また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2243248 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 大雪山

大雪山・旭岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年02月29日(土) [日帰り]
メンバー
 usagidake(CL)
 jueny(SL)
 tomowaits(記録)
 ryosuke3839(食事)
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
39分
合計
4時間44分
S姿見駅09:4710:16旭岳石室10:18姿見の池12:18金庫岩12:2612:34大雪山12:3712:37旭岳12:38大雪山12:4912:54金庫岩13:1114:31姿見駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報旭岳温泉
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ピッケル アイゼン ツェルト 雨具 バラクラバ スコップ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ サングラス
共同装備 GPS 無線機2基

写真

旭岳ロープウェイ山麓駅
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳ロープウェイ山麓駅
1
旭岳ロープウェイ山頂駅前
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳ロープウェイ山頂駅前
3
シュカブラ
2020年02月29日 09:56撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラ
1
3バカトリオ
2020年02月29日 09:58撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3バカトリオ
3
愛の鐘について
2020年02月29日 10:15撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛の鐘について
1
アイゼン装着
2020年02月29日 10:40撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン装着
2
金庫岩付近
2020年02月29日 12:28撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金庫岩付近
2
トムラウシ、十勝連峰を望む。
2020年02月29日 12:49撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ、十勝連峰を望む。
1
噴煙を確認。
2020年02月29日 14:18撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴煙を確認。
3
山頂駅へ戻る。
2020年02月29日 14:33撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅へ戻る。
1

感想/記録

冬の北海道へ初遠征。
遠征場所は難易度が低く日帰りできる大雪山系旭岳とした。
(もちろんロープウェイ利用・・・)
お馴染みのメンバーで関西から2名、関東から2名の計4名。

前日に新千歳空港へ集合し、レンタカーでベースキャンプ地である
東川町「IYASU HOSTEL HIGASHIKAWA」へ向かう。
関西組に若干のアクシデントがあったものの問題なく到着する。

この日、北海道では新型コロナウイルスの感染拡大により、
緊急事態宣言が出され、
特にこの週末は不要な外出を控えるよう呼びかけがあった。

徒歩10分で行ける「モンベル大雪ひがしかわ店」で装備の最終準備を行う。
「森のゆホテル花神楽」で風呂に入り、23時に就寝する。

6時に起床、朝食を済ませ、7時45分にベースキャンプを出発。
出発後すぐに忘れ物に気付き、一度戻ったものの、
8時45分に旭岳ロープウェイ駐車場へ到着する。

すでにスキーヤー達が列をなしており、始発の9時発には乗車できず、
9時30分の出発となった。

山頂へのタイムリミットを13時30分に設定し、9時45分に登山開始する。
足元は、スノーシュー1名、ワカン2名、ツボ足1名。
天気は快晴で無風、積雪も少ないためツボ足でも十分な状態であった。

順調に登り、6合目付近でアイゼンを装着。
J隊員の体力が急激に落ちており時間を要したが、無理をせず着実に登り、
無事に山頂に到着する。

下山は問題なく、そりで遊びながら下山する。
時間があるため、地獄谷の麓の噴煙を観察し、
14時30分に無事山頂駅に到着する。

旭岳温泉湯元湯駒荘で山行の疲れを癒やし、ベースキャンプ地へ戻る。

冬の旭岳は悪天候が多いと聞いていたため、登頂を期待していなかったが、
天候に恵まれ、何の問題もなく登頂できた。
積雪も少なく、特に危険箇所も無かったため、少々物足りない気もするが、
北の国初遠征としては上出来である。

コロナの影響で人が少なく、温泉は貸し切り状態というメリットもあった。

【反省事項(→改善策)】
●集合時間に遅れた。(早めの行動)
●体力不足。(→日々の心がけ)
●忘れ物が多い。(→事前に確認)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:319人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ