また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2123429 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

岩湧山 カヤトきらら。

日程 2019年11月26日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 昨晩の宿、河内長野荘、温泉旅館ですが、云われなければただのお風呂。朝早いので朝食は摂らずに出発。ナヴィに任せて走ります。住宅地の丘を抜け、山道に入ると細い道となります。舗装されていますが、すれ違い場所は限られています。朝早いせいか、対向車に一台あっただけで済みました。岩湧の森、小さな駐車場が幾つかありますがこれらをやり過ごし、終点の岩湧寺の駐車場をお借りしました。
 帰りはナヴィ任せ。松原JCTで工事中のため渋滞がありましたが、あとはスムース。でも、高速道路が次々と分岐しますので気を緩めることが出来ません。どこをどう走ったのか定かではありませんが、名神高速道路に辿り着いて、ここからは勝手知ったる道。無事帰宅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

6:40 河内長野荘―7:25岩湧寺―7:48登山口―8:59東峰―9:21岩湧山9:45―9:57東峰―10:22いわわくの道下り口10:30―10:53展望台11:00―11:23登山口
コース状況/
危険箇所等
 岩湧寺の登山口、「きゅうさかの道」と「一般道」に分かれています。きゅうさかの道を登りました。急な階段を登ると、「1/13」の標識があります。ん? 10等分ではなく何故13等分なのかな。急な階段が続き尾根に登るとそこはダイトレで、ここが13番目でした。13等分の謎は解けませんでした。岩湧山はまだその先、一旦下るとトイレがありました。人感センサーがついたモダンなトイレですが、何故か和式です。ちなみに、四季彩館のトイレも和式でした。ここからカヤトの中、階段を上がって山頂に到着。
 下りはダイトレ、岩湧山から尾根伝いに東峰から五つ辻へ。いわわきの道下り口から下ります。途中、「みはらしの道」、「ぎょうじゃの道」が分岐しますが、岩湧寺への道を下ります。ぎょうじゃの道下り口には水場と展望台があり、ここでひと休み。いずれの道にも危険個所はありませんでした。

写真

四季彩館。
2019年11月26日 07:37撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四季彩館。
13
その名にふさわしい彩りです。
2019年11月26日 07:39撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その名にふさわしい彩りです。
40
黄色の絨毯を歩きます。
2019年11月26日 07:40撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色の絨毯を歩きます。
14
案内板の「現在地」から車道を少し上がると、
2019年11月26日 07:25撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板の「現在地」から車道を少し上がると、
4
登山口がありました。頑張って「きゅうさかの道」を登る事にしました。
2019年11月26日 07:48撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口がありました。頑張って「きゅうさかの道」を登る事にしました。
4
励みになりますが、
2019年11月26日 08:02撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
励みになりますが、
3
ゼイゼイハアハア。
2019年11月26日 08:12撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゼイゼイハアハア。
4
植林帯ですが雑木林もあり、色づいています。
2019年11月26日 08:37撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯ですが雑木林もあり、色づいています。
5
尾根に登り着き、ひと休み。
2019年11月26日 09:00撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に登り着き、ひと休み。
7
一旦下ると、
2019年11月26日 09:08撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下ると、
7
カヤト出現。
2019年11月26日 09:10撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤト出現。
18
もうひと登りです。
2019年11月26日 09:11撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうひと登りです。
4
曇り空ですが、風は穏やか。
2019年11月26日 09:12撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇り空ですが、風は穏やか。
8
陽はありませんが輝いています。
2019年11月26日 09:12撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽はありませんが輝いています。
7
カヤトに囲まれ、階段を上がります。
2019年11月26日 09:11撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤトに囲まれ、階段を上がります。
15
ううん〜ん、青空が欲しい。
2019年11月26日 09:18撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ううん〜ん、青空が欲しい。
6
着きました。
2019年11月26日 09:22撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました。
20
まだその奥に何かあるようです。
2019年11月26日 09:24撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだその奥に何かあるようです。
8
山名同定盤がありました。記念に一枚。
2019年11月26日 09:26撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名同定盤がありました。記念に一枚。
54
金剛山、葛城山、二上山です。
2019年11月26日 09:28撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山、葛城山、二上山です。
14
カヤトが広がっています。
2019年11月26日 09:28撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤトが広がっています。
25
大阪湾方面です。
2019年11月26日 09:29撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪湾方面です。
9
山全体がカヤトに覆われています。
2019年11月26日 09:32撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山全体がカヤトに覆われています。
23
聞きしに勝る黄金の山です。
2019年11月26日 09:37撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聞きしに勝る黄金の山です。
34
黄金の山ともお別れです。
2019年11月26日 09:44撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄金の山ともお別れです。
30
下りましょ。
2019年11月26日 09:48撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りましょ。
3
ススキともお別れ。
2019年11月26日 09:50撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキともお別れ。
13
トイレのある鞍部から登り返して、
2019年11月26日 09:51撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレのある鞍部から登り返して、
5
ダイトレを気分よく歩き、
2019年11月26日 10:15撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレを気分よく歩き、
8
いわわきの道下り口から、
2019年11月26日 10:22撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いわわきの道下り口から、
3
下ります。
2019年11月26日 10:44撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります。
6
途中の展望台からパッチワークの山々を見渡します。
2019年11月26日 11:00撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の展望台からパッチワークの山々を見渡します。
15
よく整備された道を下って、
2019年11月26日 11:17撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく整備された道を下って、
5
無事、岩湧寺に戻りました。
2019年11月26日 11:24撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、岩湧寺に戻りました。
29

感想/記録
by onisan

 岩湧山、ヤマレコでしばしば見るので名前は知っていました。カヤトで知られているようですが、カヤトってなんだろう? 調べてみると山用語で、どうやらススキなどの茅が群生している所のようです。知らなかった。そのカヤトを見たくって行って来ました。陽が射す日が良いのでしょうが、天気予報では今週は雨の日が多く、晴れ間は期待出来ません。雨の隙間を狙って近隣の宿に前泊し、登山口に最も近い駐車場に車を停めました。時間はたっぷり、岩湧寺、四季彩館を廻って、今が盛りの紅葉・黄葉を堪能。
 きゅうさかの道、コースタイムの倍程掛かって登り着いた岩湧山。カヤト、聞きしに勝る黄金に覆われた山、ここに陽が当たれば最高なんでしょうが、贅沢は申せません。雨に見舞われなかっただけでも良しとしましょう。晴れていれば淡路島も見渡せると云う大展望。大阪湾や金剛山、葛城山、二上山が見えました。風は冷たいが穏やか、おむすびを頬張りながら暫し山頂でカヤトに浸って来ました。「船頭小唄」や「昭和枯れすすき」で暗いイメージがあるススキですが、そのイメージが一変した岩湧山のカヤトでした。
 岩湧山、いい山、遠い道のり来た甲斐がありました。
訪問者数:412人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/6
投稿数: 2956
2019/11/27 16:53
 onisanさん こんばんは!
カヤトは山用語でしたか!
知りませんでした。
綺麗な黄金の山ですね。
少し覆われてる所はありますが、山全体は凄いですね。
綺麗〜。
高速で遠くへ行ったかいがありましたね。
お疲れ様でした!
登録日: 2012/7/17
投稿数: 494
2019/11/27 18:06
 Re: onisanさん こんばんは!
andounouenさん、こんばんは。

 イワワキサン、金剛山や葛城山と同じく、関西のヒトが親しんでいる山。前から行って見たいと思っていましたが、ようやく果たせました。人気のある山で、何人ものヒトと出合いました。ススキ、まだ開いてなく、これからまだまだ楽しめそうです。
登録日: 2014/2/2
投稿数: 4114
2019/11/30 1:26
 ようこそ岩湧山へ♪
onisanさん、こんばんは〜。

onisanさんが、こちらに来られていたなんて
とっても嬉しいです\(^o^)/
前日に奈良も歩かれたんですね!

岩湧山は、私も良く足を運ぶお山です。
最近は、年に1,2度程度しか行けてないですが、
お花の時期に合わせて行きます。

また来てくださいね(*'ω'*)✨
登録日: 2012/7/17
投稿数: 494
2019/11/30 5:52
 Re: ようこそ岩湧山へ♪
 furufuruさん、おはようございます。

 お邪魔しました。
 furuさんのホームグラウンド、ひょっとするとお会いできるかな、淡い期待を抱いて行きましたが残念。途中、annyonさんにお会いしましたが、声を掛けることが出来ず、これまた残念。
 カヤトに覆われた岩湧山、いい山でした。陽が射す日にまた行きたいと思いますが、岐阜から行くにはちょっと遠かった。
 furuさんの楽しいヤマレコ、楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

鞍部 水場 紅葉 前泊 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ