また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2146061 全員に公開 アルパインクライミング 八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 小同心クラック〜横岳・硫黄岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年12月15日(日) [日帰り]
メンバー
 yachimayu(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:赤岳山荘駐車場(1,000円/日)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間7分
休憩
4時間11分
合計
13時間18分
S赤岳山荘04:0704:17美濃戸山荘04:1805:03堰堤広場05:0806:22赤岳鉱泉06:4406:55大同心沢(大同心ルンゼ)分岐07:1008:51大同心09:34小同心11:4812:18横岳13:0413:18台座ノ頭13:1913:39硫黄岳山荘14:04硫黄岳14:0914:25赤岩の頭15:10ジョウゴ沢15:15大同心沢(大同心ルンゼ)分岐15:25赤岳鉱泉15:4716:42堰堤広場17:18美濃戸山荘17:25赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

写真

●大同心沢への分岐
2019年12月15日 06:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●大同心沢への分岐
●小同心クラック1ピッチ目(先行P)
2019年12月15日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●小同心クラック1ピッチ目(先行P)
●ビレイ点から見た赤岳〜中岳〜阿弥陀岳
2019年12月15日 11:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●ビレイ点から見た赤岳〜中岳〜阿弥陀岳
●横岳西面
2019年12月15日 11:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●横岳西面
●小同心の頭から横岳へのリッジ
2019年12月15日 11:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●小同心の頭から横岳へのリッジ
●登ってきたルートを振り返る。後続はYさんP
2019年12月15日 12:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●登ってきたルートを振り返る。後続はYさんP
1
●横岳山頂登頂〜!
2019年12月15日 12:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●横岳山頂登頂〜!
●稜線から見た富士山
2019年12月15日 13:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●稜線から見た富士山
●横岳〜硫黄岳の稜線には、こんな鎖場もある
2019年12月15日 13:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●横岳〜硫黄岳の稜線には、こんな鎖場もある
●横から見た小同心
2019年12月15日 13:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●横から見た小同心
●硫黄岳登頂〜♪
2019年12月15日 14:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●硫黄岳登頂〜♪
●アルプスの雪景色
2019年12月15日 14:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●アルプスの雪景色
●赤岩の頭
2019年12月15日 14:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●赤岩の頭
●ジョウゴ沢への分岐。ジャバジャバ
2019年12月15日 15:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●ジョウゴ沢への分岐。ジャバジャバ
●作成途中のアイスキャンディー
2019年12月15日 15:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●作成途中のアイスキャンディー
●北沢下山。夕陽が綺麗
2019年12月15日 17:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●北沢下山。夕陽が綺麗

感想/記録

caravancatちゃんと、八ヶ岳バリエーションルートへ。
アイゼントレの一環、アイゼンでしっかり登れるルートとして、小同心クラックを選択。

●アプローチ
北沢には雪はないものの、先週より凍結箇所は多かった。
チェーンアイゼンがあったほうが良い。
大同心ルンゼのトラバースにうっすら雪が着いているものの、蹴れば土が出る程度。

●小同心クラック〜横岳
yachimayu オールリード(3ピッチ)
先行パーティーあり。後からも何パーティーか来ていた模様。
雪は全く着いておらず、アックスは1度も使用せず。
3ピッチ終了後横岳に向かうリッジは、積雪状態によってはコンテでロープ繋いだままのほうが良いかも。
横岳直下はルーファイが必要。雪が着いていないと普通に岩壁登りとなる。
一応ロープを出し、カムでプロテクションを取りながら、横岳山頂まで(1ピッチ)。

●下山:硫黄岳〜赤岳鉱泉
黒々を通り越し(笑)、緑々しい南八ヶ岳の山々を眺めながらの稜線歩き。
(知人は、大同心ルンゼ〜大同心稜を下っていました。雪少ない為、要懸垂?)
赤岳鉱泉までの下山路後半は、全く雪がありませんでした。

<装備>
・ノミック
・リンクス(モノ) ※newダートを使うのはもったいなくて(笑)
・リンクカム 1set(あれば安心)

<感想>
今日の八ヶ岳は「稀にみる好コンディション」。
こんな無風は滅多にない、強風・極寒の時もある(寧ろそっちの方が多い)ことを覚えておいてください〜(笑)。

<おまけ>
この時期の八ヶ岳は全国から人が集まるので、たくさんの友人・知人に会える。
朝の駐車場から、赤岳鉱泉、小同心クラック(後続は知人パーティー)、下山路、下山後コンビニ(笑)でたくさんの友人に会えました(^-^)。
この冬も、よろしくお願いします!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:414人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ