また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2161425 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

2019-12-29 涸沢岳西尾根-奥穂高岳 ソロ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年12月28日(土) ~ 2019年12月30日(月)
メンバー
天候晴れー晴れー雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高ロープウェイ山麓駅下に無料開放されていました。冬季だけ?
知らずに下の温泉付近の駐車場から歩きました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間33分
休憩
0分
合計
6時間33分
S新穂高ロープウェイ駅07:5010:10取りつき点 GPSスタート14:23宿泊地
2日目
山行
9時間14分
休憩
34分
合計
9時間48分
宿泊地04:4006:25蒲田富士06:2608:34涸沢岳08:56穂高岳山荘09:1610:04穂高岳11:07穂高岳山荘11:1111:46涸沢岳11:4713:05蒲田富士13:1314:28宿泊地
3日目
山行
3時間51分
休憩
1分
合計
3時間52分
宿泊地07:5809:58白出沢出合10:33穂高平小屋10:3411:03小鍋谷ゲート11:17新穂高温泉駅11:29新穂高温泉無料駐車場11:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下部新雪、下部笹藪混じり、蒲田富士までは膝までの新雪
涸沢岳ー奥穂はミックス
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 バラクラバ ザック アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ シェラフ ヘルメット ロックカラビナ カラビナ スリング アイスアックス ガスカートリッジ コンロ コッヘル テント テントマット 赤布

写真

28日 7:40 いよいよ登山開始です。前日降ったのでラッセルがどうなることやら。
この時点ではどれくらいの人が入っているのかわかりません。
2019年12月28日 07:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
28日 7:40 いよいよ登山開始です。前日降ったのでラッセルがどうなることやら。
この時点ではどれくらいの人が入っているのかわかりません。
林道途中での眺め
北穂のドームでしょうか?
2019年12月28日 08:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中での眺め
北穂のドームでしょうか?
2
28日 8:50 小屋 途中大勢に抜かれましたが皆さん休憩。 私は休まずに進みます
2019年12月28日 08:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
28日 8:50 小屋 途中大勢に抜かれましたが皆さん休憩。 私は休まずに進みます
この木が目印で一般道を外れ西尾根を登ります。
2019年12月28日 10:10撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木が目印で一般道を外れ西尾根を登ります。
途中の眺め 13:30
2019年12月28日 13:29撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の眺め 13:30
標高約2700mのテンバには14:30着。すでに多くのテントが張っていました。多くて意外。
 私は斜面に上がり雪を削ってテントを設営。本当はもっと上がってテントにしたかったのですが、この斜面を大荷物背負ってのラッセルは全く進まず、少し上がったところで断念。
撮影は16:30
2019年12月28日 16:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高約2700mのテンバには14:30着。すでに多くのテントが張っていました。多くて意外。
 私は斜面に上がり雪を削ってテントを設営。本当はもっと上がってテントにしたかったのですが、この斜面を大荷物背負ってのラッセルは全く進まず、少し上がったところで断念。
撮影は16:30
7
45度斜面で膝上までの雪です。これは苦労します。明日はどうなることか
2019年12月28日 16:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
45度斜面で膝上までの雪です。これは苦労します。明日はどうなることか
4
夕陽が見えました
2019年12月28日 16:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽が見えました
2
テントはこんな感じです。
斜面を見ると張れそうかどうか経験から瞬時に判断できます^ ^
2019年12月28日 16:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントはこんな感じです。
斜面を見ると張れそうかどうか経験から瞬時に判断できます^ ^
7
スコップと赤布は、必携です。
ここからは上でスノーシューが必要かもと思いここまで担ぎあげましたが、先行が翌朝いてくれたのでここにデポしていきました。感謝。
2019年12月28日 16:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スコップと赤布は、必携です。
ここからは上でスノーシューが必要かもと思いここまで担ぎあげましたが、先行が翌朝いてくれたのでここにデポしていきました。感謝。
4
翌朝は4:30から登山開始。2:00過ぎから登って行った人もいるようです。
おかげで日の出前に稜線に出られました。
2019年12月29日 06:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は4:30から登山開始。2:00過ぎから登って行った人もいるようです。
おかげで日の出前に稜線に出られました。
7
黒部五郎、双六・薬師、鷲羽・水晶、中岳
のようです。
2019年12月29日 06:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎、双六・薬師、鷲羽・水晶、中岳
のようです。
5
ヘッドライトと涸沢岳
2019年12月29日 06:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドライトと涸沢岳
5
間ノ岳と西穂高
2019年12月29日 06:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳と西穂高
3
涸沢岳の登り
先行パーティー。おかげで楽させて貰えました。私はそれでも疲れてきてます
2019年12月29日 06:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳の登り
先行パーティー。おかげで楽させて貰えました。私はそれでも疲れてきてます
7
蒲田富士に登ると朝陽が。
白山と手前は錫杖岳
2019年12月29日 07:05撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蒲田富士に登ると朝陽が。
白山と手前は錫杖岳
3
錫杖岳と笠ヶ岳
2019年12月29日 07:05撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錫杖岳と笠ヶ岳
4
奥穂高ー間ノ岳ー西穂高
2019年12月29日 07:05撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高ー間ノ岳ー西穂高
2
やっと山頂に着きました。
結構疲れました。
途中ピッケルを持つ手がちぎれそうに冷たく
普段は全く使わないのですが遂にカイロのお世話になりました。
 
2019年12月29日 10:06撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと山頂に着きました。
結構疲れました。
途中ピッケルを持つ手がちぎれそうに冷たく
普段は全く使わないのですが遂にカイロのお世話になりました。
 
6
10:00山頂 一枚撮ってもらいました。
この時期数人しかいないのかと思ったら、10人以上アタックしていました。
おかげで私も山頂踏めました。1人じゃラッセル無理でした。
ところで、標高3190mの山頂は、手前の山名表示盤ほうですよ^ ^
奥の高い祠を祀っているのは人工建造物です。あそこに立つと3193mなんですかね?
 帰りは間違い尾根に気をつけて降ります。赤布を刺してきたので安心です。
2019年12月29日 10:09撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00山頂 一枚撮ってもらいました。
この時期数人しかいないのかと思ったら、10人以上アタックしていました。
おかげで私も山頂踏めました。1人じゃラッセル無理でした。
ところで、標高3190mの山頂は、手前の山名表示盤ほうですよ^ ^
奥の高い祠を祀っているのは人工建造物です。あそこに立つと3193mなんですかね?
 帰りは間違い尾根に気をつけて降ります。赤布を刺してきたので安心です。
9
富士山も見えます
2019年12月29日 10:10撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見えます
4
乗鞍方面
2019年12月29日 10:10撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍方面
1
ダイヤモンド奥穂高

雪が少なく下部の鎖は出てました。
途中から右の雪壁を登って行ったようです。
2019年12月29日 11:06撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイヤモンド奥穂高

雪が少なく下部の鎖は出てました。
途中から右の雪壁を登って行ったようです。
8
13:40 ここから森林地帯へ下降。今日初めて腰を下ろして休憩らしい休憩をとります。
あそこまで登って来たんだ〜
2019年12月29日 13:42撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:40 ここから森林地帯へ下降。今日初めて腰を下ろして休憩らしい休憩をとります。
あそこまで登って来たんだ〜
西穂高方面再び
2019年12月29日 13:42撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高方面再び
2
笠ヶ岳方面
2019年12月29日 13:42撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳方面
1
こんな天気図でした。1日目
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな天気図でした。1日目
2日目の天気図
日本列島に等高線3本しかかかっていない。4本までは、安定圏内ですので凄い幸運です。

3日目は、みぞれから雨になりびしょ濡れでした。もしこれで風に吹かれたら凍死です。下山で良かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の天気図
日本列島に等高線3本しかかかっていない。4本までは、安定圏内ですので凄い幸運です。

3日目は、みぞれから雨になりびしょ濡れでした。もしこれで風に吹かれたら凍死です。下山で良かったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1039人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ