また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2175934 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 大台ケ原・大杉谷・高見山

三峰山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☀️
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間59分
休憩
22分
合計
5時間21分
Sスタート地点09:0309:08三峰山登山口09:12登り尾コース入口09:1309:28不動滝09:2910:10避難小屋10:1210:23三畝峠10:2410:36三峰山11:03平倉峰11:0711:34涸谷山11:3612:16平倉峰12:1812:42三峰山12:4512:49八丁平12:5112:58三畝峠13:25新道峠13:48三峰山新道コース登山口13:5214:23みつえ青少年旅行村14:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝方は頂上付近は、少し雪や霜が張っていました。頂上から八丁平への道は泥によるスリップ注意。
その他周辺情報樹氷まつりが開催中で色々な催しが行われていました。 
また、樹氷バスで行ったのですが、近郊にみつえ温泉があり、疲れを流すことができます。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

バスを降り、いよいよ出発。樹氷まつりの催しが行われていました。
2020年01月11日 09:03撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスを降り、いよいよ出発。樹氷まつりの催しが行われていました。
登尾への分岐。直進し不動滝を目指します。
2020年01月11日 09:13撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登尾への分岐。直進し不動滝を目指します。
小さい滝を横に見ながら登って行きます。
2020年01月11日 09:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さい滝を横に見ながら登って行きます。
舗装された道を外れいよいよ登山道へ。
2020年01月11日 09:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装された道を外れいよいよ登山道へ。
すぐに不動の滝に到着。
2020年01月11日 09:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに不動の滝に到着。
直下まで行きました。水量が多く、落差もあり迫力がある滝でした。
2020年01月11日 09:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下まで行きました。水量が多く、落差もあり迫力がある滝でした。
2
少し登り真横からの不動の滝。
2020年01月11日 09:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登り真横からの不動の滝。
登尾ルートとの合流地点。避難小屋周辺は陽が余り当たっていないせいもあり、雪が残っていました。
2020年01月11日 10:10撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登尾ルートとの合流地点。避難小屋周辺は陽が余り当たっていないせいもあり、雪が残っていました。
標高を上げるにつれ、登山道の隅に霜柱があちらこちらで見られました。
2020年01月11日 10:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げるにつれ、登山道の隅に霜柱があちらこちらで見られました。
尾根線に到着。
2020年01月11日 10:22撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根線に到着。
三峰山までは、薄っすらと雪に覆われていましたが、木々に樹氷はありませんでした。
2020年01月11日 10:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山までは、薄っすらと雪に覆われていましたが、木々に樹氷はありませんでした。
1
御嶽山のビューポイント。恐らくですが
2020年01月11日 10:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山のビューポイント。恐らくですが
1
この写真(中央の白い山)では分かりにくいですが、御嶽山を望む事ができました。これだけでも来たかいがあったなぁと思いました。
2020年01月11日 10:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真(中央の白い山)では分かりにくいですが、御嶽山を望む事ができました。これだけでも来たかいがあったなぁと思いました。
2
アップで。
2020年01月11日 10:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
1
三峰山山頂に到着。沢山の人で賑わっていました。
2020年01月11日 10:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山山頂に到着。沢山の人で賑わっていました。
2
平倉峰に到着。
2020年01月11日 11:03撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平倉峰に到着。
さらに尾根を進みます。
2020年01月11日 11:14撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに尾根を進みます。
涸谷山まで来ました。少し休憩し、戻ります。
2020年01月11日 11:34撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸谷山まで来ました。少し休憩し、戻ります。
涸谷山から南側には台高山脈の山々が見え、中には頭だけ雪をかぶっている山も見えます。
2020年01月11日 11:37撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸谷山から南側には台高山脈の山々が見え、中には頭だけ雪をかぶっている山も見えます。
下りは気にはならなかったのですが、結構登りは急でまた足元も緩くへばってしまいました。
2020年01月11日 11:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは気にはならなかったのですが、結構登りは急でまた足元も緩くへばってしまいました。
平倉峰まで戻って来ました。ここは、鹿のせいか木々が無いため、展望は良いのですが風が強く吹いていました。
2020年01月11日 12:14撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平倉峰まで戻って来ました。ここは、鹿のせいか木々が無いため、展望は良いのですが風が強く吹いていました。
平倉峰からの展望。この日は天気が良く遠くの山並みまで見渡す事ができました。
2020年01月11日 12:14撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平倉峰からの展望。この日は天気が良く遠くの山並みまで見渡す事ができました。
三峰山を見渡す所までようやく帰って来ました、小さなピークが幾つもあり、かなりへばっていました。
2020年01月11日 12:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山を見渡す所までようやく帰って来ました、小さなピークが幾つもあり、かなりへばっていました。
三峰山に到着。バスの時間もあるので早々に出発。
2020年01月11日 12:43撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山に到着。バスの時間もあるので早々に出発。
八丁平経由で下山します。
2020年01月11日 12:44撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁平経由で下山します。
滑りやすい道を下り終えると、八丁平到着。正面には、台高山脈の山々は三重の山並みまで見渡せました。
2020年01月11日 12:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい道を下り終えると、八丁平到着。正面には、台高山脈の山々は三重の山並みまで見渡せました。
さぁ下山開始。樹氷は無かったですが、天気も良く風も少なく最高の登山です‼️
2020年01月11日 12:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ下山開始。樹氷は無かったですが、天気も良く風も少なく最高の登山です‼️
三畝峠を直進し、尾根沿いを進むと木々の間から高見山の鋭角な姿が顔を出しました。
2020年01月11日 13:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三畝峠を直進し、尾根沿いを進むと木々の間から高見山の鋭角な姿が顔を出しました。
新道峠に到着。ここから尾根を外れ下りに入ります。
2020年01月11日 13:25撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道峠に到着。ここから尾根を外れ下りに入ります。
降ること25分、舗装道路に出ました。
2020年01月11日 13:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降ること25分、舗装道路に出ました。
ここも雪が積もっていると樹氷ロードになっているのかな。
2020年01月11日 13:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも雪が積もっていると樹氷ロードになっているのかな。
この後、みつえ青少年旅行村へ。バスが出発するギリギリに到着することができました。
2020年01月11日 14:13撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、みつえ青少年旅行村へ。バスが出発するギリギリに到着することができました。
バスに乗れた事でみつえ温泉で疲れをとる事ができました。お疲れ様でした。
2020年01月11日 15:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスに乗れた事でみつえ温泉で疲れをとる事ができました。お疲れ様でした。
撮影機材:

感想/記録

空いている日がこの日しか無かったので、樹氷を見たく三峰山を計画しました。週中色々書き込みを見て雪が少ないを分かっていたのですが、行く事を実行しました。榛原駅に到着すると初日を迎えた樹氷バスは三峰山・高見山共沢山の登山客で賑わっていました。
 バスがみつえ青少年旅行村に到着すると樹氷まつりのイベントが行われており盛り上がっていました。
登山道は明瞭で分かりやすく迷うことは無いと思います。不動の高見の滝は間近で見ると迫力がありました。三畝峠から尾根に乗ると近郊の山並みを見渡すことができます。低い木々の間に登山道が通っているのですが、予想通り樹氷を見ることはできませんでした。御嶽山のビューポイントでは、天気が良かったこともあり、御嶽山を見ることができました。樹氷は見れなかったですが、御嶽山を見れたのがせめてもの救いです。ビューポイントからすぐ三峰山頂上に到着。沢山の人々で賑わっていました。展望北側の展望が良く名前が分かりませんが御杖北部の山並みを見ることができました。
 三峰山から平倉峰までは往復する人もいました。平倉峰も展望が良く北側の山を見ることができます。
 涸谷山に往復したのですが、一人も登山者に会いませんでした。涸谷山は頂上は、狭く展望が利きません。それに、急な小ピークを幾つも越えるためバテてしまいました。バスの時間もあるので急がないといけないのでしたが、この区間はペースが上がりませんでした。平倉峰を越え、三峰山に到着すると沢山の人がいてホッとしました。八丁平への道は雪が溶け滑りやすく注意しながら降りました。八丁平では、台高山脈の山並みを見渡せ、こちらも賑わっていました。三畝峠以降は人が少なくなり、静かな尾根歩きができました。途中、木々の間から高見山も見渡せました。新道峠からは、樹林帯に入り、景気が無いので一気にみつえ青少年旅行村まで下りました。何とかバスに間に合い、みつえ温泉に行くことができ、1日の疲れを流すことができました。樹氷はありませんでしたが、天気が良かったので景色を堪能しながら歩くことができ良い登山日和でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:791人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

避難小屋 霜柱 温泉 縦走 山並み
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ