗の登りは樹林帯を過ぎると岩岩の登りですがマークがあるので辿っていけば問題ありません。雪が付いてマークが見えなくなると岩を越すのが大変になるかも。滑り止めは別問題です。
西天狗から東天狗は、西天狗の下りの方が東天狗への登りより急と感じた。東天狗から中山峠は急な下りや岩岩の個所が多くある。

天狗岳(黒百合ヒュッテ経由)は雪山の入門らしいが、このコースを歩くのは少し手こずりそう。先行者のラッセルを期待するのは気持ち的に少しあるのですが・・・。これは論外。
積雪期にソロで来るかツアーを利用するかそれが問題ダッ!!。

渋の湯へ下って渋の湯から唐沢鉱泉までのコースを確認したかったが時間的に余裕がなかった。

朝はバラクラバを使いネックウオマーの代わりにバンダナを首に巻いてスタートした。
訪問者数:176人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

三角点 巻き道 木道 ヒュッテ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ