また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2154430 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

干支の山 亥ヶ谷山(亥谷山)

日程 2019年12月24日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
1時間7分
合計
6時間31分
Sスタート地点08:3011:36亥谷山12:4315:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

写真

コース全体図です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース全体図です
2
亥ヶ谷山山頂にある二等三角点、石ヶ塔の点の記です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亥ヶ谷山山頂にある二等三角点、石ヶ塔の点の記です
2
ここに駐車しました
登山口まで100m足らずです
2019年12月24日 08:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに駐車しました
登山口まで100m足らずです
1
ここから取りつきます
明治時代に出来た山向こうの三木里との生活道だったとか
登山道名はヒヨ山コースと言われています
ヒヨの漢字はIMEパットで書けませんでした
2019年12月24日 08:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから取りつきます
明治時代に出来た山向こうの三木里との生活道だったとか
登山道名はヒヨ山コースと言われています
ヒヨの漢字はIMEパットで書けませんでした
1
取りつきから登りましたが、踏み跡が薄く適当に左手尾根に登りました
2019年12月24日 08:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取りつきから登りましたが、踏み跡が薄く適当に左手尾根に登りました
1
尾根内でも踏み跡が薄く、慎重に登りました
登れば登るほどにマークや道標が出ます
2019年12月24日 08:53撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根内でも踏み跡が薄く、慎重に登りました
登れば登るほどにマークや道標が出ます
1
この山の特徴は丸い花崗岩がゴロゴロしていることでしょう
山頂以外は見晴らしは有りません
コースは急登です
2019年12月24日 09:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山の特徴は丸い花崗岩がゴロゴロしていることでしょう
山頂以外は見晴らしは有りません
コースは急登です
トラバース道が出ます
2019年12月24日 09:22撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道が出ます
この付近のみ見晴らしが有ります
2019年12月24日 09:22撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近のみ見晴らしが有ります
1
途中の尾根棚にタノヒラ峠峠の名が出ます
ここに尾根直登ができる地形図ですが、踏み跡は有りませんでした
タノヒラ峠からテレビアンテナケーブルが道案内です
2019年12月24日 09:54撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の尾根棚にタノヒラ峠峠の名が出ます
ここに尾根直登ができる地形図ですが、踏み跡は有りませんでした
タノヒラ峠からテレビアンテナケーブルが道案内です
急坂でした
2019年12月24日 10:15撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂でした
ヒヨ山です
ひよの山やヒヨ峠の名盤が有ります
里人はヒヨ山と言いました
2019年12月24日 10:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒヨ山です
ひよの山やヒヨ峠の名盤が有ります
里人はヒヨ山と言いました
1
尾根は丸い石がゴロゴロ
テレビケーブルが道案内でした
2019年12月24日 11:10撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根は丸い石がゴロゴロ
テレビケーブルが道案内でした
険しいところも
一か所、ロープが補助された小岩ピークはこの尾根の難所でしたが、難しくは有りませんでした
2019年12月24日 11:12撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険しいところも
一か所、ロープが補助された小岩ピークはこの尾根の難所でしたが、難しくは有りませんでした
小岩越え
ロープ補助あり
2019年12月24日 11:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岩越え
ロープ補助あり
1
古いテレビアンテナ
二か所ありました
2019年12月24日 11:25撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古いテレビアンテナ
二か所ありました
1
鉄階段が出れば、その先が亥ヶ谷山です
2019年12月24日 11:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄階段が出れば、その先が亥ヶ谷山です
1
鉄塔下の亥ヶ谷山
賀田湾が綺麗です
山はゲジョ山が厳しくそそり立ち紀東の山の険しさが見えます
2019年12月24日 11:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下の亥ヶ谷山
賀田湾が綺麗です
山はゲジョ山が厳しくそそり立ち紀東の山の険しさが見えます
1
二等三角点、石ヶ塔
2019年12月24日 11:48撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点、石ヶ塔
2
点石は美しい
昭和53年6月に再建されています
2019年12月24日 11:48撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
点石は美しい
昭和53年6月に再建されています
2
下山します
2019年12月24日 12:39撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します
1
鉄塔管理道は整備が抜群ですが、険路です
慎重に下山しました
2019年12月24日 12:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔管理道は整備が抜群ですが、険路です
慎重に下山しました
この道標が道しるべでした
その他マークが有ります
バリエーション下山は非常に難しい所でした
管理道に従います
2019年12月24日 12:53撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標が道しるべでした
その他マークが有ります
バリエーション下山は非常に難しい所でした
管理道に従います
巨木が有りました
2019年12月24日 12:53撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨木が有りました
ロープ補助も出ます
地元の小学生が登られたときに設置されたものと推測できます
私的にも助かりました
2019年12月24日 12:56撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ補助も出ます
地元の小学生が登られたときに設置されたものと推測できます
私的にも助かりました
一か所何故尾根を下らないのと思うところがありましたが
2019年12月24日 13:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一か所何故尾根を下らないのと思うところがありましたが
尾根先は岩で垂直状態
尾根先を巻き下るためでした
古いロープが設置されていました
2019年12月24日 13:06撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根先は岩で垂直状態
尾根先を巻き下るためでした
古いロープが設置されていました
新しくロープ補助が有りました
小学生登山のためでしょうか
2019年12月24日 13:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しくロープ補助が有りました
小学生登山のためでしょうか
険路です
2019年12月24日 13:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険路です
25号鉄塔です
現在地が分かる
2019年12月24日 13:41撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25号鉄塔です
現在地が分かる
さらに険路を下ります
今にも落ちそうな巨石にしがみつく古木
2019年12月24日 13:49撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに険路を下ります
今にも落ちそうな巨石にしがみつく古木
1
三段重ねの巨石、不安定だがしっかりと重なっていた
パワーが有りそうでした
2019年12月24日 13:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段重ねの巨石、不安定だがしっかりと重なっていた
パワーが有りそうでした
1
最後の26号鉄塔案内が出れば林道は近いです
2019年12月24日 14:15撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の26号鉄塔案内が出れば林道は近いです
登山者への注意書き
私山です。
2019年12月24日 14:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者への注意書き
私山です。
1
登山口道標に小学生が登った事が書かれています
山頂に木柱の記念碑がありました
亥年記念と書かれて、子供たちが自筆で名前が記されていた
2019年12月24日 14:21撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口道標に小学生が登った事が書かれています
山頂に木柱の記念碑がありました
亥年記念と書かれて、子供たちが自筆で名前が記されていた
こちら側にも登山道票が有ります
2019年12月24日 14:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら側にも登山道票が有ります
林道入り口の案内
2019年12月24日 14:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道入り口の案内
1
関口流古武術の道場の案内もあります
関口流は紀州藩徳川家の庇護を受けた総合武術です
各派に分かれていますが、今も和歌山市内に本流が道場があります。
http://www.sekiguchi-shinshinryu.com/
2019年12月24日 14:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関口流古武術の道場の案内もあります
関口流は紀州藩徳川家の庇護を受けた総合武術です
各派に分かれていますが、今も和歌山市内に本流が道場があります。
http://www.sekiguchi-shinshinryu.com/
1
賀田湾は美しい
2019年12月24日 14:51撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賀田湾は美しい
1
撮影機材:

感想/記録

コースは出来上がり道標、マークが有り分かりよいが、コースは険路です
誰もマークや道標を設置してくださらなければ、地形図のみでは相当時間がかかるコースでしょう
特に鉄塔管理道は整備は抜群でロープ補助が有り下りよくできていますが
コースそのものは険路でした
慎重な登山準備と安全な登山に心がけるコースでした
訪問者数:172人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ