また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2212607 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

晴れた!!最高だった硫黄岳

日程 2020年02月08日(土) 〜 2020年02月09日(日)
メンバー
天候一日目:晴れ
二日目:早朝だけ粉雪、のち晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
・バスタ新宿⇄中央道茅野/アルピコ交通の高速バス 片道2,900円(web割)
※中央道茅野から茅野駅まで徒歩15分くらい
・茅野駅⇄美濃戸口/アルピコ交通の直行バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
55分
休憩
0分
合計
55分
S美濃戸口13:0413:09八ヶ岳山荘13:59赤岳山荘
2日目
山行
6時間48分
休憩
1時間22分
合計
8時間10分
赤岳山荘06:1906:34美濃戸山荘06:3607:29堰堤広場08:23赤岳鉱泉08:5008:54大同心沢(大同心ルンゼ)分岐08:59ジョウゴ沢09:0610:31赤岩の頭10:53硫黄岳11:0211:18赤岩の頭11:54ジョウゴ沢11:57大同心沢(大同心ルンゼ)分岐11:5812:06赤岳鉱泉12:39堰堤広場13:10美濃戸山荘13:1113:15赤岳山荘13:4913:51やまのこ村13:5214:29八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・美濃戸口〜赤岳山荘は土が露出している箇所とガリガリ凍結道の混ぜ混ぜ。
・赤岳山荘〜赤岳鉱泉はガリガリごりごりの凍結道で、チェーンアイゼンが快適でした。
・赤岳鉱泉〜赤岩の頭までの樹林帯は歩きやすい雪質だったのでノーアイゼンでも快適そうでしたが、道が狭いし稜線で風と闘いながらアイゼンをつけるのが嫌で、赤岳鉱泉で予め装着しました。
・赤岩の頭〜硫黄岳山頂までは、アイゼンの効く雪で風がなければストックで行けそうですが、強風の時はピッケルがないと滑った時こわい。

写真

今回はお金節約作戦で新宿から茅野まで高速バス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はお金節約作戦で新宿から茅野まで高速バス。
3
中央道茅野に到着。
ここから茅野駅まで、歩いて15分くらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央道茅野に到着。
ここから茅野駅まで、歩いて15分くらい。
2
わかりやすい地図もあって親切。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりやすい地図もあって親切。
1
茅野駅から美濃戸口行き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅野駅から美濃戸口行き。
2
12:20の美濃戸口行きが来るまで時間があるので、バス停横のお蕎麦やさんでお昼ご飯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:20の美濃戸口行きが来るまで時間があるので、バス停横のお蕎麦やさんでお昼ご飯。
きゅーっと冷えていて、あっという間に食べてしまうおいしいお蕎麦。
ごちそうさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きゅーっと冷えていて、あっという間に食べてしまうおいしいお蕎麦。
ごちそうさまでした。
9
バスで美濃戸口に到着、宿泊予定の赤岳山荘を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスで美濃戸口に到着、宿泊予定の赤岳山荘を目指します。
青空〜
二日目も晴れるといいな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空〜
二日目も晴れるといいな。
4
赤岳山荘に到着。
出発が午後からだったので初日はここまで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘に到着。
出発が午後からだったので初日はここまで。
5
部屋の中はコタツがあってぽかぽか快適。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部屋の中はコタツがあってぽかぽか快適。
11
驚くほどきんっきんに冷えていて嬉しくなったクラフトビールと、サービスでいただいたお漬物。
手作りだとおっしゃっていたこのお漬物がめちゃくちゃおいしかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
驚くほどきんっきんに冷えていて嬉しくなったクラフトビールと、サービスでいただいたお漬物。
手作りだとおっしゃっていたこのお漬物がめちゃくちゃおいしかった。
14
小屋にはワンコが2頭。
黒いトイプーかと思ったらミニチュアシュナウザーだそうです。間違えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋にはワンコが2頭。
黒いトイプーかと思ったらミニチュアシュナウザーだそうです。間違えた。
3
赤岳山荘のアイスキャンディー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘のアイスキャンディー
8
きれいな夕焼け。
明日もお天気良さそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな夕焼け。
明日もお天気良さそう。
7
晩ごはん時に、小屋の方と九州から遠征してきたという方から、とてもおいしいお漬物をいただきました。
コンビニ食材のしょぼいカレーリゾットが豪華になった。
ありがとうございました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩ごはん時に、小屋の方と九州から遠征してきたという方から、とてもおいしいお漬物をいただきました。
コンビニ食材のしょぼいカレーリゾットが豪華になった。
ありがとうございました!
14
翌朝です。
明るくなるのを待って出発〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝です。
明るくなるのを待って出発〜
2
北沢と南沢の分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢と南沢の分岐。
はらはらと雪が舞い落ちてくる早朝は、この時期らしい冷え込み。
息が煙を吐いているみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はらはらと雪が舞い落ちてくる早朝は、この時期らしい冷え込み。
息が煙を吐いているみたい。
3
上の方は霧氷まみれ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の方は霧氷まみれ
5
おー
大同心と小同心!
かっこいいー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー
大同心と小同心!
かっこいいー
6
振り返ると青い空に白い山肌。
きれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると青い空に白い山肌。
きれい。
5
赤岳鉱泉のアイスキャンディー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉のアイスキャンディー
7
つららと赤岳鉱泉。ここでアイゼンを装着。
この日の稜線は強風予報でしたが、もうここの時点で心が折れそうなくらいの風と激寒さ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つららと赤岳鉱泉。ここでアイゼンを装着。
この日の稜線は強風予報でしたが、もうここの時点で心が折れそうなくらいの風と激寒さ。
4
寒けどいい青空!
がんばろー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒けどいい青空!
がんばろー
9
ぎゅうぎゅうと鳴る雪が楽しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぎゅうぎゅうと鳴る雪が楽しい。
標高が上がるにつれて景色の白さも増してきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がるにつれて景色の白さも増してきます。
2
わー
きれいーーー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わー
きれいーーー
18
青空に映えるなー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映えるなー
12
まさに白い珊瑚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさに白い珊瑚。
14
あしたばの天ぷらを思い出した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あしたばの天ぷらを思い出した。
5
空の青っぷりが素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空の青っぷりが素晴らしい。
12
風に舞い上がる雪の欠片がとてもきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風に舞い上がる雪の欠片がとてもきれい。
6
深い青色に吸い込まれそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い青色に吸い込まれそう。
14
硫黄岳が見えてきた!
ひー
風強そうだなこりゃ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳が見えてきた!
ひー
風強そうだなこりゃ。
5
うおー
こりゃすごい!
絶景じゃ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うおー
こりゃすごい!
絶景じゃ。
16
阿弥陀岳の奥に甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳の奥に甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳!
14
この辺りでストックをピッケルに持ち替えますが、景色にも見とれながらで忙しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りでストックをピッケルに持ち替えますが、景色にも見とれながらで忙しい。
9
樹林帯抜けました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯抜けました。
2
はー
かっこいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はー
かっこいい。
11
お、天狗岳と蓼科山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、天狗岳と蓼科山。
4
もうすごい。
すんごい風。
しっかり握っているはずのピッケルが、鯉のぼりかっていうくらい、ふわふわとはためく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすごい。
すんごい風。
しっかり握っているはずのピッケルが、鯉のぼりかっていうくらい、ふわふわとはためく。
10
ここは左から回り込みました。
右に行くと崖道がちょっと怖い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは左から回り込みました。
右に行くと崖道がちょっと怖い。
4
着いた!!
着いたよ山頂。
がんばった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた!!
着いたよ山頂。
がんばった。
17
横岳、赤岳、阿弥陀岳、奥に権現岳と鳳凰三山もばっちり見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳、赤岳、阿弥陀岳、奥に権現岳と鳳凰三山もばっちり見えました。
14
阿弥陀岳の奥にずらーっと南アルプス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳の奥にずらーっと南アルプス。
7
誰もいない広い山頂をひとり占め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない広い山頂をひとり占め。
5
ロボット雨量計跡もしっぽ付き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロボット雨量計跡もしっぽ付き。
2
このケルンの所から行くと崖道が怖いので右側から下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このケルンの所から行くと崖道が怖いので右側から下ります。
6
帰り道は雪をぎゅうぎゅう鳴らしながらあっという間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道は雪をぎゅうぎゅう鳴らしながらあっという間。
5
赤岳鉱泉に戻りました。
風がだいぶ穏やかに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に戻りました。
風がだいぶ穏やかに。
2
凍った道をガリガリいわせながら赤岳山荘へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍った道をガリガリいわせながら赤岳山荘へ。
赤岳山荘に到着。
行動中は使用しない自炊道具なをど預かっていただきました。
ありがとうございました。
お世話になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘に到着。
行動中は使用しない自炊道具なをど預かっていただきました。
ありがとうございました。
お世話になりました。
2
八ヶ岳山荘に着くと14:45発の茅野駅行きバスの姿が。
タイミングよく乗れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘に着くと14:45発の茅野駅行きバスの姿が。
タイミングよく乗れました。
2
ちのステーションホテルの日帰り入浴。
脱衣所もお風呂も小さめで大勢では無理ですが、タオル無し500円でささっと汗を流すのには最適。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちのステーションホテルの日帰り入浴。
脱衣所もお風呂も小さめで大勢では無理ですが、タオル無し500円でささっと汗を流すのには最適。
4
気持ちの良いお湯でさっぱりしたら、中央道茅野を目指します。
おー、八ヶ岳の勇姿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いお湯でさっぱりしたら、中央道茅野を目指します。
おー、八ヶ岳の勇姿。
4
さっきまであそこに居たんだなぁと思うと不思議。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまであそこに居たんだなぁと思うと不思議。
10
中央道茅野に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央道茅野に到着。
高速バスの車窓からきれいな富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速バスの車窓からきれいな富士山。
5
南アルプスのシルエット。
車窓を楽しみつつのんびり帰りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスのシルエット。
車窓を楽しみつつのんびり帰りました。
7

感想/記録

真っ白い南八ヶ岳の景色が眺めたくて、硫黄岳へ出かけてきました。
穏やかな樹林帯は深い深い青色をした空と霧氷のコントラストがとても美しく、静かな雪道を黙々と歩くのは眠気を催しそうなほどでしたが、稜線では予報通りの暴風激風。
視界が良好で、足元の雪質がアイゼンの効きやすい状態だっので何とか進みましたが、しっかり握りしめているつもりのピッケルが鯉のぼりのようにハタハタとはためき、もうぐいぐいと体を押してくる風に寄りかかるようにして歩きました。
赤岳山荘では楽しい出会いもあり、素晴らしい景色も含めて、八ヶ岳をますます好きになった二日間となりました。
訪問者数:398人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/17
投稿数: 121
2020/2/11 22:18
 こんばんは〜!
硫黄岳に行かれたんですね〜、お疲れさまでした。青空に映えるヤツの白銀の世界は格別ですね 、いいなぁ〜。個人的には「白い珊瑚」の写真に一票入れさせていただきます 。素敵なレコ、ありがとうございました。
登録日: 2014/8/3
投稿数: 35
2020/2/12 14:40
 Re: こんばんは〜!
bokkemonさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
青空と雪の硫黄岳は最高でした!
見事な霧氷や絶景に出会うたびに、すごいすごいとひとり言がひどくて、周りに人がいなくて良かった…
bokkemonさんのくじゅう御池レコも楽しく拝読しました。
ゆる〜いお顔をしたかまくら(?)くんに一票です!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ