また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2159048 全員に公開 山滑走 八幡平・岩手山・秋田駒

東北遠征2日目 秋田駒ヶ岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年12月30日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アルパこまくさ横の駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
37分
合計
4時間57分
Sアルパこまくさ 駒ヶ岳情報センター03:2405:44駒ヶ岳八合目小屋06:0507:22秋田駒ヶ岳07:3807:55駒ヶ岳八合目小屋08:20アルパこまくさ 駒ヶ岳情報センター08:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ゲレンデ跡地トップ〜8合目小屋
忠実に駒ヶ岳線127号をたどる。立派なトレースあり。

8合目小屋は冬季利用可

8合目小屋〜山頂
男女岳北東の崖をつめるように沢伝い。
標高1550mからシュカブラ硬くクトー装着。
アイゼンは持参しなかった。
その他周辺情報温泉はアルパこまくさ
モンベル会員は50円引き
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Pon2oon 159cm

写真

高速道路ができたスキー場跡地
2019年12月30日 03:51撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速道路ができたスキー場跡地
2
8合目小屋までワープ
2019年12月30日 05:39撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目小屋までワープ
3
冬季二階に入れる階段があったので利用させてもらう
2019年12月30日 05:42撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季二階に入れる階段があったので利用させてもらう
2
ライトピカピカでいきましょう
2019年12月30日 06:19撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライトピカピカでいきましょう
3
この辺りで日の出待ちの先行者を越した左手の沢に入っていく
2019年12月30日 06:22撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで日の出待ちの先行者を越した左手の沢に入っていく
12
正面に男女岳ドン
2019年12月30日 06:29撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に男女岳ドン
9
徐々に明るくなる
2019年12月30日 06:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に明るくなる
5
男女岳の崖に向かっていく
2019年12月30日 06:35撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男女岳の崖に向かっていく
7
東の空が赤く染まり出す
2019年12月30日 06:36撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の空が赤く染まり出す
5
沢を離れ尾根に取り付く
2019年12月30日 06:51撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を離れ尾根に取り付く
5
背後には岩手山。
2019年12月30日 06:59撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後には岩手山。
6
岩手山ズーム
2019年12月30日 07:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山ズーム
16
雲の切れ間から真っ赤な太陽が登る
2019年12月30日 07:07撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の切れ間から真っ赤な太陽が登る
4
山頂が見えた。先にカタヤさん登頂。
2019年12月30日 07:19撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えた。先にカタヤさん登頂。
7
パノラマ景色
2019年12月30日 07:22撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ景色
5
山頂のカタヤさん
2019年12月30日 07:22撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のカタヤさん
13
兄とカタヤさん
2019年12月30日 07:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兄とカタヤさん
14
親子ショット
2019年12月30日 07:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親子ショット
17
男岳、横岳方面
2019年12月30日 07:25撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男岳、横岳方面
18
こちらは鳥海山。チャンスがあれば厳冬の鳥海も登りたかった。
2019年12月30日 07:27撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは鳥海山。チャンスがあれば厳冬の鳥海も登りたかった。
13
眼下には阿弥陀池と小屋
2019年12月30日 07:28撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には阿弥陀池と小屋
8
阿弥陀小屋ズーム
2019年12月30日 07:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀小屋ズーム
4
ダイヤモンド秋駒を降りていく
2019年12月30日 07:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイヤモンド秋駒を降りていく
17
風も強くなってきたのでそそくさと退散
2019年12月30日 07:41撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も強くなってきたのでそそくさと退散
8
快晴とはツイテイル
2019年12月30日 07:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴とはツイテイル
14
風が吹き荒れている。
2019年12月30日 07:42撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が吹き荒れている。
8
快適斜面過ぎた
2019年12月30日 07:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適斜面過ぎた
7
左の台地状を滑っていくはずだった
2019年12月30日 07:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の台地状を滑っていくはずだった
5
そのまま沢に吸い込まれ
2019年12月30日 07:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま沢に吸い込まれ
8
台地を無視して
2019年12月30日 07:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台地を無視して
5
そのまま落ちてしまった
2019年12月30日 07:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま落ちてしまった
14
父もパウしているし
2019年12月30日 07:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
父もパウしているし
10
結果楽しかったから良し
2019年12月30日 07:48撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結果楽しかったから良し
9
後は来た道を
2019年12月30日 07:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は来た道を
3
秋田駒よかった
2019年12月30日 07:53撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田駒よかった
3
スキー場跡地もパウていく。
2019年12月30日 08:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場跡地もパウていく。
3
アルパこまくさ着。お疲れ様でした。
2019年12月30日 08:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルパこまくさ着。お疲れ様でした。
9

感想/記録

東北遠征2日目は秋田駒ヶ岳。日本200名山の一つ。
ガンさんとは前日の1日目の二王子岳で解散。今日からしばらく父ちゃんとカタヤさんと3人旅。

前日の夜、登山口のアルパこまくさまで車を移動させた。車道横の雪はどんどん増えていき最終的に駐車場で60cmほどあるだろうか。外はキンキンに冷えている。これで最初から板を履いてスタートし滑って降りてこれる。小雪シーズンなので普通のことが普通に嬉しい。

3:30出発。スキー場跡地を登っていくが、トレースバッチリで高速道路ができていた。体力も頭も使わずに楽ちん。予報では曇りだったが、星が輝いている。跡地を1050mまで登って県道に出た。キャタピラーの跡があったので圧雪車かモービルが通ったのだろうか、トレースはさらに立派になった。樹林の中ショートカットして自由にいけるほどの積雪はないので忠実に道路を進んだ。

8合目小屋は冬季利用可。有り難く中で装備を整えさせてもらう。上は風が強いだろう各々ゴーグルにダウン、カイロ、バラクラバと地獄対策をしっかりしていく。
男女岳に向けて沢中を進んだ。途中、ワカンの先行者がご来光写真を三脚を立て待ち構えていた。先行者を抜いたらトレースはなくなり、ラッセルしていく。男女岳の崖の手前で尾根に取り付く、風はなく、ラッセルしていたら地獄セットが暑すぎた。
東の空が赤く染まる、背後には存在感のある岩手山、今日も絶好の登山日和になった。途中でクトーを装着したが難しいところはなく秋田駒ヶ岳、最高地点の男女岳に到着。山頂から田沢湖がはっきり見えた。

滑降ルートは台地状の北斜面をいき、県道に続く適当な沢を滑る予定だったらしいが、自分が先に滑って来たルートの崖下まで行ってしまった。あまりにも気持ち良いもんだからつい調子に乗って行き過ぎてしまいました。明るくなって写真映えする場所にこれたから良しとしよう。8合目小屋からは県道、スキー場跡地と消化試合。雪も生きていたので楽しかった。全く無駄のない快適な山だった。

次は更に北上する予定でーす。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2488人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/17
投稿数: 291
2019/12/31 10:12
 トレースありがとうございました!
小屋の少し上で抜いてもらったものです。
お蔭様で上までのルーファイで楽させて頂きました^ ^
風は強かったけどスッキリ晴れて最高でしたね!
お疲れ様でした!
登録日: 2012/1/17
投稿数: 12
2019/12/31 11:37
 こちらこそありがとうございました。
隣に車が停まっているのは気づきましたが
まさか先に出発しているとは思いませんでした。
スキーラッセルがあっても大変だったとは思いますが
お疲れ様でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ご来光 ワープ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ