また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2203637 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

無くしたアイゼン探しに今日も蛭ヶ岳 青根釜立と袖平山北尾根

日程 2020年02月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候稀に見る快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青根の黍殻山駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
2時間43分
合計
10時間13分
S黍殻山登山口駐車場06:0306:16八丁坂ルート入口07:49青根分岐07:5008:06八丁坂ノ頭08:0708:33東海自然歩道最高地点08:3408:40姫次08:4508:58原小屋平09:09地蔵平道標09:19地蔵平09:2009:39ポッチノ頭09:4010:02小御岳10:21蛭ヶ岳10:2310:25蛭ヶ岳山荘12:3012:36蛭ヶ岳12:5213:03小御岳13:17ポッチノ頭13:35地蔵平13:3613:50地蔵平道標13:5114:00原小屋平14:0114:24姫次14:2914:34萩ノ丸14:3514:45袖平山15:11標高1139m地点15:25標高944m地点15:2616:07袖平山登山口16:14黍殻山登山口駐車場16:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
青根からの釜立ルートはかつてはハイキングコースだったのが、台風の爪痕が凄まじく、砂防ダム下の河原の様子は以前と全く変わり、飛び石渡渉も必要。ダム上のトラバース部分には崩落による危険箇所あり。
袖平山北尾根は詳細図に載るバリルート。道標は皆無でも歩き易く、多くのピンクテープあり。下部は作業道を使うと楽になる下りれるが、最下部は台風による沢からの岩や流木の流出、さらにブルドーザー道によって登山道がグチャグチャになっているので注意。

写真

林道から登山口に入る所で積雪10センチくらい。
2020年02月02日 06:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から登山口に入る所で積雪10センチくらい。
1
姫次に来ると素晴らしい富士山がお出迎え。
2020年02月02日 08:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次に来ると素晴らしい富士山がお出迎え。
4
姫次その二
2020年02月02日 08:38撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次その二
4
あと0.4キロ、雪はまだ30センチはある。硬く締まっているのでアイゼンが良く効く。
2020年02月02日 10:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと0.4キロ、雪はまだ30センチはある。硬く締まっているのでアイゼンが良く効く。
5
頂上直下。
2020年02月02日 10:12撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下。
3
着きました!
2020年02月02日 10:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました!
5
丹沢山や塔ノ岳方面が輝いてます。
2020年02月02日 10:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山や塔ノ岳方面が輝いてます。
3
今日も蛭カレー。
2020年02月02日 10:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も蛭カレー。
5
山荘の中で富士山が見える特等席。
2020年02月02日 12:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の中で富士山が見える特等席。
2
帰りの袖平山から見た蛭ヶ岳ブラザーズ。蛭、臼、檜。
2020年02月02日 14:38撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの袖平山から見た蛭ヶ岳ブラザーズ。蛭、臼、檜。
2
ここもまだ雪がたっぷり。ここから北尾根のバリルートを下ります。
2020年02月02日 14:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもまだ雪がたっぷり。ここから北尾根のバリルートを下ります。
2
最後はここに出ます。行くたびにルートが違ってしまう迷い易さ。
2020年02月02日 16:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はここに出ます。行くたびにルートが違ってしまう迷い易さ。
3

感想/記録

一昨日無くしたアイゼンを探しに来ましたが、雪がまだまだ多すぎて見つかりませんでした。でも稀に見る快晴、気温が低いので踏み抜きも無く、快適な雪山ハイキングでした。
まだまだ雪は残っています。
訪問者数:397人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ