また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2215464 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳山荘〜硫黄岳

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候 曇り 山頂=濃霧+暴風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八ケ岳山荘の駐車場をお借りしました(500円/日)
駐車料金を支払うとセルフサービスのコーヒーを一杯無料で頂戴出来ます。
やまのこ村までの林道は氷の高い轍ができています。高い所は30cmくらいあったかも?やまのこ村まで入っている車はジムニーやSUVタイプの車ばかり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
28分
合計
7時間38分
S美濃戸口05:5106:36やまのこ村06:40美濃戸06:4206:46美濃戸山荘06:4707:22堰堤広場08:05赤岳鉱泉08:0708:24大同心沢(大同心ルンゼ)分岐08:28ジョウゴ沢08:3209:30赤岩の頭09:3810:00硫黄岳10:0510:16赤岩の頭10:1710:52ジョウゴ沢10:5410:57大同心沢(大同心ルンゼ)分岐11:42赤岳鉱泉11:4412:17堰堤広場12:44美濃戸山荘12:4512:49赤岳山荘13:28八ヶ岳山荘13:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:50 スタート(0.00km) 05:50 - その他(6.26km) 08:06 - その他(10.84km) 11:06 - ゴール(17.69km) 13:30
コース状況/
危険箇所等
赤岳鉱泉まではチェーンスパイクでOK
赤岳鉱泉で12本爪、ヘルメット装備する人もいれば、「赤岩の頭」の開けてくる手前の樹林帯で装備を整える人も。
赤岳鉱泉からの樹林帯で危険個所はなし。

この日、樹林帯ではほとんど風は吹かなかったが開けた途端に暴風に晒された。
開けた以降、地面は硬く締まった雪面だったのでアイゼンは良く効く。
岩、石の露出も多くなかった。

12本爪、ピッケル、ヘルメット必須。
天気次第ではバラク、ゴーグルも。

写真

バッキバキに凍ってます。
行きは無かったのに帰りは轍に赤い液体の線が。
もしや・・ラジエターの冷却水?
2020年02月08日 06:29撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バッキバキに凍ってます。
行きは無かったのに帰りは轍に赤い液体の線が。
もしや・・ラジエターの冷却水?
3
アイスキャンディー
実物は初めて見た
2020年02月08日 08:04撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスキャンディー
実物は初めて見た
樹林帯の道中は何の見どころもなく。
山頂は濃霧+暴風で何も見えず山頂碑だけ撮って、そそくさと退散
2020年02月08日 10:05撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の道中は何の見どころもなく。
山頂は濃霧+暴風で何も見えず山頂碑だけ撮って、そそくさと退散
1
ベンチでお昼食べながら眺めてた
何か楽しそう(*'▽')
2020年02月08日 11:42撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチでお昼食べながら眺めてた
何か楽しそう(*'▽')
1
帰りの車道から(*^^*)
2020年02月08日 14:06撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの車道から(*^^*)
帰りの道中の白樺湖
蓼科山も雲の中。
この後はビーナスラインから車山肩まで走らせました。
2020年02月08日 14:32撮影 by DMC-TZ85, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの道中の白樺湖
蓼科山も雲の中。
この後はビーナスラインから車山肩まで走らせました。

感想/記録

予報通り、午前中は曇りで午後からは晴れてきた。

約2年振りに爆裂火口壁が見たくなって行ってみたものの、濃いガスに巻かれて何も見えなかった!
冬季 八ヶ岳の強風を体験できたので、良しとしましょう。
これからもイロイロな所でアイゼン歩行や滑落停止練習を重ねて、冬の高山に出かけたい。
訪問者数:101人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ