また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2212691 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

大菩薩嶺

日程 2020年02月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
塩山駅〜大菩薩嶺登山口・大菩薩の湯 片道300円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
28分
合計
7時間4分
S大菩薩峠登山口08:0608:11雲峰寺駐車場08:1108:16裂石登山口駐車場08:23丸川峠分岐駐車場08:2910:30丸川峠10:4312:06大菩薩嶺12:0812:20雷岩12:2312:28神部岩12:2912:40賽ノ河原12:4012:45親不知ノ頭12:4613:03大菩薩峠13:0413:25勝縁荘13:2613:29富士見山荘13:35福ちゃん荘13:47上日川峠13:5214:39千石茶屋14:3914:50丸川峠分岐駐車場14:5114:56裂石登山口駐車場14:5715:04大菩薩峠登山口15:0515:13大菩薩の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪は締まっていて歩きやすかったがアイゼン着脱のタイミングが難しかった。
その他周辺情報大菩薩の湯 日帰り入浴 620円

写真

大菩薩嶺登山口バス停からスタート。
2020年02月09日 08:05撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺登山口バス停からスタート。
1
丸川峠から、
2020年02月09日 10:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸川峠から、
富士山バッチリ。
2020年02月09日 10:33撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山バッチリ。
1
大菩薩嶺は天気良くても眺望なし。
2020年02月09日 12:06撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺は天気良くても眺望なし。
雷岩から富士山と大菩薩湖に、
2020年02月09日 12:16撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩から富士山と大菩薩湖に、
2
南アルプスの山々。
2020年02月09日 12:22撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの山々。
大菩薩峠の介山荘(かいざんそう)。
2020年02月09日 12:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠の介山荘(かいざんそう)。
1
奥多摩三山と、
2020年02月09日 12:54撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩三山と、
雲取山。
2020年02月09日 13:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山。
1
上日川峠は凍結スリップ注意。
2020年02月09日 13:47撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上日川峠は凍結スリップ注意。
前回梅ジュース飲んだ千石茶屋からは車道歩き。
2020年02月09日 14:42撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回梅ジュース飲んだ千石茶屋からは車道歩き。
バス時間の都合でまたもや大菩薩の湯へ、今回は「ほうとう」食べる時間までは無かった。
2020年02月09日 15:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス時間の都合でまたもや大菩薩の湯へ、今回は「ほうとう」食べる時間までは無かった。
撮影機材:

感想/記録
by ksase

今週は二年前の夏に登った大菩薩嶺へ、天気は良さそうなものの寒気が気になるので2000mくらいの雪山歩きをしようかと考えた所こちらがピッタリに思えて朝3時半起きで行って来ました。

塩山駅からの始発のバスは半分少々の乗車率、重装備の人が多かったので軽装の自分に不安を覚えつつ登山口へ、登山者用の駐車場もほぼ満車で道迷いの心配は無さそうだと安心します。

前回は時計周りの周回だったので今回は逆ルート、なるべく日向を歩ければ快適かと考えていましたが、時折吹く強風で手や耳が凍えそうになりました。
※低山だとナメて薄着とフリース手袋にフードも帽子無しという無帽な格好、軽アイゼンだけは携行。

山頂付近からの眺望は前回とは違って最高レベル、無理して遠征せず近場(それでも家から四時間かかりますが)に決めて良かったと思いながら雪と土のハイブリッドの下山道で転倒しながら無事下山しました。
訪問者数:176人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ