また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2177318 全員に公開 ハイキング 甲信越

山はじめは最古の狛犬と共に_(弓建嶺〜たいら山)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

甲斐上野駅(10:15)・・・上野憩いの広場(登山口)(10:35)・・・
浅間山/594P(11:15-11:25)・・・桜峠(林道付近)(12:30)・・・
弓建嶺(11:45)・・・林道出合(11:55)・・・
838P(12:20)・・・林道出合(12:30)・・・
水神社方面分岐(12:40)・・・たいら山(13:00-13:10)・・・
水神社方面分岐(13:25)・・・千本桜口登山口(舗装路出合)(14:05)・・・
千本桜口登山者駐車場(14:15)・・・熊野神社(15:00-15:25)・・・
甲斐上野駅(15:50)
コース状況/
危険箇所等
・全般にわたり一般登山道レベル。案内テープが頻繁があります。危険箇所はありません。

・たいら山の西側斜面(林道終点付近)にて伐採作業中でした。

・登山道に積雪、凍結箇所はありませんでした。歌舞伎公園からの登り始めのところで若干道がぬかるんでいましたが、程なくして乾いた道となりました。

・たいら山の登山コースについては、中央市のHPに記載がありました。昨年、道標などを整備したようです。

・たいら山の登山道途中に展望地があり、山頂からは北側の眺望が開けています。また、浅間山頂も開放的になっており、眺望が開けています。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

歌舞伎公園に来ました。このあたりは市川團十郎宗家発祥の地。遊具施設も歌舞伎風。
2020年01月11日 10:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歌舞伎公園に来ました。このあたりは市川團十郎宗家発祥の地。遊具施設も歌舞伎風。
公園脇のこちらを左へ。
2020年01月11日 10:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園脇のこちらを左へ。
すぐにこの分岐に行きつきますので、左に入り・・
2020年01月11日 10:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにこの分岐に行きつきますので、左に入り・・
この小屋を目指します。(地元の名士、丹沢正作の庵を復元したもののようです)
2020年01月11日 10:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小屋を目指します。(地元の名士、丹沢正作の庵を復元したもののようです)
小屋の左手が登山口になります。
2020年01月11日 10:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の左手が登山口になります。
ざくざくと進みます。
2020年01月11日 10:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ざくざくと進みます。
浅間山(594P)に着きました。好展望になっています。
2020年01月11日 11:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山(594P)に着きました。好展望になっています。
2
こちらが三角点。弓建嶺方面へ向かいます。
2020年01月11日 11:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが三角点。弓建嶺方面へ向かいます。
1
桜峠付近で林道を横断。右手の四角い物体は実はトイレでした。その横が登山道です。
2020年01月11日 11:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜峠付近で林道を横断。右手の四角い物体は実はトイレでした。その横が登山道です。
弓建嶺に着きました。こちらはピークのやや手前にあります。
2020年01月11日 11:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓建嶺に着きました。こちらはピークのやや手前にあります。
その先のピークには石像がありました。ともに眺望は無し。
2020年01月11日 11:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先のピークには石像がありました。ともに眺望は無し。
1
冬枯れの気持ちの良い道。たいら山方面を目指します。
2020年01月11日 11:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬枯れの気持ちの良い道。たいら山方面を目指します。
ん、なんだこれは!
2020年01月11日 12:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん、なんだこれは!
地雷源のような勢いで看板。
2020年01月11日 12:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地雷源のような勢いで看板。
1
林道に出てきました。これを含めて合計3回林道に出合いました。
2020年01月11日 12:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出てきました。これを含めて合計3回林道に出合いました。
しばらく林道沿いを進むと分岐が登場。
2020年01月11日 12:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく林道沿いを進むと分岐が登場。
富士山的な頭が見えた!
2020年01月11日 12:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山的な頭が見えた!
3
たいら山に着きました!
2020年01月11日 13:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たいら山に着きました!
北側の眺望が開けています。
2020年01月11日 13:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の眺望が開けています。
4
一度言えばわかる。
2020年01月11日 13:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度言えばわかる。
1
下山します。しめ縄に頭が引っ掛かりそうになったので、思わず記念撮影。
2020年01月11日 13:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します。しめ縄に頭が引っ掛かりそうになったので、思わず記念撮影。
わかりやすい登山道入口。
2020年01月11日 14:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりやすい登山道入口。
ゆるめの熊。逆に怖い。
2020年01月11日 14:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるめの熊。逆に怖い。
登山口の状況を振り返って。
2020年01月11日 14:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の状況を振り返って。
麓に下りてきました。いよいよ熊野神社を目指します。
2020年01月11日 14:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓に下りてきました。いよいよ熊野神社を目指します。
1
着きました。趣きある山門があります。
2020年01月11日 15:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました。趣きある山門があります。
1
まずは案内板を。そして・・・
2020年01月11日 14:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは案内板を。そして・・・
1
レジェンドいたーーーー!!
2020年01月11日 15:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レジェンドいたーーーー!!
8
うぉぉーーー!!!
2020年01月11日 15:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うぉぉーーー!!!
5
ちょれーーーーい!!
2020年01月11日 15:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょれーーーーい!!
4
任務終了!その後、甲斐上野の駅に到着しました。(この枡状のマークは市川團十郎家の定紋なんだそうです)
2020年01月11日 15:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
任務終了!その後、甲斐上野の駅に到着しました。(この枡状のマークは市川團十郎家の定紋なんだそうです)
1

感想/記録

日本最古の狛犬はどれなのか。。
狛犬ファンにとっては非常に気にかかるところである。

普段巡っていても、古くても1600後半から1700年代がせいぜいという中で・・・
市川三郷町にある熊野神社の狛犬は、応永12(1405)年と彫られており・・・バリバリ古い!
私が知る限り、庶民が参拝するような神社のなかでは最古である。
まさに狛犬界ののリビングレジェンドなのだ!
(しかも現役で働いている)

・・・そんな訳でこの狛犬は、是非見てみたかった。
そこで令和の年明け一発目は、この歴史的な狛犬と周辺の里山を巡ってみることにした。

***
最近は平地の狛犬紀行が多かった。久しぶりの山行ということで上がる!
当初は弓建嶺までで止めようと思っていたが、道の状況が良く予定より早く歩けたため、たいら山まで足を延ばすことにした。おそらく桜の時期が一番の適期なのだと思う。ほとんど人と会わず、静かでしっぽりした山行となった。

・・・で、狛犬である。
件の狛犬は本殿脇にいる、それは知っていた。そして確かにいた。
だが、本殿周りに柵が設けられており・・・えらく見難いのである。

両手を挙げて精一杯伸ばして、柵越しにカメラを構える・・・手がプルプルする!!
慣れぬポーズに体が悲鳴を上げる。
プルプルプルプル・・・ぬぉぉぉ・・・カシャ。
撮った、撮ったぞーーー!!なんとか撮影に成功。

最後に本殿の周りをぐるっと回ってみた。
・・・と、本殿の柵の一部がちょうど人が通れるくらいに壊れているではないか!
な、なんだと〜〜!
かくして、「近くで撮影したい」という気持ちと、「倫理的にどうなのか」という気持ちの狭間で揺れ動くことになる。我々狛犬探検隊は、おやつを食べながらじっくり議論を重ねた。
その結果、「ここは新年一発目、バチがあたりそうな事は控えるべきだろう」という結論に至った。

神社を後にし、駅に向かう。だいぶ日が傾いてきた。
入っちゃってもよかったかな・・・隊長が呟く。
我々は若干モヤモヤしたものを残しつつ、家路についたのだった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:123人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 山行 出合 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ