また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2109118 全員に公開 ハイキング 奥秩父

つなげてみたい 丹波大菩薩道

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月15日(金) ~ 2019年11月16日(土)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:JR中央本線 甲斐大和駅、栄和交通バス 上日川峠
復路:西東京バス 丹波停留所、JR青梅線 奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
55分
休憩
5分
合計
1時間0分
S上日川峠16:2016:40砥山峠17:00大菩薩の森 展望台17:0517:20上日川峠
2日目
山行
4時間50分
休憩
35分
合計
5時間25分
上日川峠06:3506:55福ちゃん荘07:0007:00富士見山荘07:05勝縁荘07:35大菩薩峠07:45親不知ノ頭07:5008:00大菩薩峠08:30フルコンバ08:3509:25ノーメダワ09:3010:25追分(十文字)10:3511:15藤ダワ11:2012:00丹波バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
高原ヒュッテに泊まり、翌日に乾徳山から黒金山経由で西沢渓谷まで抜ける計画を立てていた。
高原ヒュッテの薪ストーブで焼く焼き芋を楽しみに、前日までに荷物のパッキングを済ませていた。
出発当日になって、寒波到来の報道に臆したのか暖かな営業小屋でゆっくり過ごしたくなった。
最初は大菩薩峠の介山荘に目星をつけたが、お風呂がある事が決め手となり上日川峠のロッジ長兵衛を予約した。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

バスで上日川峠へ
2019年11月15日 15:16撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスで上日川峠へ
1
今宵の宿に到着
2019年11月15日 16:02撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今宵の宿に到着
5
お洒落な個室に案内された
2019年11月15日 16:12撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お洒落な個室に案内された
5
百名山バッジが豊富
2019年11月15日 16:14撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百名山バッジが豊富
2
夕飯前の散歩に出かける
2019年11月15日 16:33撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯前の散歩に出かける
2
魔法の時間帯
2019年11月15日 17:03撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魔法の時間帯
5
存在感あるシルエット
2019年11月15日 17:04撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
存在感あるシルエット
6
暗くなる前に宿に戻る
2019年11月15日 17:11撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗くなる前に宿に戻る
3
お風呂でゆっくり温まり
2019年11月15日 17:27撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お風呂でゆっくり温まり
6
ストーブ前を陣取り
2019年11月15日 18:16撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストーブ前を陣取り
4
夕陽のガンマン
2019年11月15日 20:43撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽のガンマン
2
翌朝、冬枯れの樹林帯
2019年11月16日 06:45撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、冬枯れの樹林帯
霜が降りていた
2019年11月16日 07:32撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜が降りていた
3
鹿はいっぱいいた
2019年11月16日 07:33撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿はいっぱいいた
3
山肌から朝陽が射す
2019年11月16日 07:35撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山肌から朝陽が射す
1
親不知の頭より富士
2019年11月16日 07:47撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親不知の頭より富士
4
だいぶ白くなったね
2019年11月16日 07:48撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ白くなったね
7
南アルプスと甲府盆地
2019年11月16日 07:43撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスと甲府盆地
4
奥多摩方面へ下る
2019年11月16日 07:56撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩方面へ下る
フルコンバ(丹波と小菅の分岐)
2019年11月16日 08:34撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フルコンバ(丹波と小菅の分岐)
標高1400mくらい
2019年11月16日 09:06撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1400mくらい
3
落ち葉を踏みしめる
2019年11月16日 09:23撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉を踏みしめる
2
標高1300mくらい
2019年11月16日 09:43撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1300mくらい
2
このあたりが奇麗だった
2019年11月16日 10:16撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりが奇麗だった
5
石尾根の稜線
2019年11月16日 10:28撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根の稜線
1
杉林になってしまう
2019年11月16日 10:34撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林になってしまう
まだ新鮮な落ち葉
2019年11月16日 11:15撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ新鮮な落ち葉
4
貝沢沿いの下山道
2019年11月16日 11:37撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貝沢沿いの下山道
1
多少崩落してる個所あり
2019年11月16日 11:43撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少崩落してる個所あり
通行止めだったらしい
2019年11月16日 11:50撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止めだったらしい
麓も紅葉が進んできた
2019年11月16日 12:00撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓も紅葉が進んできた
3
ちょっと歩き足りなかった
2019年11月16日 12:03撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと歩き足りなかった
2

感想/記録

14時ごろ甲斐大和駅に到着、14時50分のバス発車までコンビニで買い物。
バスで上日川峠へ向かう、発車してから一度戻ったので少し遅れて到着した。
ロッジ長兵衛は、山小屋というよりもペンション風の洒落たログハウスだった。
案内されたベッドのある洋室に荷物を置いて、明るいうちに近所を散策する。
砥山を目指してみるが、道なりに歩いたら道路の近くまで下りてしまい戻る。
戻る際に砥山らしき峰があったが、勾配がありサンダル履きではきつそうだった。
代わりに別の木道沿いに歩いて展望台と呼ばれる個所まで足を延ばしてみた。
ちょうど日が沈んだところで、富士山は夕焼けのシルエットになっていた。
日が沈んでしまうと一気に寒くなる、宿に戻ってお風呂に入って身体を温める。
今回は素泊まりのため、持ってきたつまみ類と酒を夕食の代わりにする。
食事のあとは、消灯時間までマカロニウェスタンの名作映画を観て過ごした。

目が覚めると6時、前日は消灯の21時に床に着いたので9時間近く眠った計算。
お湯をもらってアルファ米のわかめご飯を作って食べ、6時半には宿を出た。
前日までは牛ノ寝通りか小金沢連峰を考えていたが、丹波へ下りることにした。
丹波大菩薩道と呼ばれる未踏の尾根で、また赤線がつながるのが決め手となった。
10日ほど前に来た時はまだ黄葉真盛りだった道が、すっかり冬枯れとなっていた。
福ちゃん荘を経由して大菩薩峠までは約1時間、今日も富士山が奇麗に見えた。
親不知の頭で富士山と南アルプスの写真を撮って峠に戻り、丹波へ向け下りていく。
しばらくは冬枯れの樹が立ち並ぶが、下るに連れて徐々に色づいた葉が増えていく。
それにしても大菩薩峠からはほぼ下りっぱなし、登山を省略し下山だけという感じ。
溜まった落ち葉を踏み散らかす音を鳴らしながら、秋晴れの空と紅葉を楽しんだ。
途中に何箇所か分岐はあったが、きちんと標識があるので迷う心配もなかった。
標高1200を切る辺りから杉林が広がり、何となく奥多摩エリアに入った気がした。
藤ダワから尾根道か沢沿いの道か迷ったが、丹波へ近そうな貝沢沿いの道で下山。
多少崩落した箇所があったが、気を付けて歩いていればそう問題はない程度。
舗装路に出て10分ほど歩くと里に出た、12時2分発のバスで奥多摩駅へ向かった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:394人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

崩落 紅葉 アルファ米 木道 サンダル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ