また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2132611 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山 カンマンボロンと不動滝

日程 2019年12月04日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 山頂に近づくにつれ烈風 寒し(てんくらはCでした)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今回は周回なので、みずがき山自然公園の駐車場に止めました
登山口にも10台程度止められます
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間2分
休憩
1時間41分
合計
5時間43分
Sみずがき山自然公園08:5409:45カンマンボロン10:0411:06大ヤスリ岩11:2511:30瑞牆山11:3611:37弘法岩黒森分岐11:3911:42瑞牆山11:4811:48弘法岩黒森分岐11:50瑞牆山12:3512:40弘法岩黒森分岐12:4113:32不動滝13:3514:16小川山林道終点14:35みずがき山自然公園14:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口は山と高原地図「金峰山・甲武信」で天鳥川近くのP表示の地点です
古い案内板(倒れている)があり、葉っぱを払うと大雑把な図があります
近くに植樹祭の杭もあります
カンマンボロンを通る道は廃登山道ですので、登りは木に掴まるところとかロープ場とかスリル満点で幅も狭いので、
下り(逆コース)には絶対利用しないでください
下山に使った不動滝コースはこの前の大雨で橋が流されていたり、登山道がえぐられたりしていて判りづらい所があります
迷った時は地図あるいはGPSで右岸・左岸どちらへ行くか確認するようにします
その他周辺情報増冨温泉に増冨の湯がありますが、水曜定休でした
国道に出て道の駅韮崎の温泉を利用しました

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 GPS 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

みずがき山自然公園の駐車場からスタートします
このピークの向こうにカンマンボロンがあるはずです
2019年12月04日 08:56撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みずがき山自然公園の駐車場からスタートします
このピークの向こうにカンマンボロンがあるはずです
1
地図上でP表示の駐車スペース
この左へ入っていきます
2019年12月04日 09:01撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図上でP表示の駐車スペース
この左へ入っていきます
古い倒れている案内板
カンマンボロンが書いてありました
2019年12月04日 09:02撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い倒れている案内板
カンマンボロンが書いてありました
始めは木に付けられたこの赤い点をたどります
次第に天鳥川から離れて少し高い所を行きます
2019年12月04日 09:05撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始めは木に付けられたこの赤い点をたどります
次第に天鳥川から離れて少し高い所を行きます
左へ谷を登るようになり
葉の落ちた木の向こうにそれらしい岩と岩窟が見えます
2019年12月04日 09:20撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へ谷を登るようになり
葉の落ちた木の向こうにそれらしい岩と岩窟が見えます
下りたくない急登を登り上げると岩にこのプレート
少し右にトラバースして上を見上げるとカンマンボロンが確認出来ます
2019年12月04日 09:40撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りたくない急登を登り上げると岩にこのプレート
少し右にトラバースして上を見上げるとカンマンボロンが確認出来ます
あれだ!、大きな岩天井と梵字が目にはいります
登山道が怖くて足元ばかり見ていると気が付きません
やはり前の写真の岩でした
2019年12月04日 09:44撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれだ!、大きな岩天井と梵字が目にはいります
登山道が怖くて足元ばかり見ていると気が付きません
やはり前の写真の岩でした
この隙間の向こうにカンマンボロンがあります
2019年12月04日 09:48撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この隙間の向こうにカンマンボロンがあります
これを弘法大師が彫ったのか?
「カンマンボロン」と読むらしいです
南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛 3回となえて安全祈願
2019年12月04日 09:53撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを弘法大師が彫ったのか?
「カンマンボロン」と読むらしいです
南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛 3回となえて安全祈願
2
この高い岩天井の下にありました
2019年12月04日 09:53撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この高い岩天井の下にありました
ここから鳳凰山と奥に北岳が見えてました
2019年12月04日 09:55撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから鳳凰山と奥に北岳が見えてました
1
ほぼ垂直な岩壁
その下をトラバースして瑞牆山に向かいます
2019年12月04日 10:03撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直な岩壁
その下をトラバースして瑞牆山に向かいます
さらに急登が続きます
ロープ場が何か所もあります
このロープは岩に凍り付いてうまく掴めません
2019年12月04日 10:34撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに急登が続きます
ロープ場が何か所もあります
このロープは岩に凍り付いてうまく掴めません
このプレートが出てきたら
もうすぐメインルート合流
2019年12月04日 10:53撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このプレートが出てきたら
もうすぐメインルート合流
大ヤスリ岩の基部に出ました
メインルートからはロープで通行禁止になっています
絶対こちらからは行かないように
2019年12月04日 11:13撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヤスリ岩の基部に出ました
メインルートからはロープで通行禁止になっています
絶対こちらからは行かないように
山頂直下の鎖場
下は凍っているので鎖に掴まり、氷の無いところに足を置いて渡ります
2019年12月04日 11:39撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の鎖場
下は凍っているので鎖に掴まり、氷の無いところに足を置いて渡ります
着きました瑞牆山
5年ぶりくらいです
前は年2回くらい来てました
2019年12月04日 11:45撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました瑞牆山
5年ぶりくらいです
前は年2回くらい来てました
大ヤスリ岩のてっぺん
以前はあそこにロープがあった
2019年12月04日 11:46撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヤスリ岩のてっぺん
以前はあそこにロープがあった
1
小川山 行ってません
2019年12月04日 11:47撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川山 行ってません
金峰山頂アップ
また残雪時期に登ろう
2019年12月04日 11:59撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山頂アップ
また残雪時期に登ろう
2
富士アップ
風が強そうですね
2019年12月04日 11:59撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士アップ
風が強そうですね
2
鳳凰三山
向こうの白いのは北岳
2019年12月04日 12:00撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山
向こうの白いのは北岳
八ヶ岳は雲の中
2019年12月04日 12:00撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳は雲の中
黒森ルートで下山します
始めは樹林帯、メインルートより比較的楽です
2019年12月04日 12:43撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒森ルートで下山します
始めは樹林帯、メインルートより比較的楽です
クーラー岩
下から冷風が出るそうです
2019年12月04日 12:47撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クーラー岩
下から冷風が出るそうです
ロープを使用しないと下りれないところもあります
2019年12月04日 13:16撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを使用しないと下りれないところもあります
白い大きな岩が谷の中に
遠目には雪の塊みたいでした
2019年12月04日 13:29撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い大きな岩が谷の中に
遠目には雪の塊みたいでした
不動滝まで下りてきました
休憩ベンチがあります
滝の右半分白いのは氷です
2019年12月04日 13:33撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝まで下りてきました
休憩ベンチがあります
滝の右半分白いのは氷です
登山道にも凍っているところがあります
乾いている岩の上を歩きます
2019年12月04日 13:39撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にも凍っているところがあります
乾いている岩の上を歩きます
1
右岸の登山道がえぐられてありません
よく見るとそれっぽい続きを探していきます
2019年12月04日 13:44撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸の登山道がえぐられてありません
よく見るとそれっぽい続きを探していきます
手すりに摑まるなの意味らしい
ところで橋はどこだい?
2019年12月04日 13:47撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手すりに摑まるなの意味らしい
ところで橋はどこだい?
橋は流されて、川の中は大荒れで何処へ行けばいいのか?
GPS画面の地図を見て対岸に渡りました
2019年12月04日 13:52撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋は流されて、川の中は大荒れで何処へ行けばいいのか?
GPS画面の地図を見て対岸に渡りました
やっと道が広くなりました
この後は作業道→林道と広くなりました
2019年12月04日 14:13撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと道が広くなりました
この後は作業道→林道と広くなりました
みずがき山自然公園に戻りました
2019年12月04日 14:34撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みずがき山自然公園に戻りました
午後の日をあびる1800mピーク
2019年12月04日 14:34撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の日をあびる1800mピーク
1

感想/記録

しばらく遠出が多かったので瑞牆には行ってませんでした
瑞牆山ならまだ雪もないだろう、南アルプスも良く見えるし
最近レコで調べたら「カンマンボロン」がよく出てくる
なんだろう?、でネットで検索したら出てきました
(皆さんも調べてみて下さい)
弘法大師と関係あるっていうので、見に行くことにしました
でも登山道が地図に載っていない
レコでは通れるらしいので、おおよその位置にあたりをつけて実行しました
ペイントとテープでなんとかたどり着くことが出来ました
(葉が落ちているので梢越しにそれらしい岩も見えてました)
その後のメインルートへの復帰はまた大変、狭くて危険な道を登れど登れどなかなか合流しない
ここは経験者向きのルートでしかも下りは厳禁でしょう
帰りのルートも大雨で谷が変わって寸断されたところがあり、地形の判るものが必要でした
弘法大師に感謝

訪問者数:416人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ