また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2189715 全員に公開 雪山ハイキング 奥武蔵

ときがわ町 滝巡り

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西川原の広いとこに路駐。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間47分
休憩
1時間8分
合計
6時間55分
Sスタート地点07:5308:40多武峯08:5409:16日向根バス停09:2009:33越沢稲荷の大スギ09:3410:11風早山10:1310:44檥峠10:5911:57仙水の滝12:0212:10姥樫の滝12:1112:15姥樫12:1612:45木橋の滝12:5213:31落合の滝13:3213:51お大日の滝13:5213:59大築城跡分岐14:1414:27椚平入口14:2814:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■大多武峯と小多武峯
間のコルに確りした道が横断していた。それに対して、縦走方向は薄い踏み跡程度。コルから小多武峯に登ると、山頂へ直登する踏み跡と、東を巻く踏み跡に分かれた。この巻き道は麓へ下ってる様だった。

■仙水の滝
上から下って来ると、細い道から広い道に変わる所が標高550m付近。そこから仙水の谷津へトラバースすると滝に出る。

■姥樫の滝
姥樫のすぐ近く、道脇に在るので苦労はしない。

■木橋の滝
花の木沢を出合いから遡る。滝までの間に砂防堰堤が三箇所あり、それぞれ左岸→右岸→左岸と越えて行く。三箇所目の堰堤越えは藪刈の灌木が放置されてて大変だった。今回最も苦労した滝。

■落合の滝
大日堀左岸の道を登って行く。途中の分岐を左に行くと、沢で道は終点。渡渉して引き続き右岸の踏み跡を暫く行くと滝に着く。

■お大日の滝
大日堀の下流側の橋の下。

■カラ沢の滝
猿岩峠に向かう木橋を渡った所がカラ沢出合い。沢身、右岸は藪が酷く歩けなかった。左岸を少し登った所でハンターが狩猟中だったため断念。ただ、出合いでも全く水が流れておらず、渇水期の水流は無さそう。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

取り付きが分からなかったんでここから。奥は墓場で突き当りだったけど、そのまま適当に登った。
2020年01月19日 08:00撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きが分からなかったんでここから。奥は墓場で突き当りだったけど、そのまま適当に登った。
5
多武峯と小多武峯の間のコルには確りした道が乗越していた。
2020年01月19日 08:14撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多武峯と小多武峯の間のコルには確りした道が乗越していた。
2
まず先に小多武峯へ登ってみると、富士嶽浅間大神が祀られてた。
2020年01月19日 08:19撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず先に小多武峯へ登ってみると、富士嶽浅間大神が祀られてた。
13
(大)多武峯への踏み跡はこんな感じ。
2020年01月19日 08:25撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(大)多武峯への踏み跡はこんな感じ。
6
右上の岩場を避ける様に巻いてた。普通に登れそうな岩だったけど、向こう側がどうなってるか分からんので、取り敢えず巻く。
2020年01月19日 08:26撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上の岩場を避ける様に巻いてた。普通に登れそうな岩だったけど、向こう側がどうなってるか分からんので、取り敢えず巻く。
5
崩落地みたいな所を登る羽目になる。尾根登った方が楽だったなこりゃ。この電線はアンテナケーブルだった。
2020年01月19日 08:31撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地みたいな所を登る羽目になる。尾根登った方が楽だったなこりゃ。この電線はアンテナケーブルだった。
4
山頂の多武峯神社。
2020年01月19日 08:46撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の多武峯神社。
10
本当は反対側から登るべき?
2020年01月19日 08:56撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当は反対側から登るべき?
7
雲一つ無い快晴。右は風早山辺りか。
2020年01月19日 09:08撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つ無い快晴。右は風早山辺りか。
26
nack5のアンテナ塔が目立つ飯盛山。出発前に見た時は、この辺は真っ白だったけど、日に当たりだいぶ溶けた。
2020年01月19日 09:09撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
nack5のアンテナ塔が目立つ飯盛山。出発前に見た時は、この辺は真っ白だったけど、日に当たりだいぶ溶けた。
18
学校跡みたいね。
2020年01月19日 09:21撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
学校跡みたいね。
5
白いのは風で落ちてきた細かい雪。
2020年01月19日 09:33撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いのは風で落ちてきた細かい雪。
7
今日はここから風早山へピストン。
2020年01月19日 10:06撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここから風早山へピストン。
4
久し振り。
2020年01月19日 10:12撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久し振り。
24
三等です。
2020年01月19日 10:13撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等です。
10
倉沢のには負けるがなかなかの大物。
2020年01月19日 10:31撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉沢のには負けるがなかなかの大物。
12
この辺まで来ると10儖未寮兩磧
2020年01月19日 10:35撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺まで来ると10儖未寮兩磧
6
さて、では姥樫に向けて下りましょうか。期待通り真っ更の雪面。
2020年01月19日 11:09撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、では姥樫に向けて下りましょうか。期待通り真っ更の雪面。
11
ここを前に歩いたのは2014年。あの大雪の後だったから気付かなかったが、石で結構路面が凸凹してる。足首グキッとやりそう。
2020年01月19日 11:18撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを前に歩いたのは2014年。あの大雪の後だったから気付かなかったが、石で結構路面が凸凹してる。足首グキッとやりそう。
8
こんな石垣を見ると、思ったより古い道なんだなとしみじみ。
2020年01月19日 11:25撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな石垣を見ると、思ったより古い道なんだなとしみじみ。
8
ここで突然広い道が途切れ、細く急な道が右に下る。多分崩落したんでしょね。
2020年01月19日 11:32撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで突然広い道が途切れ、細く急な道が右に下る。多分崩落したんでしょね。
6
滑り止め無しでここまで耐えたが、危な過ぎるんでこの小さな平坦地でチェーンスパイク着けた。
2020年01月19日 11:42撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り止め無しでここまで耐えたが、危な過ぎるんでこの小さな平坦地でチェーンスパイク着けた。
10
元の広い道に戻った所が標高550m付近。ここからトラバースして滝へ。
2020年01月19日 11:48撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元の広い道に戻った所が標高550m付近。ここからトラバースして滝へ。
8
仙水の滝。岩の亀裂の所に水が流れてる。今日は水量が残念。
2020年01月19日 11:57撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水の滝。岩の亀裂の所に水が流れてる。今日は水量が残念。
15
さて戻るか。ザレのトラバースは気を遣う。
2020年01月19日 12:02撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて戻るか。ザレのトラバースは気を遣う。
4
踏み跡っぽいのを辿ったら結構下っていて、大カツラ分岐を過ぎてた。
2020年01月19日 12:08撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡っぽいのを辿ったら結構下っていて、大カツラ分岐を過ぎてた。
2
姥樫の滝。道からすぐ。
2020年01月19日 12:11撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥樫の滝。道からすぐ。
40
当然姥樫にも寄る。良いねじれだ。
2020年01月19日 12:16撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当然姥樫にも寄る。良いねじれだ。
21
大変だったのは木橋の滝。これは三つ目の堰堤で、藪払いした灌木を踏み付けながら、左岸から越える。
2020年01月19日 12:39撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大変だったのは木橋の滝。これは三つ目の堰堤で、藪払いした灌木を踏み付けながら、左岸から越える。
6
本日一番のシャーが撮れた。SS0.4秒ぐらいだけどブレまくり、ここだけで10枚近く失敗したけど。
2020年01月19日 12:51撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日一番のシャーが撮れた。SS0.4秒ぐらいだけどブレまくり、ここだけで10枚近く失敗したけど。
47
大日堀左岸の道を登る。
2020年01月19日 13:22撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日堀左岸の道を登る。
3
落合の滝。がんばれば裏見が出来そう?
2020年01月19日 13:32撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落合の滝。がんばれば裏見が出来そう?
33
下の橋まで沢を下ったんで、お大日の滝は上から。
2020年01月19日 13:52撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の橋まで沢を下ったんで、お大日の滝は上から。
8
カラ沢は沢出合いから既に涸れ沢。そして沢身と右岸は藪が酷くて進入困難。左岸は幾らかマシだったんでそちらへ。
2020年01月19日 14:00撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラ沢は沢出合いから既に涸れ沢。そして沢身と右岸は藪が酷くて進入困難。左岸は幾らかマシだったんでそちらへ。
5
ちょっと入った所にハンターが銃を構えて待機してる。涸れ沢だし藪だし、カラ沢の滝は諦めましょ。
2020年01月19日 14:11撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと入った所にハンターが銃を構えて待機してる。涸れ沢だし藪だし、カラ沢の滝は諦めましょ。
19
位置関係はこう。
2020年01月19日 14:28撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位置関係はこう。
10
これに先週の三境の滝と、
2020年01月13日 14:36撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これに先週の三境の滝と、
10
6年前に行った鳴岩の滝を加えれば、名前のある滝は全て網羅じゃないでしょか。
2014年03月16日 11:42撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6年前に行った鳴岩の滝を加えれば、名前のある滝は全て網羅じゃないでしょか。
37

感想/記録

前日の雪は多い所で10僂阿蕕い寮兩磧自分としてはこれ位が丁度良く、歩くのが楽しかった。天気も良く寒さを感じなかったが、その分木から滴り落ちる水滴がとんでもなく、雨並みのずぶ濡れ状態になってしまった。

下山して車を走らせると、朝は通れたのに小学校の辺りから全面通行止めになっていた。そう言えば段雷が数回鳴り響いていたなあ。祭りでもやってるのだろうか。ゴルフ場から大附へ抜けて帰ったのだが、帰宅後に調べたら萩日吉神社で流鏑馬があった様だ。知ってれば見に行ったのにぃ。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:947人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ