また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2209212 全員に公開 ハイキング奥秩父

晴れ☼の雲取山(富士山を見に;小袖乗越;七ツ石山)

日程 2020年02月07日(金) [日帰り]
メンバー
天候はれ☀;すこし白い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小袖乗越駐車場に駐車しました。10台以下。空いていました。きれいなトイレがあります。
駐車場へのアクセスは、青梅街道からは二カ所侵入口がありますが山梨側を使う事;東京側の侵入口は入ってもすぐに右折できない道の狭さに直面します。
(わたくしはレクサスが駐車してられますの御屋敷の角を右折と覚えています)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間46分
休憩
26分
合計
7時間12分
S丹波山村村営駐車場06:3306:37小袖緑道あがり07:22茶煮場07:38堂所08:09七ッ石小屋下分岐08:1208:30七ツ石小屋08:3108:34七ツ石山の水場08:3508:45上段と下段の分岐08:54ブナ坂08:5509:25奥多摩小屋09:2609:33ヨモギノ頭09:3509:59小雲取山10:0010:13雲取山避難小屋10:1410:17雲取山10:58雲取山避難小屋10:5911:13小雲取山11:25ヨモギノ頭11:47ブナ坂12:02七ツ石山12:0712:18七ッ石小屋上分岐12:2412:26七ツ石小屋12:31七ッ石小屋下分岐12:3312:53堂所12:5413:04茶煮場13:38小袖緑道あがり13:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小雲取山の肩から雲取山まで、七ツ石山の北斜面から大ダワまでは残雪があります。わたしはスパイクを使用しました。雲取山山頂は積雪です。
その他周辺情報青梅街道、その南の吉野街道沿いにはたくさんお店があります。温泉もあったような。ただし早朝のコンビニはないかも。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ テーピング 膝サポ
備考 オーバーグローブ;効果てきめん、こうも違うか。

写真

さあ登ります。なにか足らないような気がします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ登ります。なにか足らないような気がします。
七ツ石小屋までは、けっこうだらだら坂。途中に将門伝説;これは風呂岩;露天風呂に見えるか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋までは、けっこうだらだら坂。途中に将門伝説;これは風呂岩;露天風呂に見えるか。
七ツ石小屋からの富士山;今日は見えてよかった。今年初の富士山拝み。右手前は雁ヶ原摺山;地味な山ですがここからみると存在感があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋からの富士山;今日は見えてよかった。今年初の富士山拝み。右手前は雁ヶ原摺山;地味な山ですがここからみると存在感があります。
3
イチゲキ!缶クラッシャー。味のある造り;ローテクですがコンセプトがすごい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチゲキ!缶クラッシャー。味のある造り;ローテクですがコンセプトがすごい。
1
七ツ石山を巻いてしまいました。ここは大ダワ。雪が現れてきます。カラマツ背後は七ツ石山。
ここからはさすがに寒い。オーバーグローブ着用。これがかなり効果的。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山を巻いてしまいました。ここは大ダワ。雪が現れてきます。カラマツ背後は七ツ石山。
ここからはさすがに寒い。オーバーグローブ着用。これがかなり効果的。
2
見返り美人;説明不要。青空に映えて艶。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見返り美人;説明不要。青空に映えて艶。
2
小雲取山の肩の上部から石尾根を見ます。七ツ石山には雪があるかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取山の肩の上部から石尾根を見ます。七ツ石山には雪があるかも。
2
富士山が雁ヶ原摺山を抱いています。右から甲州アルプスの大菩薩に続く尾根が見えます。石尾根は展望が効きます。富士山、飛龍山、その後ろの南アの展望が素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が雁ヶ原摺山を抱いています。右から甲州アルプスの大菩薩に続く尾根が見えます。石尾根は展望が効きます。富士山、飛龍山、その後ろの南アの展望が素晴らしい。
3
雲取山避難小屋;きれい(中も)。外では休憩するのも寒いので中で水を取ったり、何か食べたり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山避難小屋;きれい(中も)。外では休憩するのも寒いので中で水を取ったり、何か食べたり。
雲取山;山梨県側山頂。積雪はありますがしまっていました。ズボ足になることはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山;山梨県側山頂。積雪はありますがしまっていました。ズボ足になることはありません。
2
昨年の初夏は白くてうまく撮影できませんでした。念願の雲取山からの富士山。よかった(^^♪この写真を代表写真に決定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年の初夏は白くてうまく撮影できませんでした。念願の雲取山からの富士山。よかった(^^♪この写真を代表写真に決定。
1
東京都の御馴染みの立派な山頂標。すごいね東京都。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京都の御馴染みの立派な山頂標。すごいね東京都。
3
富士山と雁ヶ原摺山;さらに甲州アルプス(黒岳;牛奥雁ヶ原摺山;小金沢山;大菩薩嶺)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と雁ヶ原摺山;さらに甲州アルプス(黒岳;牛奥雁ヶ原摺山;小金沢山;大菩薩嶺)
2
下山にかかりますと、さっきは雲がかっていた飛龍山と前飛龍。背後に南ア連峰。どれがなんという山かよくわかりませんが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山にかかりますと、さっきは雲がかっていた飛龍山と前飛龍。背後に南ア連峰。どれがなんという山かよくわかりませんが。
2
寒いわけ。霜柱がビンビン。ですが石尾根の道中のほとんどは泥濘が凍ったようなものか残雪です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いわけ。霜柱がビンビン。ですが石尾根の道中のほとんどは泥濘が凍ったようなものか残雪です。
往きはパスしてしまった七ツ石山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往きはパスしてしまった七ツ石山。
3
お疲れ様。下山しました。看板の右上(10時あたり)には、UFOチックな円盤のキャラクタがあったように思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様。下山しました。看板の右上(10時あたり)には、UFOチックな円盤のキャラクタがあったように思います。

感想/記録

さむかったです。小袖で−5℃くらい。それでも最初は少し汗をかく程度も、石尾根にでてからは風も出てきて寒っ。ソフトシェルが威力を発揮。それから今シーズン買ったオーバーグローブ(うすっぺらなのにいい値段(>_<))。しかしこれがよかった。手先の冷たさがまったくなくなり、やはり山歩きはレイヤードっということ
訪問者数:349人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/11/25
投稿数: 29
2020/2/7 20:09
 右折無理ですよね
雲取山は、あれが核心かもですね
三回くらいうろうろしました
登録日: 2015/9/12
投稿数: 8
2020/2/7 20:37
 Re: 右折無理ですよね
そうかもです。 わたしは東京方面からバス停過ぎてL◯X◯Sのお屋敷と覚えています。民家のそばなので静かに通過します。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ