また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2211097 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

上州武尊山 〜ガス時々ご褒美

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇時々小雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
東京6時45分発の川場スキー場行きツアーバス。10時20分到着予定でしたが、30分以上遅れました。リフト代込で7200円。
帰りはスキー場発16時50分、新宿20時10分着。ほぼオンスケ。
途中、高速のSAまたはPAで往路・復路一度ずつトイレ休憩ありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
10分
合計
3時間0分
S川場スキー場ゲレンデトップ11:4312:02剣ヶ峰山13:07武尊山13:1514:28剣ヶ峰山14:3014:43川場スキー場ゲレンデトップG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スキーバス利用で、遅いスタートに。
コース状況/
危険箇所等
踏み跡を辿れればはまりませんが、外すと簡単にドボンします。
風の強いところはトレース消失、多少の踏み外しも覚悟?!足裏でルーファイ!
その他周辺情報7階の土産物売店でバッチ買えます。700円!

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ ピッケル 12ツメ

Myアイテム  

marsee 重量:-kg

写真

ゲレンデは大賑わい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデは大賑わい!
3
皆さん思い思いにシュプールを描いていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さん思い思いにシュプールを描いていきます
1
高度を上げるに連れて、ガスが増え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を上げるに連れて、ガスが増え
1
リフトトップは真っ白けっけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトトップは真っ白けっけ
1
アイゼン、スパッツ付けて準備完了。早くも下山してこられた方に聞くと、上の方はホワイトアウト頻発らしい😅
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン、スパッツ付けて準備完了。早くも下山してこられた方に聞くと、上の方はホワイトアウト頻発らしい😅
1
序盤の急坂はツボ足気味。緩斜面は風でトレースが消し去られています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤の急坂はツボ足気味。緩斜面は風でトレースが消し去られています。
1
ガスで眺望なし、先へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで眺望なし、先へ進みます。
1
下山客とすれ違い。今日の入山者はココヘリ手続きの際に聞いたとき、35人。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山客とすれ違い。今日の入山者はココヘリ手続きの際に聞いたとき、35人。
5
「この先に登山客は何人くらいいますか?」と聞くと、すれ違った人から「後ろに20人くらいいたかなあ。」と。強風に不安を感じはじめ、先を急ぎました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「この先に登山客は何人くらいいますか?」と聞くと、すれ違った人から「後ろに20人くらいいたかなあ。」と。強風に不安を感じはじめ、先を急ぎました。
1
雪をまとったモコモコモンスター、恐らくは強風でコーティングが剥がれ落ちた感じ。。背景が青ければ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をまとったモコモコモンスター、恐らくは強風でコーティングが剥がれ落ちた感じ。。背景が青ければ…
1
時々真っ白。登山者を見つけるとホッとします。
トレースがないので気をつけて!とアドバイス貰いましたm(_ _)m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々真っ白。登山者を見つけるとホッとします。
トレースがないので気をつけて!とアドバイス貰いましたm(_ _)m
2
最後はミスルートで急坂に突入。ピッケルフル活用して這い上がり、無事ピークゲット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はミスルートで急坂に突入。ピッケルフル活用して這い上がり、無事ピークゲット。
8
セルフでパチリ。看板から伸びていた巨大な尻尾は、どういう訳か脱落しちゃってました。ザンネン😙
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セルフでパチリ。看板から伸びていた巨大な尻尾は、どういう訳か脱落しちゃってました。ザンネン😙
7
折角の山頂ですが、何も見えません。この先の中ノ岳は断念。ガスが切れないかなあ、と待ってみるも、ダメダメ。じっとしてると凍えそうなので、下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折角の山頂ですが、何も見えません。この先の中ノ岳は断念。ガスが切れないかなあ、と待ってみるも、ダメダメ。じっとしてると凍えそうなので、下山します。
1
今日の天気予報だと2000メートル近辺はマイナス16℃。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の天気予報だと2000メートル近辺はマイナス16℃。
4
ルーファイでGPS見ようと手袋外すとすぐに真っ赤、凍傷になっちゃう?!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルーファイでGPS見ようと手袋外すとすぐに真っ赤、凍傷になっちゃう?!
3
やがて、少し暗雲に隙間が現れはじめました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて、少し暗雲に隙間が現れはじめました。
2
剣ヶ峰方面にも薄日!🤗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰方面にも薄日!🤗
2
もっと明るくなれ!と祈りつつ、歩き続けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっと明るくなれ!と祈りつつ、歩き続けます
2
少し明るくなったので
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し明るくなったので
1
往路ではよく分からなかったお化粧中のモンスターを
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路ではよく分からなかったお化粧中のモンスターを
2
識別することができました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
識別することができました
2
剣ヶ峰の北側に広がる樹林帯がきれいに白化してますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の北側に広がる樹林帯がきれいに白化してますね。
3
振り返って、強風による白煙が収まったところをパチリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、強風による白煙が収まったところをパチリ。
1
少し青空が混じると感じが大きく変わりますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し青空が混じると感じが大きく変わりますね。
2
剣ヶ峰方面、ついに青空を捉えました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰方面、ついに青空を捉えました!
8
温暖、雪少なめてすが、北斜面を覆う白銀の木々は見事🙌
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温暖、雪少なめてすが、北斜面を覆う白銀の木々は見事🙌
9
谷川連峰もぼんやりさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川連峰もぼんやりさん
2
赤城。白くないですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城。白くないですね。
1
青を待って待って撮れたシュカブラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青を待って待って撮れたシュカブラ。
4
強風域を抜け、シャッターを切りまくりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風域を抜け、シャッターを切りまくりました。
6
超えると、剣ヶ峰。どなたかが名盤を掘り起こしてました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超えると、剣ヶ峰。どなたかが名盤を掘り起こしてました!
3
先へ進んで振り返ると、部分的でしたがくっきり青空!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先へ進んで振り返ると、部分的でしたがくっきり青空!!
3
無事のピークゲットに感謝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事のピークゲットに感謝
4
剣ヶ峰から少し先、展望が開けたのでぐるりとカメラに収めました。皇海山から袈裟丸山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰から少し先、展望が開けたのでぐるりとカメラに収めました。皇海山から袈裟丸山
3
赤城。右手の鍋割山の後ろには武甲山、雲取山など。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城。右手の鍋割山の後ろには武甲山、雲取山など。
2
遠くが見えれば草津白根、赤倉、苗場方面のはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くが見えれば草津白根、赤倉、苗場方面のはず。
1
ここから北側は見えませんね。谷川方面のはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから北側は見えませんね。谷川方面のはず。
1
巻機山なんかが見えるはず??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山なんかが見えるはず??
1
山に露出が合えば、手前は白飛び。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山に露出が合えば、手前は白飛び。
1
未発達の雪庇に足をとられないように、避けて歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未発達の雪庇に足をとられないように、避けて歩きます
2
曇ってますが、ガスだらけだった往路と、ずいぶん視界が違います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇ってますが、ガスだらけだった往路と、ずいぶん視界が違います。
1
「昼から晴れ!」って予報だったんだけどなぁ。。。🙃
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「昼から晴れ!」って予報だったんだけどなぁ。。。🙃
1

感想/記録
by marsee

百名山の武尊山に登りました。寒波到来とあり、白銀の世界を楽しみにしつつ…。
冬の定番コースは川場スキー場のリフトを使った短かめのルート。天候や積雪状況見合いで、更に奥へと足を伸ばそうと思って計画しました。
アクセスには、リフト代込のリーゾナブルな日帰りスキーバスを使いました。が、これが誤算。参加者が集合時間に遅れるわ、休憩も出発時間守らへんわ、って、どんならん。加えて事故渋滞まで巻き込まれ…。結果して予定よりかなり遅い到着に。武尊山の先、中ノ岳への登頂は絶望的。切り替えて、足早に準備しました。あらかじめ登山届を所定の用紙で用意していたので、受付はスムーズ。建物の外に出ると、比較的良い天気。にぎわうスキー・ボーダーに交じってリフトに乗り込みます。ところが、高度を上げるにつれ、一面ガスに覆われ始めました。あちゃ〜。
お昼前、ということもあって、早速下山してきた人がいました。様子をお聞きすると、山頂手前はホワイトアウトや強風によるトレース喪失も多々なので気を付けて、と。
時間に余裕がない事もあり、折返しの時間を頭に叩き込んで、ハイクスタート。序盤の登りでツボり気味でしたが、ワカンは使わず、アイゼンのみで登りました。剣ヶ峰以降はトレース外さなければ大して沈みもなく歩けます。薄くなったトレースを外すと、すぐにドボン。見分けにくいところがたくさんありましたが、足裏で感覚を探りながら、踏み跡を大きく外さないように進めました。
山頂手前の上り坂は、僅かな踏み跡に沿って登ったのですが、登山地図のルートからは少しそれています。序盤、調子よく行けたのですが、後半、かなり角度が・・。アイゼンも効きづらく、ピッケルを刺しながら這い上がりました。
山頂はガスでおおわれ、期待した眺望は全く臨めませんでした。少し待ちましたが、じっとしてると寒い!ので、諦めて下山することに。
トラブルなく登れたので、時間にも少し余裕が。なので、折り返し以降はゆっくり降りて行きました。すると、所々で厚い雲の切れ間から陽がさして明るくなり…おお、ご褒美だぁ〜と、夢中でシャッターを切りました。極僅かの晴れ間でしたが、とても有り難く感じましたm(_ _)m

来週末には暖かくなって、雪も薄くなってしまうのでしょうか。早すぎる冬の終わりに寂しさを感じますね。
訪問者数:364人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ