また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2125343 全員に公開 雪山ハイキング伊豆・愛鷹

霧氷と青空♪冠雪の天城山縦走☆天城峠手前/水生地下駐車場より〜八丁池-天城山縦走路-小岳-万三郎岳-万二郎岳

日程 2019年11月29日(金) [日帰り]
メンバー
天候 
天候:晴れ時々曇り
 風:山腹はほぼ無風
   上部稜線上は5m/s〜10m/s程度の寒風
  *晴れてはいたものの、上部稜線上は真冬を思わせる寒さだった
 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 
自宅出発:(11月29日、4:35)
下道:自宅〜一般道〜国道134号線〜国道1号線(西湘バイパス)
  〜国道135号線〜県道11号線〜国道136号線(下田街道)
  〜修善寺道路〜国道136号線(下田街道)
  〜国道414号線(下田街道)〜水生地下駐車場着(7:00着)
*途中、コンビニ休憩15分程度含めて自宅から約2時間25分で移動。

■駐車場について
・R414号線、天城大橋手前にある”水生地下駐車場”を利用。
(R414号線の旧道/旧天城トンネル行き分岐点のところにあります)
・駐車料金:無料。トイレ、水道なし。
・夜間入出庫可(ゲート等なし)

■コンビニについて
・R414号線沿いに数軒あります。
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間23分
休憩
1時間36分
合計
9時間59分
S水生地下07:1807:30水生地07:5609:16八丁池トイレ09:2509:31八丁池09:3310:10白田峠10:31戸塚峠10:3211:00ヘビブナ11:06小岳11:12片瀬峠11:27万三郎岳下分岐点11:33天城山11:4612:01石楠立12:18馬の背12:2012:38万二郎岳12:4112:54馬の背13:09石楠立13:32天城山13:4613:49万三郎岳下分岐点13:5013:58片瀬峠14:07小岳14:0814:11ヘビブナ14:30戸塚峠14:53白田峠15:30八丁池15:3215:40八丁池トイレ15:5416:56水生地17:0417:16水生地下17:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 
・GPS(ガーミン・etrex 30J )のログデータを添付しています。
(今回もトラブルなく全線ログ採りすることができました)
 
コース状況/
危険箇所等
 
【トイレ&山小屋、通行止情報など】 2019/11/29 現在

・今回のルート上のトイレは八丁池トイレのみとなります。
(始点の水生地下駐車場にもトイレはありません)
・八丁池トイレは冬期トイレも併設されていましたが、
 この日は通常のトイレを利用できました。
・山小屋については避難小屋も含めて一軒もないのでご注意を。

*今回のルートは手持ちのGPS計測で往復距離約27km。
 その行程の中で唯一八丁池トイレが1箇所あるだけで、
 その他、山小屋も含めて施設等は一切ないルートです。
 行程中にいくつかのエスケープルートはありますが、
 特に日没の早いこの時期は不測の事態に備えてそれ相応の装備と
 余裕を持った計画で臨むようにして下さい。

<通行止情報>
・寒天車道は災害により通行止とのこと(車両、歩行者ともに通行止)
 従って八丁池口バス停からのバス運行も休止しています(写真10)


【ルート状況、積雪状況】 2019/11/29 現在

1)水生地下駐車場〜水生地歩道入口まで
・天城峠の旧道から枝分かれする林道を普通に辿れば難なく着きますが
 私は林道の途中に出てくる”明瞭な踏み跡”を登山道の入口と
 勘違いしてしまい、のっけから道迷いしてしまいました。
 林道の途中にあるゲート(写真7)を越えて普通に林道を辿れば
 ”水生地歩道の入口”もしくは、その先の”下り御幸歩道”などの
 八丁池行き各ルートの入口が案内板付きで出てきます。
(案内板の無い踏み跡は間違いなので入らないようにして下さい)

2)水生地歩道〜八丁池トイレまで
・この区間は緩斜面が主体のエリアとなりますが、この時期は大量の
 落葉により踏み跡が消えている箇所多数で、見えなくなった踏み跡を
 いつの間にか外して少し戻るということを数回繰り返しました。
 山経験豊富な方なら消えている踏み跡の見極めに苦慮しないレベル
 だと思いますが、私の経験値では気を抜くとすぐに分からなくなる
 箇所が多々あった印象です。
*またこの区間は赤テープや標識類も少なめで、特に暗くなってからは
 使いたくないルートだと感じました。
・積雪は八丁池トイレの手前付近(天城山縦走路の少し下)から
 少しずつ付いていました。

3)八丁池トイレ〜小岳〜万三郎岳〜万二郎岳まで(天城山縦走路)
・踏み跡はこの上なく明瞭で基本的に稜線上の一本道です。
 道標類も豊富で道迷いの心配はほとんど無い印象。
・各ピークの直下で多少の登降箇所(岩場)があるものの、
 一部ではお助けロープ(無くても大丈夫ですが)もあるので、
 ほぼ問題なく通過できる印象です。
・この日の積雪については、基本的に天城山縦走路は薄い箇所も含めて
 全線スノーロードでした。各ピークの直下(標高1200m付近)から
 上のピークまでの区間で多いところで10cm程度の積雪でした。
・雪質は八丁池から万三郎岳までは前日に降ったと思われる新雪で
 フカフカ状態。万三郎岳から万二郎岳までの区間は一旦溶けて
 氷化した雪(アイス箇所多数)の状況でした。
 しかし道自体がよく整備されてフラットな水平面が非常に多いので、
 氷結箇所があってもそれほど問題なく通過できた印象です。
 従って持参したチェーンスパイクは未使用のまま歩き通せました。

*積雪状況ついては、今後の気象条件により状態は一変するので、
 実際に行かれる際は最新の天気予報と積雪状況を確認した上で
 臨むようにようにして下さい。
(今後はアイゼンなどの冬装備は必須になると思われます)
 
その他周辺情報 
下山後の温泉はこちらを利用しました↓
■ 立ち寄り天然温泉 ”湯の国会館”
 https://www.yunokuni-izu.com/
・料金:880円(鍵付きロッカーは無料)
・露天、内湯ともに全体的な湯温が少しぬるめで個人的によかった。
・施設内に野菜など地産の物品販売有り。
・身体に良さそうな”○○水”やお茶などの無料提供機有り。
・従業員の方の対応が最近立寄ったこの手の施設の中では
 ズバ抜けて良く好印象だった。
(客商売のプロ意識を感じる対応だったと思う)
 
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます。今日は自身初の伊豆山行の日です
伊豆の山といえばやっぱり天城山。その中でも最高峰の万三郎岳へ
天城峠の少し手前にある”水生地下駐車場”よりスタート!
まずは左に見える414号線の旧道へ入っていきます
2019年11月29日 07:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。今日は自身初の伊豆山行の日です
伊豆の山といえばやっぱり天城山。その中でも最高峰の万三郎岳へ
天城峠の少し手前にある”水生地下駐車場”よりスタート!
まずは左に見える414号線の旧道へ入っていきます
3
駐車場周辺の案内板
踊子歩道で414号線の下を潜らなくても普通に車道を横断して旧道側へ渡れます
2019年11月29日 07:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場周辺の案内板
踊子歩道で414号線の下を潜らなくても普通に車道を横断して旧道側へ渡れます
2
414号線の旧道はこんな感じ。昔の”天城越え”はここを通っていたんだなぁと…
ちなみにこの先に”旧天城トンネル”があります(現在、自然災害で通行止だそうです)
2019年11月29日 07:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
414号線の旧道はこんな感じ。昔の”天城越え”はここを通っていたんだなぁと…
ちなみにこの先に”旧天城トンネル”があります(現在、自然災害で通行止だそうです)
10
旧道を15分ほど進むとこの分岐が出てきます。ここを左に入るとゲートがあり、
そのゲートを越えてまた暫く林道を進みます(ゲートの先は一般車両通行止)
2019年11月29日 07:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道を15分ほど進むとこの分岐が出てきます。ここを左に入るとゲートがあり、
そのゲートを越えてまた暫く林道を進みます(ゲートの先は一般車両通行止)
2
林道の途中で登山道らしき明瞭な踏み跡があったので、
これだと思い込んで入ってみるとこの滝が出てきて行き止まり
(結局、八丁池行きのルートではなかったので戻ることに…)
2019年11月29日 07:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の途中で登山道らしき明瞭な踏み跡があったので、
これだと思い込んで入ってみるとこの滝が出てきて行き止まり
(結局、八丁池行きのルートではなかったので戻ることに…)
8
GPSを見つつ「どこが取り付きなんだろ?」と思いながら歩いていると倒木で消失した登山道らしき場所が出てきた(赤テープが多数見えるがこれも不正解だった)
2019年11月29日 07:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSを見つつ「どこが取り付きなんだろ?」と思いながら歩いていると倒木で消失した登山道らしき場所が出てきた(赤テープが多数見えるがこれも不正解だった)
1
で、先ほどの林道に戻って少し進んでみるとこのゲートが出てきた
結局、このゲートを越えて暫く林道を進むと八丁池行きの各ルートの入口が出てくる
2019年11月29日 07:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、先ほどの林道に戻って少し進んでみるとこのゲートが出てきた
結局、このゲートを越えて暫く林道を進むと八丁池行きの各ルートの入口が出てくる
2
ゲートから約15分ほどで”水生地歩道”の入口が出てきた(画面中央やや左の切れ目)
このルートを使って八丁池へ向かうことに(ここまで道迷いで20分ほどムダに…)
2019年11月29日 08:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートから約15分ほどで”水生地歩道”の入口が出てきた(画面中央やや左の切れ目)
このルートを使って八丁池へ向かうことに(ここまで道迷いで20分ほどムダに…)
1
現地の案内板(指さしたこのルートで進みます)
行く前に確認はしましたが、ルートが多くてどれがベストなのかさっぱり分からん…
2019年11月29日 08:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現地の案内板(指さしたこのルートで進みます)
行く前に確認はしましたが、ルートが多くてどれがベストなのかさっぱり分からん…
3
”寒天車道”は災害により通行止だそうです
2019年11月29日 08:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”寒天車道”は災害により通行止だそうです
2
この写真では明瞭な踏み跡がついていますが、八丁池トイレまでは、
途中にあるこの緩斜面区間が大量の落葉で踏み跡が消えている箇所が多く、
赤テープも少ないので何回かルートを外しました。非常に分かり辛いので要注意です
2019年11月29日 09:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真では明瞭な踏み跡がついていますが、八丁池トイレまでは、
途中にあるこの緩斜面区間が大量の落葉で踏み跡が消えている箇所が多く、
赤テープも少ないので何回かルートを外しました。非常に分かり辛いので要注意です
4
ここまでルートロスト数回含めて、約2時間で八丁池トイレに到着
冬期用トイレも併設されていますが、この日は通常のトイレを利用できました
既に天城山縦走路に乗っているので、この先は万二郎岳まで道は明瞭でした
2019年11月29日 09:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでルートロスト数回含めて、約2時間で八丁池トイレに到着
冬期用トイレも併設されていますが、この日は通常のトイレを利用できました
既に天城山縦走路に乗っているので、この先は万二郎岳まで道は明瞭でした
8
八丁池に到着しました
伊豆は若い頃シュノーケリングが好きで、よく海の岩場に通いましたが、
山中にこれほど大きな池があるとは今まで知らなかった。ちょっとビックリ💦
2019年11月29日 09:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁池に到着しました
伊豆は若い頃シュノーケリングが好きで、よく海の岩場に通いましたが、
山中にこれほど大きな池があるとは今まで知らなかった。ちょっとビックリ💦
15
風もなく穏やかでとても良い雰囲気。霧氷がまたイイ感じです♪
2019年11月29日 09:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もなく穏やかでとても良い雰囲気。霧氷がまたイイ感じです♪
11
青空と霧氷ロードを行く。気持ちいいね〜(^^♪
2019年11月29日 09:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と霧氷ロードを行く。気持ちいいね〜(^^♪
12
これも台風19号の影響なのか?この下に巻き道が出来ていました
この日の八丁池から万三郎岳〜万二郎岳間(天城山縦走路)はほぼスノーロードでした
2019年11月29日 10:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも台風19号の影響なのか?この下に巻き道が出来ていました
この日の八丁池から万三郎岳〜万二郎岳間(天城山縦走路)はほぼスノーロードでした
2
天城山縦走路は樹林に覆われた稜線道。平坦な区間が多く非常に歩きやすいのですが、一部このような登降箇所もありました
2019年11月29日 10:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天城山縦走路は樹林に覆われた稜線道。平坦な区間が多く非常に歩きやすいのですが、一部このような登降箇所もありました
2
標高を上げると冬の装いが濃くなってきた。自然の造形美に見惚れてしまう
2019年11月29日 10:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げると冬の装いが濃くなってきた。自然の造形美に見惚れてしまう
11
昨日降ったと思われる柔らかい新雪が気持ちいい♪積雪量は深いところでこのくらい(10cmほど)
2019年11月29日 10:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日降ったと思われる柔らかい新雪が気持ちいい♪積雪量は深いところでこのくらい(10cmほど)
10
貸切の小岳山頂(1360m)。展望はないものの、とても静かで良い雰囲気でした
2019年11月29日 11:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸切の小岳山頂(1360m)。展望はないものの、とても静かで良い雰囲気でした
13
冬の森歩きを満喫。新緑の季節も良いけど雪を纏った樹林も良い感じです♪
2019年11月29日 11:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の森歩きを満喫。新緑の季節も良いけど雪を纏った樹林も良い感じです♪
15
天城山の上部は広大なブナの原生林。いやぁ〜ホントに気持ちいいね〜♪
2019年11月29日 11:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天城山の上部は広大なブナの原生林。いやぁ〜ホントに気持ちいいね〜♪
19
出発から約4時間、所々ルートロストしながらも無事に万三郎岳に到着
ここが天城山の最高峰になります(1405m)
2019年11月29日 11:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から約4時間、所々ルートロストしながらも無事に万三郎岳に到着
ここが天城山の最高峰になります(1405m)
3
味のある山頂標ですね〜(^^)
2019年11月29日 11:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
味のある山頂標ですね〜(^^)
15
記念に撮っていただきました。ありがとうございました☆
2019年11月29日 11:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念に撮っていただきました。ありがとうございました☆
17
山頂をあとにしてお次のピーク”万二郎岳”へ向かいます
樹間からちょこんと大室山が見える
2019年11月29日 12:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂をあとにしてお次のピーク”万二郎岳”へ向かいます
樹間からちょこんと大室山が見える
7
北東には天城高原ゴルフコースと遠笠山
万三郎岳と万二郎岳へ登るには、こちらからの最短ルートもあります
2019年11月29日 12:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東には天城高原ゴルフコースと遠笠山
万三郎岳と万二郎岳へ登るには、こちらからの最短ルートもあります
7
南東方向には伊豆諸島も見える
やはり伊豆の山に登ったからには山から海を眺めたかったんです
2019年11月29日 12:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東方向には伊豆諸島も見える
やはり伊豆の山に登ったからには山から海を眺めたかったんです
6
拡大。地図で見ると左の小さい島が利島、右の長い島が新島みたい
その先の大きい島が三宅島、そのさらに先は御蔵島でしょう
2019年11月29日 12:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拡大。地図で見ると左の小さい島が利島、右の長い島が新島みたい
その先の大きい島が三宅島、そのさらに先は御蔵島でしょう
10
風車が連なる尾根も見える。左のピークは三筋山かな
2019年11月29日 12:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風車が連なる尾根も見える。左のピークは三筋山かな
6
万三郎岳から約1時間、本日最後のピークになる万二郎岳に到着
このピークも樹林に覆われており、展望は樹間からのみでした
2019年11月29日 12:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万三郎岳から約1時間、本日最後のピークになる万二郎岳に到着
このピークも樹林に覆われており、展望は樹間からのみでした
13
新旧の山頂標。古い方は風雨に耐えて見事な姿になってます
2019年11月29日 12:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新旧の山頂標。古い方は風雨に耐えて見事な姿になってます
6
今まで辿ってきた天城山の稜線を振り返る
右のデカイピークが最高峰の万三郎岳。真ん中は小岳
2019年11月29日 12:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで辿ってきた天城山の稜線を振り返る
右のデカイピークが最高峰の万三郎岳。真ん中は小岳
12
樹間からの僅かな展望ですが、万二郎岳からも海が見えます
2019年11月29日 12:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間からの僅かな展望ですが、万二郎岳からも海が見えます
3
さっきの風車尾根も見える。今日は南東方向の空がイマイチでしたが、
この方角の景色は広がりがあり、とても良い眺めでしたよ
2019年11月29日 12:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきの風車尾根も見える。今日は南東方向の空がイマイチでしたが、
この方角の景色は広がりがあり、とても良い眺めでしたよ
4
この日の天城稜線上は万三郎岳まではフカフカの新雪。万三郎岳から万二郎岳の間はご覧の通りの氷結箇所多数でした。今後はこの手のアイスが増えていきそうです
2019年11月29日 13:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の天城稜線上は万三郎岳まではフカフカの新雪。万三郎岳から万二郎岳の間はご覧の通りの氷結箇所多数でした。今後はこの手のアイスが増えていきそうです
3
帰りの北西方向は見事な青空が広がっていました。やっぱり青空はいいね〜(^^)
2019年11月29日 13:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの北西方向は見事な青空が広がっていました。やっぱり青空はいいね〜(^^)
16
だ〜れもいない静かなスノーロードを行く。サイコーに気持ちいい〜〜(^^♪
2019年11月29日 13:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だ〜れもいない静かなスノーロードを行く。サイコーに気持ちいい〜〜(^^♪
15
行きでは全く気付きませんでしたが、右に遠笠山と左の遥か先には初島も見えました
2019年11月29日 13:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きでは全く気付きませんでしたが、右に遠笠山と左の遥か先には初島も見えました
4
拡大。アイランドリゾートの初島(行ったことないけどネ💦)手前には伊東の街も見える
2019年11月29日 13:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拡大。アイランドリゾートの初島(行ったことないけどネ💦)手前には伊東の街も見える
10
万三郎岳まで戻ってきました。ゴールまでまだ10km以上…ガンバっていこー!p(^^)q
2019年11月29日 13:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万三郎岳まで戻ってきました。ゴールまでまだ10km以上…ガンバっていこー!p(^^)q
13
小岳を越えて戸塚峠に到着。まだ14時半だけど日が沈むのが早い・・・(^^;
2019年11月29日 14:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岳を越えて戸塚峠に到着。まだ14時半だけど日が沈むのが早い・・・(^^;
2
夕暮れの八丁池まで戻ってきました
快晴無風。静寂の水面に映る逆さ絵が美し過ぎる
2019年11月29日 15:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの八丁池まで戻ってきました
快晴無風。静寂の水面に映る逆さ絵が美し過ぎる
15
ズンズン下ってもうすぐ林道かな…と思いきや?
何だか踏み跡が怪しくなってきたと思ったらワサビ田らしきところへ入ってしまった
結局ルートロストしていたのでまた戻ることに…(これでまた20分ほどムダに)
2019年11月29日 16:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズンズン下ってもうすぐ林道かな…と思いきや?
何だか踏み跡が怪しくなってきたと思ったらワサビ田らしきところへ入ってしまった
結局ルートロストしていたのでまた戻ることに…(これでまた20分ほどムダに)
2
最後の最後でまたまたルートロストしていたら真っ暗になってしまった💦
でも無事に天城峠の旧道まで戻りました。ここで行きでは気付きませんでしたが、
旧道の途中に”伊豆の踊子”の石碑があったんですね
2019年11月29日 17:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の最後でまたまたルートロストしていたら真っ暗になってしまった💦
でも無事に天城峠の旧道まで戻りました。ここで行きでは気付きませんでしたが、
旧道の途中に”伊豆の踊子”の石碑があったんですね
2
最後に30分ほどヘッデンのお世話になりましたが、今日も無事に下山完了です
プリやん、今日は久々の日帰りロングでちょっと疲れたけど、初の伊豆山行は
美しい霧氷と昔懐かしい伊豆の海も見えて大満足の山旅だったよ〜(^^)/
2019年11月29日 17:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に30分ほどヘッデンのお世話になりましたが、今日も無事に下山完了です
プリやん、今日は久々の日帰りロングでちょっと疲れたけど、初の伊豆山行は
美しい霧氷と昔懐かしい伊豆の海も見えて大満足の山旅だったよ〜(^^)/
7

感想/記録

 
今回の山旅は自身初となる伊豆の山へ
その最高峰である天城山に登ってきました。

今でこそ完全なる山派で海には殆んど行かなくなってしまった私ですが、
若い頃のアウトドアといえば専ら海で、特にシュノーケリングが好きだった私は
夏になると度々南伊豆の南端(中木や入間など)の岩場へ素潜りに行ったものです。
非日常の世界という意味では山も素晴らしいのですが、
太陽の光が差しこむ美しい海の中で魚や貝、海中の造形美を眺めているのも
山で絶景を眺めるのと同じくらい魅力的で清々しい気分になるものです。
海の中にも心癒される非日常の世界が広がっているのです。

そんな海の思い出ばかりの伊豆ですが、登山を始めて以来、
自宅から比較的近いこともあって一度は登ってみようと思いつつも、
いつも”高く険しく”ばかりが先に立ち、気付いてみればアルプスなどの
超メジャーで自分的にも恒例といえる山ばかり登っていました。

しかし今回、というよりも最近の私の山行は少し嗜好が変化しつつあり、
また冬で3000m級の高山に容易に足を踏み入れられない状況になったこともあって
このところの山行は低山の頻度が増えてきています。
そんな自分の中での”低山ブーム”的な気持ちが盛り上がっている
このタイミングがベストと判断し初となる伊豆の山へ向かうことなりました。

当日は南東方向の空こそやや雲が多かったものの、概ねお天気にも恵まれ、
稜線上の天城山縦走路では、前日降ったと思われる柔らかい新雪を
キュッキュッと踏みしめながら、美しい霧氷の中で平日の独り静かな
スノーハイクをたっぷり楽しむことができました。
また、樹林帯の稜線なので樹間からの僅かではありましたが、
楽しみにしていた伊豆の山上から眺める海の景色も見ることができ、
昔の海の思い出に浸りながら、非日常の世界(山バージョン)で
良い気分転換ができたと思います。

次は天城峠から先の西伊豆方面への縦走もやりたいと思っています。
戸田や土肥などの西伊豆の海にも幾度となく潜っているので、
西伊豆の山上から駿河湾とその海岸線の景色を眺めるのがとても楽しみです。
(ん?てことは、今年の冬は雪山そっちのけで低山ハイクがメイン??)

・・・楽しみや行きたいところは増えるばかり。
本当に山の魅力は尽きることがありませんね(^^)/
 
訪問者数:298人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/1
投稿数: 1841
2019/12/5 21:55
 むひょ〜!
ひゃ〜!伊豆でもう霧氷が見られるんですねー!!
スッゴいキレイだわ〜(*´∀`*)ノ
もふもふだし〜!冬ですね〜。
大阪もやっと冬らしくなってきました。
そろそろ厚手のコートに衣替えしなくちゃ。
登録日: 2015/12/21
投稿数: 1301
2019/12/5 22:43
 伊豆が好き♡
lifterさん
こんにちは。
私も山の前は海が大好きで、伊豆半島で潜りました。
中木、土肥、戸田。。。なつかしい名前が沢山レコにありました。
天城山をいつか縦走してみたいなぁ考えていましたが、今年はもう遅いかな。。。
天城峠方面からの道は分かりづらいのでしょうか???
西伊豆方面への縦走も大変そうですが、海を眺めながらがステキでしょうね☆
登録日: 2012/8/11
投稿数: 2204
2019/12/6 6:50
 Re: むひょ〜!
ちゃださーん、おはようさんです!
そう、伊豆でも霧氷が見られるですよ。しかもモフモフ雪まで!
自分も伊豆のお山は初だったので、どんなもんかな〜…と思ってたんですが、
期待通り海も見えるし、歩きやすいしで結構よかったですよ
やっと冬らしくなりましたね。ポンポン山での霧氷はどうなのかな?
登録日: 2012/8/11
投稿数: 2204
2019/12/6 7:07
 Re: 伊豆が好き♡
mapleさん、おはようございます〜
mapleさんも以前は海派で潜られていたことも存じ上げておりますよ。
でも、さすがにペリリューとかまでは行ったことないなぁ…
中木とか入間の断崖絶壁の岩場は凄いですよね。
あの辺は陸からたかだか数十メートル離れたところに潜るだけで、様々な魚やアワビ、サザエ、イセエビ、たまにですけど小さなサメなんかも見たりできますよね。ウツボも1回潜ると必ず出てきましたが、これには会いたくなかったなぁ…coldsweats01
真冬の天城縦走は出来そうな感じでしたけど、でもそれほど降雪がないので、自分の時にモフモフだった雪は氷結している確率は高いと思います。これが昇温した日は泥濘になると思うので、冬期は意外と歩き辛い日が多いかも知れません。
自分は使いませんでしたが、旧天城峠から直接天城縦走路に乗る道もあったようです。そちらも検討してみるのも良いと思います

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ