また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2201612 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

雪と戯れる三ッ峠山(母の白滝ルート)

日程 2020年02月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
クルマを河口浅間神社の向かいにある無料駐車場に停めました。
神社の入り口にある柱(?)をくぐって左奥にも駐車スペースがあります。
またさらにそのまま山道を進むと、母の白滝の駐車場があります。当日は、朝の時点では一部凍結があるものの、轍の部分はほぼドライだったので、クルマで問題なくたどり着ける状態でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
体感グレーディング:3A
無雪期なら、体力レベルは2かもしれません。
道は近年きれいに整備されたようで、とてもマイナーではありますが歩きやすいルートでした。

写真

河口浅間神社の無料駐車場からスタート。
ここ、白線が敷地の一部にしか書かれていないので、どう停めてよいのかかなり悩みます。
2020年02月01日 08:19撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河口浅間神社の無料駐車場からスタート。
ここ、白線が敷地の一部にしか書かれていないので、どう停めてよいのかかなり悩みます。
1
この参道、実は車道で、鳥居の左奥の方に道が続いています。そのまま進むと、なんか有名らしいビューポイントを経由して、母の白滝の駐車場まで行けます。
2020年02月01日 08:21撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この参道、実は車道で、鳥居の左奥の方に道が続いています。そのまま進むと、なんか有名らしいビューポイントを経由して、母の白滝の駐車場まで行けます。
インスタ映え(笑)するビューポイント。クルマで上がってきて写真を撮っている人がちらほら。帰りに通ったときは、さらに賑わっていました。
確かに良い景色なので、もうちょっと雪が積もってからまた来たいところ。
2020年02月01日 08:42撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インスタ映え(笑)するビューポイント。クルマで上がってきて写真を撮っている人がちらほら。帰りに通ったときは、さらに賑わっていました。
確かに良い景色なので、もうちょっと雪が積もってからまた来たいところ。
1
母の白滝までの道は、雪の状態としては問題ないレベル。轍の部分はもう溶けています。ただ凍結には注意が必要ですが。
2020年02月01日 08:44撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母の白滝までの道は、雪の状態としては問題ないレベル。轍の部分はもう溶けています。ただ凍結には注意が必要ですが。
母の白滝の駐車場でアイゼンを装着。凍結してはいるものの、必要のないレベルではありますが、アイゼン歩行のトレーニング(技術的・体力的の両方で)ということで。
2020年02月01日 08:59撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母の白滝の駐車場でアイゼンを装着。凍結してはいるものの、必要のないレベルではありますが、アイゼン歩行のトレーニング(技術的・体力的の両方で)ということで。
母の白滝は2段になっていてなかなか立派。
見ての通り、地面に雪はありません。
2020年02月01日 09:06撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母の白滝は2段になっていてなかなか立派。
見ての通り、地面に雪はありません。
2
雪があったりなかったりする緩い斜面を登っていきます。
マイナーなコースではありますが、かなりきれいに整備されています。
2020年02月01日 09:38撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪があったりなかったりする緩い斜面を登っていきます。
マイナーなコースではありますが、かなりきれいに整備されています。
一番メジャーの裏登山口の駐車場から続いている林道と交差します。ここから尾根の直登です。
2020年02月01日 10:20撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番メジャーの裏登山口の駐車場から続いている林道と交差します。ここから尾根の直登です。
数人分の踏み跡がありつつ、少し外れるとまっさらな雪の尾根があらわれます。いい感じ。
2020年02月01日 10:33撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数人分の踏み跡がありつつ、少し外れるとまっさらな雪の尾根があらわれます。いい感じ。
上部に近付くと、雪が深くなってきました。膝くらいまで埋まることがあり、苦戦しながら登っていきます。まぁそれも楽しいのですが。
ワカンがあったら楽ではあるものの、これくらいだと使わないなー、というレベル。
2020年02月01日 11:12撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部に近付くと、雪が深くなってきました。膝くらいまで埋まることがあり、苦戦しながら登っていきます。まぁそれも楽しいのですが。
ワカンがあったら楽ではあるものの、これくらいだと使わないなー、というレベル。
稜線に出ると雪は少なめ。とは言いつつ、最近整備された階段が雪にすっぽり覆われるくらいの積雪量はあります。
2020年02月01日 12:02撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると雪は少なめ。とは言いつつ、最近整備された階段が雪にすっぽり覆われるくらいの積雪量はあります。
山頂から富士山ドーン。やっぱりここから見る富士山が一番好きです。
2020年02月01日 12:06撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から富士山ドーン。やっぱりここから見る富士山が一番好きです。
5
南アルプスと御坂山地。今日の眺望は85点といったところ。
何回も登っていて初めて気付いたのですが、この山頂から西湖が見えるんですね。この写真の左端に写っています。河口湖との標高の違いがよく分かりますね。
2020年02月01日 12:16撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスと御坂山地。今日の眺望は85点といったところ。
何回も登っていて初めて気付いたのですが、この山頂から西湖が見えるんですね。この写真の左端に写っています。河口湖との標高の違いがよく分かりますね。
山頂をぐるっと回る道は、人がほとんど歩いていません。溶けて凍った雪の表面がキラキラしてきれい。
2020年02月01日 12:47撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂をぐるっと回る道は、人がほとんど歩いていません。溶けて凍った雪の表面がキラキラしてきれい。
2
帰り道はほぼピストンではありますが、偵察も兼ねて、登山道に並行している林道を歩いてみます。
先行者の足跡は野生動物のみ。
2020年02月01日 13:50撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道はほぼピストンではありますが、偵察も兼ねて、登山道に並行している林道を歩いてみます。
先行者の足跡は野生動物のみ。
1
母の白滝に降りていく指導標がありますが、ここから本当に行けるのかどうか不明。むしろ滝の方に、ここへ繋がっているっぽい分岐がありませんでしたし。
2020年02月01日 14:20撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母の白滝に降りていく指導標がありますが、ここから本当に行けるのかどうか不明。むしろ滝の方に、ここへ繋がっているっぽい分岐がありませんでしたし。
クルマが林道の途中で断念して引き返していった轍が残っていました。ここからもうちょっと登ると、路肩が崩落していて恐らく進めなかったと思われるため、引き換えして正解です。
2020年02月01日 14:28撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマが林道の途中で断念して引き返していった轍が残っていました。ここからもうちょっと登ると、路肩が崩落していて恐らく進めなかったと思われるため、引き換えして正解です。
林道の下の方はもう全然雪がありません。
アイゼンを外すと、足が軽くてパワーアップした気分。
2020年02月01日 14:43撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の下の方はもう全然雪がありません。
アイゼンを外すと、足が軽くてパワーアップした気分。

感想/記録
by tris

安全に雪景色を楽しみつつ、久しぶりにアイゼン歩行のトレーニングをしよう、ということで、いつもの三ッ峠山に行ってきました。

ただ今回は、初めて通る母の白滝コースを選択。積雪で初めてのルートに行くとか命知らず過ぎますが、全然難度が高くないはずなので行けるっしょ、ということで。

このコースはとてもマイナーではありますが、整備されていて歩きやすい、良い道でした。もっと人気が出ても良いと思いますね。

今年は雪が少ないと言われて、確かに河口湖の湖畔は道に全然雪がなかったりしますが、このルートの上部は結構積もっていました。何ならワカンがあれば助かるレベルでしたからね。とは言っても全体として、2月とは思えない雪の少なさでした。

それでこのルートの林道の途中にある、なんか有名っぽい、富士山と鳥居を絡める眺望スポットは、雪がきっちり積もっているときにまた来たいところ。
訪問者数:257人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 林道 崩落 直登 ピストン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ