また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2170142 全員に公開 ハイキング 東海

【山初めは濃尾平野のヘリ歩き】象鼻山から南宮山そして家康最初陣跡まで

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れときどきくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
 岐阜市内から国道21号線、県道215号線で象鼻山古墳群入口へ。もしくは名神高速の養老SAスマートインターの方が便利です。単独行なので徳川家康最初陣跡に自転車をデポし、象鼻山古墳群入口まで移動。
 道路沿いに5台ほどの駐車スペースがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間14分
休憩
11分
合計
3時間25分
S象鼻山登山口07:4207:59象鼻山08:12栗原九十九坊跡08:1308:31栗原山08:50乙坂峠08:5209:22南宮山展望台09:2709:46南宮山09:4710:05朝倉山分岐10:31桃配山10:3311:07徳川家康最初陣跡G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 象鼻山の山頂に古き良き?昔ながらのトイレがあります。男性はまだしも女性は勇気がいるかもしれません。
 象鼻山から毛利秀元陣跡までは送電線の管理路がメインで歩きやすいです。南宮山から先はややわかりにくいです。
その他周辺情報 戦国武将に興味がある方なら関ヶ原の戦いの史跡めぐりをされるといいかもしれません。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

 象鼻山古墳群の入口。鳥獣防止柵を開けて山へ突入。
 象鼻山まで車道が続いています。ショートカットもありましたが、今回はお初なので車道歩きを選択。
2020年01月05日 07:43撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 象鼻山古墳群の入口。鳥獣防止柵を開けて山へ突入。
 象鼻山まで車道が続いています。ショートカットもありましたが、今回はお初なので車道歩きを選択。
3
 10分ほどで象鼻山に到着。こんもりした丘(古墳)がいっぱいでした。さすがは古墳群というだけあります。
2020年01月05日 07:54撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 10分ほどで象鼻山に到着。こんもりした丘(古墳)がいっぱいでした。さすがは古墳群というだけあります。
8
 象鼻山の三角点(129.9メートル)。三角点の上に動物の落とし物がありました。ダメですよ、こんなところで落としたら。
2020年01月05日 07:58撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 象鼻山の三角点(129.9メートル)。三角点の上に動物の落とし物がありました。ダメですよ、こんなところで落としたら。
8
 一号墳の上からは眺めがよろしいです。濃尾平野を一望。
2020年01月05日 08:02撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 一号墳の上からは眺めがよろしいです。濃尾平野を一望。
6
 突然、無数の石柱が出現。栗原九十九坊跡というようです。
2020年01月05日 08:12撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 突然、無数の石柱が出現。栗原九十九坊跡というようです。
11
 栗原九十九坊跡からちょっと行ったところに栗原連理のサカキ。サカキは人の腰より低いものだと思っていたので、大きなサカキにびっくり。
 また、ここは関ヶ原の戦いの時の長宗我部盛親の陣があったところでもあります。土佐からよくもまあ駆けつけたもんです。現代でも高知県は遠いのに。
2020年01月05日 08:18撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 栗原九十九坊跡からちょっと行ったところに栗原連理のサカキ。サカキは人の腰より低いものだと思っていたので、大きなサカキにびっくり。
 また、ここは関ヶ原の戦いの時の長宗我部盛親の陣があったところでもあります。土佐からよくもまあ駆けつけたもんです。現代でも高知県は遠いのに。
2
 ほどなくして三角点(235.3メートル)に到着。栗原山というようです。眺望はないし、先を急ぐので休まずスルーします。
2020年01月05日 08:30撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ほどなくして三角点(235.3メートル)に到着。栗原山というようです。眺望はないし、先を急ぐので休まずスルーします。
8
 乙坂峠。すぐ近くに作業道がありましたが、どこにつながっているかは不明。
2020年01月05日 08:51撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 乙坂峠。すぐ近くに作業道がありましたが、どこにつながっているかは不明。
1
 しばらく歩くと展望台(毛利秀就陣跡)。今回唯一の一般向けのポイント。先客が数名休んでおられました。
2020年01月05日 09:21撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 しばらく歩くと展望台(毛利秀就陣跡)。今回唯一の一般向けのポイント。先客が数名休んでおられました。
6
 雲は多いですが、見晴らしはまずまず。牧田川が光の道に。
2020年01月05日 09:26撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 雲は多いですが、見晴らしはまずまず。牧田川が光の道に。
8
 1ヶ月ぶりの南宮山山頂。
2020年01月05日 09:46撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 1ヶ月ぶりの南宮山山頂。
7
 392メートルピークを過ぎたところの鉄塔敷から。
 やや雲は多いですが真っ白な霊仙山を一望。ここが今回の山歩きの中で一番のビューポイント。展望台(毛利秀元陣跡)よりも眺めはいいです。
2020年01月05日 10:14撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 392メートルピークを過ぎたところの鉄塔敷から。
 やや雲は多いですが真っ白な霊仙山を一望。ここが今回の山歩きの中で一番のビューポイント。展望台(毛利秀元陣跡)よりも眺めはいいです。
6
 反対側には池田山。雪雲がかかっていました。今日は冬型の気圧配置で、東海道線から北側の天気はよろしくないようです。
 また、新幹線が疾走する音が何度も聞こえてきます。
2020年01月05日 10:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 反対側には池田山。雪雲がかかっていました。今日は冬型の気圧配置で、東海道線から北側の天気はよろしくないようです。
 また、新幹線が疾走する音が何度も聞こえてきます。
4
 三角点(342.3メートル)。何の変哲もない場所でした。桃配山というようですが、山頂名のプレートは確認できませんでした。
2020年01月05日 10:30撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 三角点(342.3メートル)。何の変哲もない場所でした。桃配山というようですが、山頂名のプレートは確認できませんでした。
8
 旧関ヶ原村と旧牧田村の境界標がありました。
2020年01月05日 10:34撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 旧関ヶ原村と旧牧田村の境界標がありました。
4
 伊吹山は手前の山に遮られて、頭をちょっと出してくれる程度。
2020年01月05日 10:46撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 伊吹山は手前の山に遮られて、頭をちょっと出してくれる程度。
2
 霊仙山の方がよく見えました。
 この後、新幹線の高架の下をくぐり、工場の脇を進むと国道21号線に出ました。
→てっきり徳川家康最初陣跡に直接出るものだと思っていたけど違うようでした。
2020年01月05日 10:48撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 霊仙山の方がよく見えました。
 この後、新幹線の高架の下をくぐり、工場の脇を進むと国道21号線に出ました。
→てっきり徳川家康最初陣跡に直接出るものだと思っていたけど違うようでした。
8
 徳川家康最初陣跡に寄ってみました。壬申の乱の時に天武天皇がここで兵士に桃を配って勝利したことから、その故事にあやかって、ここに陣をしいたようです。
 石碑の横に道があったのでどこまで続くのか偵察。
2020年01月05日 11:01撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 徳川家康最初陣跡に寄ってみました。壬申の乱の時に天武天皇がここで兵士に桃を配って勝利したことから、その故事にあやかって、ここに陣をしいたようです。
 石碑の横に道があったのでどこまで続くのか偵察。
6
 新幹線の線路のフェンスで行き止まりでした。すぐ近くを新幹線がびゅんびゅん疾走していきます。
2020年01月05日 11:04撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 新幹線の線路のフェンスで行き止まりでした。すぐ近くを新幹線がびゅんびゅん疾走していきます。
8
 これにて今日のミッションは終了。
 あとは象鼻山古墳群入口まで自転車で移動。
2020年01月05日 11:07撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 これにて今日のミッションは終了。
 あとは象鼻山古墳群入口まで自転車で移動。
6

感想/記録

 2020年の初歩きです。実家でたらふく飲んで食べてきたので、これからはしっかり山を歩いてダイエットしなくてはいけません。といってもいきなりハードな山を歩くのはどうかと思ったので、近場の南宮山を象鼻山から関ヶ原まで歩くことにしました。

○象鼻山古墳群(象鼻山)〜栗原山〜展望台(毛利秀元陣跡)〜南宮山
 バリエーションルートかと思っていたら、少々くたびれてはいるものの無数のテープが道案内。また要所には手づくりの標識があります。中部電力の送電線管理路にもなっているので、とても歩きやすかったです。

○南宮山〜桃配山〜徳川家康最初陣跡
 テープはありますが疎らです。鉄塔から桃配山までテープに沿って歩いているつもりでしたが、別の方向へ進んでしまい、慌ててターン。ここが一番悩ましいポイントでした。桃配山から先は、基本的に尾根道。旧関ヶ原村と旧牧田村の境界標のあたりから送電線の管理路に沿って下山。新幹線の高架をくぐり、工場の脇を進むと国道21号線です。
 逆方向から歩く場合、まちがっても最初陣跡の中の道を進まないように。新幹線に阻まれます。

山で出会った人:ゼロ人(展望台で4人)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:443人

コメント

はじめまして。
昨年、私も象鼻山から桃配山を経て徳川最初陣跡を探検(トレッキングというよりも、道がわかりにくくて私には探検でした)しました。
桃配山に山頂プレートはなく、木の幹に直接マジックで書いてありました(^_^;
2020/4/3 11:40
Re: はじめまして。
こんばんは。
桃配山はマジックで書いてあるんですね。全然気がつきませんでした😖⤵️
2020/4/3 19:56
14枚目の写真、三角点向こうの木のピンクテープの上に縦書きで「桃配山」と黒マジックで大きく書いてあるのが見えます(^ ^)
2021/6/25 20:01
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 バリエーションルート
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ