また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2254867 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

超ド快晴の乗鞍岳(冬山のち春山)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月12日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
安房トンネル前後の道路は凍結。のりくら高原観光案内所にトイレあり。乗鞍高原休暇村に駐車させていただきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間20分
休憩
30分
合計
8時間50分
Sスタート地点06:1011:30乗鞍岳12:0015:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
前日までの降雪で、膝下からくるぶしくらいの積雪があったが、先行者のトレースを使わせていただきました。位ヶ原からは吹きだまりと氷面が交互に現れ、冬のような冷たい強風に苦労。肩の小屋を過ぎると、テカテカの氷斜面。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はなし。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン ピッケル ワカン 無線機 ツエルト

写真

乗鞍高原スキー場のゲレンデを登る。朝はマイナス9度。アイスバーンなので、途中からアイゼンを装着。
2020年03月12日 07:39撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍高原スキー場のゲレンデを登る。朝はマイナス9度。アイスバーンなので、途中からアイゼンを装着。
2
ゲレンデトップを過ぎて、林間のツアーコースを登る。迷う心配なし。
2020年03月12日 09:03撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップを過ぎて、林間のツアーコースを登る。迷う心配なし。
3
ツアーコースをひたすら登る。
2020年03月12日 09:03撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツアーコースをひたすら登る。
1
雪に埋まった頂上小屋。夏は売店。
2020年03月12日 12:35撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に埋まった頂上小屋。夏は売店。
3
頂上直下。
2020年03月12日 12:31撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下。
3
登ってきたコースを俯瞰。
2020年03月12日 11:57撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたコースを俯瞰。
3
御嶽。低めの富士山みたい。
2020年03月12日 11:58撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽。低めの富士山みたい。
5
氷結した山頂の本宮。
2020年03月12日 12:20撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結した山頂の本宮。
5
軒先からエビの尻尾。
2020年03月12日 12:21撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軒先からエビの尻尾。
2
氷結した鳥居。
2020年03月12日 12:24撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結した鳥居。
7
鳥居からエビの尻尾。
2020年03月12日 12:25撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居からエビの尻尾。
5
雪面からエビの赤ちゃん。
2020年03月12日 12:30撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面からエビの赤ちゃん。
1
岩からエビの尻尾
2020年03月12日 12:31撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩からエビの尻尾
3
北アルプスを眺めながら下山。
2020年03月12日 12:33撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスを眺めながら下山。
7
ロープからエビの尻尾。
2020年03月12日 12:36撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープからエビの尻尾。
2
標柱からエビの尻尾。
2020年03月12日 12:37撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標柱からエビの尻尾。
3
雪面からエビの尻尾2。
2020年03月12日 12:42撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面からエビの尻尾2。
1
朝日岳斜面を下る。
2020年03月12日 12:48撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳斜面を下る。
2
きれいなシュカブラ。
2020年03月12日 13:12撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいなシュカブラ。
4
シュカブラと乗鞍岳。
2020年03月12日 13:14撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラと乗鞍岳。
8
肩の小屋からトイレ小屋まで、シュプールの跡。
2020年03月12日 13:33撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋からトイレ小屋まで、シュプールの跡。
1
ピカピカ雪面と乗鞍岳。左が剣ヶ峰。
2020年03月12日 13:35撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピカピカ雪面と乗鞍岳。左が剣ヶ峰。
3
きらきらの樹氷と太陽。
2020年03月12日 13:40撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きらきらの樹氷と太陽。
4
のりくら高原観光案内所のトイレ前から撮影…。やっぱりきれい。
2020年03月12日 15:52撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のりくら高原観光案内所のトイレ前から撮影…。やっぱりきれい。
3
なんとマイナス88度?! 安房トンネルを富山側に出たところの電光表示板…
2020年03月12日 16:29撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとマイナス88度?! 安房トンネルを富山側に出たところの電光表示板…
4
撮影機材:

感想/記録

 臨時休校で暇そうな?!中学2年の次男を連れ、乗鞍に行ってきた。朝から雲一つない、超ド快晴。ゲレンデでマイナス9度。頂上に見える雪煙に不安を覚えつつも、セッセとゲレンデを登り詰めた。
 林道のツアーコース上部になると、雪煙が舞い始めた。位ヶ原に入る前に腹ごしらえをして、冬装備を装着。気合いを入れて、位ヶ原に突入した。
 風速は10〜15辰らいだろうか、凍るような地吹雪が舞い、まるで冬山だった。次男は目出帽、ゴーグルと完全防備。ネックウォーマーの私は鼻と頬が痛くなるが、なんとか大丈夫だった。
 肩の小屋を過ぎると、氷化した雪面となり、キュルキュルと鳴るアイゼンが心地良い。が、しかし、久々の高山で、空気が薄く、ゼイゼイハアハアと息が切れる。スタスタと元気に登る次男を追いかけた。
 頂上に着くと、鳥居や祠はエビの尻尾で氷漬け。雲一つない青空が広がり、槍・穂高や御岳が一望。最高の絶景であった。
 下りは転倒に気をつけながら肩の小屋まで下りた。位ヶ原に入ると、急に風もやんで、ポカポカ陽気となった。写真を撮りまくりながら、のんびりと春山を満喫。次男と一緒に、今年初の3000メートル峰は最高に楽しめました。

↓↓↓ ブログも公開中 ↓↓↓
https://ameblo.jp/tateyamakurobe777
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:716人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ