また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2154430
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
近畿

干支の山 亥ヶ谷山(亥谷山)

2019年12月24日(火) [日帰り]
 - 拍手
体力度
2
日帰りが可能
GPS
06:31
距離
6.8km
上り
727m
下り
727m
歩くペース
標準
1.11.2
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
5:24
休憩
1:07
合計
6:31
8:30
186
11:36
12:43
138
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
コース全体図です
2
コース全体図です
亥ヶ谷山山頂にある二等三角点、石ヶ塔の点の記です
2
亥ヶ谷山山頂にある二等三角点、石ヶ塔の点の記です
ここに駐車しました
登山口まで100m足らずです
2019年12月24日 08:29撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 8:29
ここに駐車しました
登山口まで100m足らずです
ここから取りつきます
明治時代に出来た山向こうの三木里との生活道だったとか
登山道名はヒヨ山コースと言われています
ヒヨの漢字はIMEパットで書けませんでした
2019年12月24日 08:31撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 8:31
ここから取りつきます
明治時代に出来た山向こうの三木里との生活道だったとか
登山道名はヒヨ山コースと言われています
ヒヨの漢字はIMEパットで書けませんでした
取りつきから登りましたが、踏み跡が薄く適当に左手尾根に登りました
2019年12月24日 08:38撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 8:38
取りつきから登りましたが、踏み跡が薄く適当に左手尾根に登りました
尾根内でも踏み跡が薄く、慎重に登りました
登れば登るほどにマークや道標が出ます
2019年12月24日 08:53撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 8:53
尾根内でも踏み跡が薄く、慎重に登りました
登れば登るほどにマークや道標が出ます
2019年12月24日 09:03撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 9:03
この山の特徴は丸い花崗岩がゴロゴロしていることでしょう
山頂以外は見晴らしは有りません
コースは急登です
2019年12月24日 09:08撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 9:08
この山の特徴は丸い花崗岩がゴロゴロしていることでしょう
山頂以外は見晴らしは有りません
コースは急登です
トラバース道が出ます
2019年12月24日 09:22撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 9:22
トラバース道が出ます
この付近のみ見晴らしが有ります
2019年12月24日 09:22撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 9:22
この付近のみ見晴らしが有ります
途中の尾根棚にタノヒラ峠峠の名が出ます
ここに尾根直登ができる地形図ですが、踏み跡は有りませんでした
タノヒラ峠からテレビアンテナケーブルが道案内です
2019年12月24日 09:54撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 9:54
途中の尾根棚にタノヒラ峠峠の名が出ます
ここに尾根直登ができる地形図ですが、踏み跡は有りませんでした
タノヒラ峠からテレビアンテナケーブルが道案内です
急坂でした
2019年12月24日 10:15撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 10:15
急坂でした
ヒヨ山です
ひよの山やヒヨ峠の名盤が有ります
里人はヒヨ山と言いました
2019年12月24日 10:20撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 10:20
ヒヨ山です
ひよの山やヒヨ峠の名盤が有ります
里人はヒヨ山と言いました
2019年12月24日 10:43撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 10:43
尾根は丸い石がゴロゴロ
テレビケーブルが道案内でした
2019年12月24日 11:10撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 11:10
尾根は丸い石がゴロゴロ
テレビケーブルが道案内でした
険しいところも
一か所、ロープが補助された小岩ピークはこの尾根の難所でしたが、難しくは有りませんでした
2019年12月24日 11:12撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 11:12
険しいところも
一か所、ロープが補助された小岩ピークはこの尾根の難所でしたが、難しくは有りませんでした
小岩越え
ロープ補助あり
2019年12月24日 11:13撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 11:13
小岩越え
ロープ補助あり
古いテレビアンテナ
二か所ありました
2019年12月24日 11:25撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 11:25
古いテレビアンテナ
二か所ありました
鉄階段が出れば、その先が亥ヶ谷山です
2019年12月24日 11:36撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 11:36
鉄階段が出れば、その先が亥ヶ谷山です
鉄塔下の亥ヶ谷山
賀田湾が綺麗です
山はゲジョ山が厳しくそそり立ち紀東の山の険しさが見えます
2019年12月24日 11:40撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 11:40
鉄塔下の亥ヶ谷山
賀田湾が綺麗です
山はゲジョ山が厳しくそそり立ち紀東の山の険しさが見えます
二等三角点、石ヶ塔
2019年12月24日 11:48撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
2
12/24 11:48
二等三角点、石ヶ塔
点石は美しい
昭和53年6月に再建されています
2019年12月24日 11:48撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
2
12/24 11:48
点石は美しい
昭和53年6月に再建されています
下山します
2019年12月24日 12:39撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 12:39
下山します
鉄塔管理道は整備が抜群ですが、険路です
慎重に下山しました
2019年12月24日 12:42撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 12:42
鉄塔管理道は整備が抜群ですが、険路です
慎重に下山しました
この道標が道しるべでした
その他マークが有ります
バリエーション下山は非常に難しい所でした
管理道に従います
2019年12月24日 12:53撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 12:53
この道標が道しるべでした
その他マークが有ります
バリエーション下山は非常に難しい所でした
管理道に従います
巨木が有りました
2019年12月24日 12:53撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 12:53
巨木が有りました
ロープ補助も出ます
地元の小学生が登られたときに設置されたものと推測できます
私的にも助かりました
2019年12月24日 12:56撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 12:56
ロープ補助も出ます
地元の小学生が登られたときに設置されたものと推測できます
私的にも助かりました
一か所何故尾根を下らないのと思うところがありましたが
2019年12月24日 13:01撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 13:01
一か所何故尾根を下らないのと思うところがありましたが
尾根先は岩で垂直状態
尾根先を巻き下るためでした
古いロープが設置されていました
2019年12月24日 13:06撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 13:06
尾根先は岩で垂直状態
尾根先を巻き下るためでした
古いロープが設置されていました
新しくロープ補助が有りました
小学生登山のためでしょうか
2019年12月24日 13:09撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 13:09
新しくロープ補助が有りました
小学生登山のためでしょうか
険路です
2019年12月24日 13:20撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 13:20
険路です
2019年12月24日 13:25撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 13:25
25号鉄塔です
現在地が分かる
2019年12月24日 13:41撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 13:41
25号鉄塔です
現在地が分かる
さらに険路を下ります
今にも落ちそうな巨石にしがみつく古木
2019年12月24日 13:49撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 13:49
さらに険路を下ります
今にも落ちそうな巨石にしがみつく古木
三段重ねの巨石、不安定だがしっかりと重なっていた
パワーが有りそうでした
2019年12月24日 13:50撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 13:50
三段重ねの巨石、不安定だがしっかりと重なっていた
パワーが有りそうでした
最後の26号鉄塔案内が出れば林道は近いです
2019年12月24日 14:15撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 14:15
最後の26号鉄塔案内が出れば林道は近いです
登山者への注意書き
私山です。
2019年12月24日 14:20撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 14:20
登山者への注意書き
私山です。
登山口道標に小学生が登った事が書かれています
山頂に木柱の記念碑がありました
亥年記念と書かれて、子供たちが自筆で名前が記されていた
2019年12月24日 14:21撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 14:21
登山口道標に小学生が登った事が書かれています
山頂に木柱の記念碑がありました
亥年記念と書かれて、子供たちが自筆で名前が記されていた
こちら側にも登山道票が有ります
2019年12月24日 14:40撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
12/24 14:40
こちら側にも登山道票が有ります
林道入り口の案内
2019年12月24日 14:46撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 14:46
林道入り口の案内
関口流古武術の道場の案内もあります
関口流は紀州藩徳川家の庇護を受けた総合武術です
各派に分かれていますが、今も和歌山市内に本流が道場があります。
http://www.sekiguchi-shinshinryu.com/
2019年12月24日 14:46撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 14:46
関口流古武術の道場の案内もあります
関口流は紀州藩徳川家の庇護を受けた総合武術です
各派に分かれていますが、今も和歌山市内に本流が道場があります。
http://www.sekiguchi-shinshinryu.com/
賀田湾は美しい
2019年12月24日 14:51撮影 by  COOLPIX AW100 , NIKON
1
12/24 14:51
賀田湾は美しい
撮影機器:

感想

コースは出来上がり道標、マークが有り分かりよいが、コースは険路です
誰もマークや道標を設置してくださらなければ、地形図のみでは相当時間がかかるコースでしょう
特に鉄塔管理道は整備は抜群でロープ補助が有り下りよくできていますが
コースそのものは険路でした
慎重な登山準備と安全な登山に心がけるコースでした

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:967人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら