また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2211219 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

大丸駐車場から剣が峰〜茶臼岳(那須岳)、強風・降雪の白い世界

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
殺生石の先はスタッドレスタイヤ必須。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
茶臼岳ピストンなら、アイゼンがあれば問題ありません。
朝日岳方面は、安易に行かない方が良さそう。
剣が峰のトラバース道は歩けたようですが、もし落ちたら止まらないと思います・・・
茶臼岳からのショートカットルートは、下部で樹木が多く出ています。
ダメージを与えないように注意が必要です。

写真

大丸駐車場に着いた時、雪は舞うがたまに青空がのぞく空模様。
駐車台数は30台くらい。
これから天候が回復することを期待してスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大丸駐車場に着いた時、雪は舞うがたまに青空がのぞく空模様。
駐車台数は30台くらい。
これから天候が回復することを期待してスタート。
先行者多数で、トレースバッチリ。
一部凍結階段があったが、ノーアイゼンのまま進む。
この辺りは風がなく温かいため、どうしても汗をかく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者多数で、トレースバッチリ。
一部凍結階段があったが、ノーアイゼンのまま進む。
この辺りは風がなく温かいため、どうしても汗をかく。
峠の茶屋に到着。
雪は止まず、青空も少ないまま。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋に到着。
雪は止まず、青空も少ないまま。
鳥居の天辺は、自分の頭と同じくらいの高さ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の天辺は、自分の頭と同じくらいの高さ。
狛犬は顔を出している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狛犬は顔を出している。
標高を上げていくと茶臼岳が見えてくる。
白い斜面は興味をそそるが、視界が随分悪そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げていくと茶臼岳が見えてくる。
白い斜面は興味をそそるが、視界が随分悪そう。
ここから茶臼岳に直登も考えたが、藪が濃そうだし人が居たので先に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから茶臼岳に直登も考えたが、藪が濃そうだし人が居たので先に進む。
森林限界に出ると、風が強めに吹いてくる。
降雪も多くなってきた感じ。
朝日岳が白く霞む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界に出ると、風が強めに吹いてくる。
降雪も多くなってきた感じ。
朝日岳が白く霞む。
1
茶臼岳方面も、天気が悪いまま。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳方面も、天気が悪いまま。
峰の茶屋方面を見ると、一面の白い世界。
強い風のため、トレースは消えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋方面を見ると、一面の白い世界。
強い風のため、トレースは消えている。
1
青空出現!
しかし、長くは続かなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空出現!
しかし、長くは続かなかった。
1
峰の茶屋に到着。
ここでアイゼンを装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋に到着。
ここでアイゼンを装着。
さて、茶臼岳に向かうか、それとも・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、茶臼岳に向かうか、それとも・・・
朝日岳方面に行ってみるか。
雪があるので、とりあえず剣が峰に行くことにする。
取付き点までの間は強風で、体が右へ持って行かれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳方面に行ってみるか。
雪があるので、とりあえず剣が峰に行くことにする。
取付き点までの間は強風で、体が右へ持って行かれる。
2
剣が峰の斜面は、氷の上にパウダーに近い積雪で、自分のアイゼンでは心もとない感じ。
慎重にルートを選びながら急斜面を通過。
稜線では、強風にさらされる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰の斜面は、氷の上にパウダーに近い積雪で、自分のアイゼンでは心もとない感じ。
慎重にルートを選びながら急斜面を通過。
稜線では、強風にさらされる。
1
三本槍岳方面の天候回復は絶望的に見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳方面の天候回復は絶望的に見える。
1
お地蔵さんが、わずかに見えていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さんが、わずかに見えていた。
先行者が恵比寿大黒に向かっている。
その先の岩場のトラバース道が、雪で埋まっているように見える。
自分の装備では、これ以上進むのは危険と思い、引き返すことにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者が恵比寿大黒に向かっている。
その先の岩場のトラバース道が、雪で埋まっているように見える。
自分の装備では、これ以上進むのは危険と思い、引き返すことにする。
2
茶臼岳の頂上に雲がかかっている。
こんなに白い茶臼岳を見るのは初めて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳の頂上に雲がかかっている。
こんなに白い茶臼岳を見るのは初めて。
1
熊見曽根に光が射す・・・しかし長続きはしない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見曽根に光が射す・・・しかし長続きはしない。
2
峰の茶屋に向かって降下。
思っていたよりも危険を感じないが、油断はできない。
降下中に、2名とすれ違った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋に向かって降下。
思っていたよりも危険を感じないが、油断はできない。
降下中に、2名とすれ違った。
それにしても、氷がデカイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても、氷がデカイ。
峰の茶屋に戻ってきた。
氷壁になってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋に戻ってきた。
氷壁になってる。
1
風は強いし雪は降るし遠望はないし・・・それでも茶臼岳には行っておかねば!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風は強いし雪は降るし遠望はないし・・・それでも茶臼岳には行っておかねば!
1
ロープは見えているのに、向こう側には氷が屋根のように連なる不思議な造形。
このロープが、ルートを示してくれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープは見えているのに、向こう側には氷が屋根のように連なる不思議な造形。
このロープが、ルートを示してくれる。
岩に氷の塊がへばりつく。
かろうじて、山頂方面が見えている。
トレースはほとんど見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩に氷の塊がへばりつく。
かろうじて、山頂方面が見えている。
トレースはほとんど見えない。
1
一瞬明るくなる。
記憶を頼りに進む。
あの小槍に向かえば良いはず・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬明るくなる。
記憶を頼りに進む。
あの小槍に向かえば良いはず・・・
1
とか思って適当に歩いていたらルートミス。
下から見上げてこの道標が見えたので助かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とか思って適当に歩いていたらルートミス。
下から見上げてこの道標が見えたので助かった。
1
道標よりデカイ氷塊。
道標が裂けたようにも見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標よりデカイ氷塊。
道標が裂けたようにも見える。
1
頂上はすぐそこ。
それにしても白い。
そして稀に踏み抜く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上はすぐそこ。
それにしても白い。
そして稀に踏み抜く。
鳥居の向こうに人影。
正面から吹き付ける雪がツライ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の向こうに人影。
正面から吹き付ける雪がツライ。
1
茶臼岳に登頂。
「臼」には見えなくなっている。
那須岳にはよく来るのに、茶臼岳登頂は1年ぶり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳に登頂。
「臼」には見えなくなっている。
那須岳にはよく来るのに、茶臼岳登頂は1年ぶり。
5
そして祠。
会社名が書いてあるのを初めて知った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして祠。
会社名が書いてあるのを初めて知った。
1
頂上から見る鳥居は白い。
せかっくなので、お鉢の淵からお鉢の底に降りてみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から見る鳥居は白い。
せかっくなので、お鉢の淵からお鉢の底に降りてみる。
急斜面を降りてお鉢の底へ。
積雪期限定の行動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を降りてお鉢の底へ。
積雪期限定の行動。
1
底から山頂方面。
夏道に復帰して下山する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
底から山頂方面。
夏道に復帰して下山する。
この辺りから、ショートカットで下山してみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから、ショートカットで下山してみる。
斜面は急で、パウダー・氷面・クラスト面となんでもあり。
慎重に下るが、だんだん風が強くなってくる。
もう少し先(写真)で、緩斜面になり少し安心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面は急で、パウダー・氷面・クラスト面となんでもあり。
慎重に下るが、だんだん風が強くなってくる。
もう少し先(写真)で、緩斜面になり少し安心。
1
振り返れば、一瞬の青空。
強風で、体が南東に流される。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば、一瞬の青空。
強風で、体が南東に流される。
1
人工物。
写真の奥に中の茶屋。
無防備な顔面が寒さで痛い。
この先でフェイスマスクを付けようとしたが上手くいかないので、我慢して下降を続ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人工物。
写真の奥に中の茶屋。
無防備な顔面が寒さで痛い。
この先でフェイスマスクを付けようとしたが上手くいかないので、我慢して下降を続ける。
青空があれば、氷の造形が奇麗だと思うが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空があれば、氷の造形が奇麗だと思うが・・・
1
樹林帯に入り、ようやく風が収まる。
樹木をできるだけ傷つけないように進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入り、ようやく風が収まる。
樹木をできるだけ傷つけないように進む。
樹木を気にしすぎて、南にコースがずれてしまった。
木々を避けながら登山道に復帰する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木を気にしすぎて、南にコースがずれてしまった。
木々を避けながら登山道に復帰する。
峠の茶屋まで戻ってきた。
思ったより、足に疲労がきている感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋まで戻ってきた。
思ったより、足に疲労がきている感じ。
駐車場にゴール。
食料とワカンは、ただの錘になってしまった。
水も100佞曚匹靴消費せず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にゴール。
食料とワカンは、ただの錘になってしまった。
水も100佞曚匹靴消費せず。
1
振り返れば、青空が広がりつつある。
登山あるあるか・・・と思ったが、このあとまた雲が広がった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば、青空が広がりつつある。
登山あるあるか・・・と思ったが、このあとまた雲が広がった。

感想/記録

茶臼岳の雪が多いらしいとのことで、風はやや強そうですが晴れ予報の那須岳に行ってきました。

しかし、現地は雪。
早朝に見たライブカメラの映像で、雪が降っていたのは確認していました。
しかし、山行開始時には止むと予想していたのですが・・・奥日光にでも行った方が良かったか?
それでも思いのほか風は弱いし、午後は晴れ予報だし、期待を込めてスタートしました。

茶臼岳は期待通りの白さでしたが、強風・降雪が止む気配がありません。
何なら三本槍まで行くつもりでワカンを担いできましたが、悪天候に加えて山道の状態が難易度高めになっており、剣が峰までで前進を断念。
茶臼岳だけ登頂し、下山しました。

ただ、剣が峰に登頂したり、お釜の底を歩いたり、ショートカットで下山したりと、それなりに楽しんで歩けたのは良かったです。
それにしても、アイゼン装着で歩き続けると、足に来るなぁ(汗)。
この先のことを考え、少し雪山を歩き回っておく必要がありそうです。
訪問者数:222人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ