また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2175920 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

柏木野BS→万六の頭→連行峰→生藤山→くらご峠→鷹取山→藤野駅

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
42分
合計
6時間34分
S柏木野バス停07:5009:02万六ノ頭09:37湯場ノ頭10:01連行峰10:2010:32茅丸10:42生藤山10:4310:47三国山11:08佐野川峠12:01倉子峠12:0412:22鷹取山登山口12:2312:29金比羅山12:3012:46鷹取山12:5213:02牛尾根13:0413:22ヤキバ13:2613:35小渕山13:3613:44小渕峠13:4513:57岩戸山13:5914:14藤野神社14:1514:24藤野駅14:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
体感グレーディング:3B
くらご峠へは道が分かりづらいです。

柏木野BS→万六の頭→連行峰:難度A
歩く人は少ない尾根ですが、踏み跡は明瞭です。
下部には、倒木や土が崩れた足場はありますが、問題になるレベルではありません。
万六の頭の北側斜面は、踏み跡がない急斜面なので、注意。南側から回り込む方が得策でしょう。

生藤山→くらご峠:難度B
軍刀利神社(鎌沢側)からは、作業道などを通る破線ルート。
分かりづらい分岐や薄い踏み跡など、ルートファインディングが必要で、歩くのに注意を要する部分です。
下りでくらご峠にたどり着くのは、GPSなしでは困難かも。恐らく道的にも西側の御霊へ下るのが良いのかもしれません。

鷹取山→藤野駅:難度B
駅チカの裏山的な感じですが、落ち葉でとても滑りやすい急坂が点在しており、侮れません。特に鷹取山の北斜面は長い急坂があり、道の脇には有刺鉄線が張られているという極悪な作り。
また、作業道の分岐がいくつかあり、そちらへ迷い込むとまったく違う場所へ連れて行かれてしまうことになるので、注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

小さな待合室がある柏木野バス停からスタート。
少し先の階段を下ります。
2020年01月11日 07:59撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな待合室がある柏木野バス停からスタート。
少し先の階段を下ります。
川を渡る橋は無事ですが、上に建っている家の土台が崩れかかっているのですが、これは大丈夫なのでしょうか。普通に人が住んでいるようですし。
2020年01月11日 08:01撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡る橋は無事ですが、上に建っている家の土台が崩れかかっているのですが、これは大丈夫なのでしょうか。普通に人が住んでいるようですし。
倒木や少し崩れている場所はあるものの、問題なし。
2020年01月11日 08:07撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木や少し崩れている場所はあるものの、問題なし。
道のない急斜面を登って、万六の頭に到着。
倒れた枝にぐるぐると絡み付く木という、なんかすごいやつ。
2020年01月11日 09:13撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道のない急斜面を登って、万六の頭に到着。
倒れた枝にぐるぐると絡み付く木という、なんかすごいやつ。
1
サクッと笹尾根に合流し、生藤山を通過。富士山はまぁ見えなくはないというくらい。
2020年01月11日 10:51撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクッと笹尾根に合流し、生藤山を通過。富士山はまぁ見えなくはないというくらい。
登山道から少し入ったところに崩れた社が見えたので寄り道。石碑もありましたが、見てもよくわかりませんでした。場所的には軍刀利神社っぽい気もするのですが。
2020年01月11日 11:21撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道から少し入ったところに崩れた社が見えたので寄り道。石碑もありましたが、見てもよくわかりませんでした。場所的には軍刀利神社っぽい気もするのですが。
赤い軍刀利神社の少し上にある、この分岐から右にそれて、くらご峠を目指します。
2020年01月11日 11:33撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い軍刀利神社の少し上にある、この分岐から右にそれて、くらご峠を目指します。
作業道なので枝などが落ちていて歩きにくく、そして分岐がとても分かりづらいです。ここなんてくらご峠は斜め左ですが、普通なら気付かずに直進してしまいます。
2020年01月11日 11:45撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道なので枝などが落ちていて歩きにくく、そして分岐がとても分かりづらいです。ここなんてくらご峠は斜め左ですが、普通なら気付かずに直進してしまいます。
尾根は道が不明瞭。
2020年01月11日 12:01撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根は道が不明瞭。
最後の最後で少し苦戦しつつ、倉子(くらご)峠に到着です。
2020年01月11日 12:14撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の最後で少し苦戦しつつ、倉子(くらご)峠に到着です。
車道で集落を抜け、鷹取山への急登。
ぐるぐるの枝と、有刺鉄線。
2020年01月11日 12:46撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道で集落を抜け、鷹取山への急登。
ぐるぐるの枝と、有刺鉄線。
鷹取山に到着。あの尾根を越えてきたんだなー、という感想。
2020年01月11日 12:56撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹取山に到着。あの尾根を越えてきたんだなー、という感想。
ところどころ急坂がありつつ、全然違う方に向かう踏み跡があったりする、地味にやばいエリア。
2020年01月11日 13:20撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ急坂がありつつ、全然違う方に向かう踏み跡があったりする、地味にやばいエリア。
山頂よりも眺めの良い場所があったり。
2020年01月11日 14:12撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂よりも眺めの良い場所があったり。

感想/記録
by tris

歩いたことのないルートを歩いてみる、ということで、近場をフラフラとさまよってきました。

しかしアレですね、破線ルートはさすが破線という感じの道でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:224人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 GPS 倒木
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ