また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2250608 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

冬の西穂独標 超好天の一日!

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(ほとんど無風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
新穂高ロープウェイ利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間37分
休憩
1時間59分
合計
5時間36分
S西穂高口09:3609:58旧ボッカ道分岐09:5910:35西穂山荘11:0011:19西穂丸山11:2112:17西穂独標13:0513:32西穂丸山13:47西穂山荘14:2914:51旧ボッカ道分岐14:5215:12西穂高口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
多くの登山者が入山しており、ロープウェイ駅から独標までしっかりとトレースされている。独標直下は岩場と雪のミックスでピッケル必須。滑落注意。

※当日のコンディションは凍結も無く最良。風もほとんど無風でバランスも取り易かった。コンディション次第では危険度が大きく変化すると思われる。
その他周辺情報下山後、ひらゆの森(温泉)を利用

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) GPS 保険証 携帯 タオル カメラ サングラス 日焼け止め お昼ごはん ハードシェル タイツ アウター手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 アイゼン ピッケル ヘッドランプ ポール ヘルメット

写真

撮影機材:

感想/記録
by kuge

今冬積雪期の最終目標にしていた「西穂独標」
今まで経験してきた中では間違いなく一番難易度の高い積雪期登山でした。

西穂独標への玄関口となる新穂高ロープウェイの乗り場には午前8時前に到着。ロープウェイの始発は午前9時なので、車内で朝食と装備の準備を済ませ8時40分頃に乗り場へ行ってみると既に50〜60人が行列していました。
新型ウイルス流行の影響もあり、この週末にどれくらいの人が山に入るのか気になっていたところですが、思っていたより多くの入山者が居ました。
※それでも、平時の週末であれば一般観光客や外国人観光客も大勢居るはずなのでロープウェイはもっと混雑するそうです。

9時半に西穂高口駅に到着し、まずは西穂山荘を目指します。
天気は穏やかで、西穂山荘手前の登りではあまりの暑さに汗だくになりました。
西穂山荘を過ぎればさすがに少しは風が強いだろう…、と予想していたのですが何と森林限界を突破して遮るものが何もない稜線上に出てもほとんど無風。最良のコンディションと言えばそれまでですが、とにかく穏やかすぎて汗が止まりません。
普段の冬山なら汗冷えが心配ですが、汗を冷やす風すら吹かないのです。

西穂丸山からの急登に息を切らしつつも、どんどん開ける北アルプスのパノラマに感激しているうちに、西穂山荘から1時間ほどで独標直下に到達。最後の岩場ではピッケル歩き初体験に緊張しましたが、西穂独標の山頂に辿り着いた瞬間、思わず「やったー!」と声をあげてしまいました。

西穂独標の頂で眺める青空と白銀のアルプスは本当に素晴らしく、下山するのが惜しくて1時間近く景色を楽しんだり、写真を撮ったり、ピラミッドピークから西穂高岳を目指していく登山者の雄姿をボーっと眺めたりして過ごしました。いつもの冬山なら1時間近くも山頂に居座るなんてとても考えられない話ですが、それくらい穏やかな天気に恵まれたということです。

帰りは西穂山荘に立ち寄り名物の「西穂ラーメン」をいただきました。
「冬の西穂独標に登り、ラーメンを食べて帰る」
長年の夢をようやく叶えることができたのです。嬉しいですね。


最後に繰り返しになりますが、3月にこんなにコンディションが良い日があるのかというくらいの好天に恵まれました。コンディション次第では、西穂独標は冬山初心者をこんなに簡単に登頂させてくれないはずです。そのことを肝に銘じて、来シーズンも冬の山を歩き続けていきたいです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:205人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ