また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2131348 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走支笏・洞爺

漁岳、小漁山、オコタンペ山 周回 ― 雪山テント泊

日程 2019年11月30日(土) 〜 2019年12月01日(日)
メンバー
天候一日目 曇り時々小雪 風速3m −5℃
二日目 曇り後小雪みぞれ 風速上部5m下部微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道脇の漁川横のあずま屋スペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間9分
休憩
52分
合計
9時間1分
Sスタート地点06:2206:39漁岳林道入口09:27漁・オコタン分岐コル09:2911:151175ピーク11:1812:09漁岳12:5615:23小漁山
2日目
山行
7時間39分
休憩
6分
合計
7時間45分
小漁山06:2311:56オコタンペ山12:0214:04漁岳林道入口14:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
漁岳林道に入山箱あり。林道終点500m手前に漁岳冬季登山口あり。
漁岳まで所々ピンクテープがあるが、全体的に道ははっきりしていない。小ピークをいくつか越えていく。巻いて行けるところも何箇所かあったが、大した高さではないしピンクテープは基本的に尾根を忠実に追っているようだった。最後の登りだけ急斜面になるので笹を掴みつつ這い上がった。雪が硬くなればアイゼンが要りそう。空沼岳方面はハイマツが雪に埋もれかけていたが、まだ固まっておらず歩行困難、踏み跡もないので行くのを止めました。
小漁山へはピンクテープや踏み跡がないですが、木立の合間を尾根伝いに進んで行けた。
オコタンペ湖への下りは大きな倒木がいくつかあり、その間を下った。湖の手前で突然ススキの原っぱ広がり不思議な光景だった。湖は凍結が始まったところで、端っこだけ湖上を歩けたが、流入する小川はまだ凍っておらず、川が注ぐところは凍結していなかった。
オコタンペ山への登りは、獣道が尾根伝いに続いており、鹿に感謝しながら踏み跡を使わせてもらった。オコタンペ山から下りは道路方面にピンクテープが所々あった。
全体的に、自分でルートを探って行く必要がある。笹は6割程度埋もっており、雪面の踏み抜きは半分程度あったのでもう少し寒くなれば歩きやすくなるでしょう。アイゼンは使わず、滑り止めつきスノーシューを用いた。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ アイゼン ピッケル

写真

漁岳林道入り口 この手前に入山箱があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漁岳林道入り口 この手前に入山箱があります
漁岳冬季入り口 上のほうにあって分かりにくいですが、ここから明瞭なルートがあるわけでもなく、木々がまばらなのでどこからでも登れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漁岳冬季入り口 上のほうにあって分かりにくいですが、ここから明瞭なルートがあるわけでもなく、木々がまばらなのでどこからでも登れます
1
雪の具合はこんな感じです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の具合はこんな感じです
恵庭岳が神々しくそびえてました。奥は支笏湖、手前は秘湖オコタンペ湖です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭岳が神々しくそびえてました。奥は支笏湖、手前は秘湖オコタンペ湖です
2
漁岳方面は雪雲の中です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漁岳方面は雪雲の中です
1
最後の急な登り20mほどで到着です。黄色の標識は珍しくて目立ちますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急な登り20mほどで到着です。黄色の標識は珍しくて目立ちますね
10
空沼方面 足元の這い松がふにゃふにゃなのでやめました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空沼方面 足元の這い松がふにゃふにゃなのでやめました
小漁山方面へ下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小漁山方面へ下ります
空間は割りと空いていますので適当に好きなルートを選んで木々の間を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空間は割りと空いていますので適当に好きなルートを選んで木々の間を進みます
1
ときになだらかな尾根を下っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときになだらかな尾根を下っていきます
ときには片側が切れ落ちているところも。でもやせ尾根ではないので、ちゃんと右のほうに安全な道があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときには片側が切れ落ちているところも。でもやせ尾根ではないので、ちゃんと右のほうに安全な道があります
2
小漁山かな?山頂標識は見当たりませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小漁山かな?山頂標識は見当たりませんでした
3
オコタンペ湖が見えてきました。ひっそり佇む神秘的な湖です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オコタンペ湖が見えてきました。ひっそり佇む神秘的な湖です
1
倒木が多くなりますが避けて進めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が多くなりますが避けて進めます
2
突然のすすき雪原が不思議な光景でした。振り返って降りてきた枝尾根です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然のすすき雪原が不思議な光景でした。振り返って降りてきた枝尾根です
5
オコタンペ湖の端っこは凍結が始まっていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オコタンペ湖の端っこは凍結が始まっていました
6
はじめは恐る恐る乗る凍結湖面ですが、次第に大胆に。スノーシューで歩いても大丈夫でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめは恐る恐る乗る凍結湖面ですが、次第に大胆に。スノーシューで歩いても大丈夫でした
5
オコタンペ山への尾根道にて。きっと熊ですね。新しくはないし雪面は足跡の有無が分かって安心ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オコタンペ山への尾根道にて。きっと熊ですね。新しくはないし雪面は足跡の有無が分かって安心ですね
オコタンペ山に到着 展望はよさそうですが小雪で見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オコタンペ山に到着 展望はよさそうですが小雪で見えず
4
潜り抜けた倒木。放射状の枝がなんだか神秘的です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潜り抜けた倒木。放射状の枝がなんだか神秘的です
4
高度が下がると雪が少なくなり笹が目立つように。でも踏み抜きが少なくなるので楽です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が下がると雪が少なくなり笹が目立つように。でも踏み抜きが少なくなるので楽です
林道手前の植林が整然と並び、不思議な空間を作っていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道手前の植林が整然と並び、不思議な空間を作っていました
漁川に戻ってきました。
いつも見る漁川の源流に行けてよかったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漁川に戻ってきました。
いつも見る漁川の源流に行けてよかったです
3

感想/記録
by tomin

雪道を堪能した。秘湖オコタンペ湖はひっそり神秘的に横たわっていた。
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ