また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2271015 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 谷川・武尊

積雪期限定。日白山から平標へ。

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年03月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二居の日帰り温泉「宿場の湯」の、道路を挟んだ相向かいに駐車スペースがあります。
7〜8台くらい停められます。
トイレ等はありません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間59分
休憩
24分
合計
11時間23分
S宿場の湯05:4905:57旧三国街道 二居峠登口05:5906:25二居峠06:3108:18東谷山09:32日白山09:3710:30二居俣ノ頭10:3313:44平標山13:5014:21一ノ肩14:2214:55松手山14:5617:12宿場の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
その時々での、雪の付き方や尾根の出来かたに大きく左右されると思います。
今年は雪が少ないせいか、今回の山行でも歩きにくい区間が多かったかもしれません。

<二居峠ー東谷山>
ツボ足のまま。ストック使用。
全体的には歩きやすかったが、ヤブっぽい箇所が少しあった。
そんな場所では樹間を抜いて歩く感じ。
危険箇所はないが、踏み抜きを何度か。
雪がもっと多く木の邪魔が少なければ、ワカン等を使用してもっと快適に登れるのかもしれない。

<東谷山ー日白山>
アイゼン装着。ストック使用。
クラスト化した硬い雪面が多くなり、快適に歩く。

<日白山ー二居俣ノ頭>
アイゼン装着。ピッケル使用。
ここからノートレース。我々が先頭となる。
日白山からの下りはじめが痩せていて、やや急斜面。
カカトから蹴り込むようにして慎重に下る。
以降は難しいポイントはなく、快適。

<二居俣ノ頭ー平標山>
アイゼン装着。ピッケル使用。
ここから急激に歩きにくくなる。
雪稜の幅がなく、乗れば落ちそうな箇所がつづき、その度に樹林の中へ入る。
急坂のトラバースなどが繰り返され、緊張を強いられる場面多数。
さらにツリーホールや踏み抜きに何度も足を取られる。
慎重に進めば問題はないが、疲れる割にはなかなか距離がはかどらない。
一般ルートとの合流が近づくと、以降は快適に歩ける。

<平標山ー松手山>
アイゼン装着。ピッケル使用。
稜線に出ると風が出てくるが、強風というほどでもない。
一般ルートなので沢山の人出がある、ルート明瞭&踏み跡多数。
危険箇所なし。

<松手山ー二居(松手尾根)>
ワカン装着。ストック使用。途中からツボ足。
何度か踏み抜きがあったが、危険箇所はとくになし。
鉄塔のところから林道のほうに降りてしまったため、後半はずっと林道歩き。
本当はもっとショートカットできるルートがあったようだが、分岐がわからなかった。

その他周辺情報下山後、車を停めた場所の目の前にある「宿場の湯」を利用しました。
600円/人。
内湯しかなく、ちょっと狭い感じがしますが、下山後に移動なしで入れるので楽ちんです。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

宿場の湯の相向かいが駐車スペース。
6時前にほぼ満車。びっくり。
2020年03月21日 05:49撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿場の湯の相向かいが駐車スペース。
6時前にほぼ満車。びっくり。
最初は公道を北へ歩き、二居峠へ向かう。
2020年03月21日 05:54撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は公道を北へ歩き、二居峠へ向かう。
途中から未舗装の作業道のような道になる。
2020年03月21日 05:56撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から未舗装の作業道のような道になる。
二居峠。あずまやがあり、ここから尾根に上がる。
すこしヤブになっているところをつっこむ感じなので、もっと取り付きやすいところを探して林道を奥に進んでみるが、、、、
結局見つからずに、適当なとこからヤブに突っ込んだ(笑)
2020年03月21日 06:29撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二居峠。あずまやがあり、ここから尾根に上がる。
すこしヤブになっているところをつっこむ感じなので、もっと取り付きやすいところを探して林道を奥に進んでみるが、、、、
結局見つからずに、適当なとこからヤブに突っ込んだ(笑)
東谷山を目指す。
朝早いため、おおむね、雪が固く締まっていて歩きやすい。
雪庇は小さい(というかほとんどない)が、ギリギリを歩くと落ちそうなので樹林よりを歩く。
2020年03月21日 07:17撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷山を目指す。
朝早いため、おおむね、雪が固く締まっていて歩きやすい。
雪庇は小さい(というかほとんどない)が、ギリギリを歩くと落ちそうなので樹林よりを歩く。
2
場所によっては森歩き。
ときどき、踏み抜いたりしながら。
2020年03月21日 07:40撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
場所によっては森歩き。
ときどき、踏み抜いたりしながら。
樹林帯を抜けると、一気に開けて解放感が抜群。
とたんに歩きやすくなる。
2020年03月21日 07:54撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると、一気に開けて解放感が抜群。
とたんに歩きやすくなる。
1
右手(南)に目をやると、今回の旅の目標地・平標山と、谷川連峰最高峰・仙ノ倉山が並んで見える。
きれいだなぁ
2020年03月21日 08:00撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手(南)に目をやると、今回の旅の目標地・平標山と、谷川連峰最高峰・仙ノ倉山が並んで見える。
きれいだなぁ
1
先行者が一人いて、先行者のトレースをたどらせてもらって歩く。
2020年03月21日 08:05撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者が一人いて、先行者のトレースをたどらせてもらって歩く。
東谷山山頂までもう少し。
360度の大展望!!
2020年03月21日 08:13撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷山山頂までもう少し。
360度の大展望!!
2
東谷山山頂に到着。
山頂から、今回の核心部である、日白山から平標へつづく尾根を一望する。
尾根の後半、ぐっと標高を上げていくが、
事前にイメージしていたよりも、平標山が遠いような印象を受ける。
うへぇ。長そうだなぁ

2020年03月21日 08:16撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷山山頂に到着。
山頂から、今回の核心部である、日白山から平標へつづく尾根を一望する。
尾根の後半、ぐっと標高を上げていくが、
事前にイメージしていたよりも、平標山が遠いような印象を受ける。
うへぇ。長そうだなぁ

3
東谷山山頂から、来た道(西)を振り返る。
雪の平原の向こうに、苗場山がよく見える。
2020年03月21日 08:18撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷山山頂から、来た道(西)を振り返る。
雪の平原の向こうに、苗場山がよく見える。
3
東谷山山頂から、巻機方面。
3年前、白毛門から巻機へ縦走したことを追い出す。
あれも面白い旅だったなぁ。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1127307.html
2020年03月21日 08:23撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷山山頂から、巻機方面。
3年前、白毛門から巻機へ縦走したことを追い出す。
あれも面白い旅だったなぁ。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1127307.html
東谷山をあとにし、日白山を目指す。
太陽にきらきらと輝く雪稜。
とても気持ちの良い区間。
2020年03月21日 08:58撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷山をあとにし、日白山を目指す。
太陽にきらきらと輝く雪稜。
とても気持ちの良い区間。
2
振り返ると、後続の登山者がちらほらと。
2020年03月21日 09:10撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、後続の登山者がちらほらと。
1
日白山山頂が迫る。
右手奥には、仙ノ倉山と平標。
2020年03月21日 09:22撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山山頂が迫る。
右手奥には、仙ノ倉山と平標。
1
日白山の山頂に到着。
こちらも全方面大展望の、すばらしい景色!!
山頂から、平標山方面。
2020年03月21日 09:33撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山の山頂に到着。
こちらも全方面大展望の、すばらしい景色!!
山頂から、平標山方面。
3
日白山山頂から、谷川方面。
この時期の上越国境の山々は、趣があって本当にいいなぁ。
2020年03月21日 09:33撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山山頂から、谷川方面。
この時期の上越国境の山々は、趣があって本当にいいなぁ。
1
日白山山頂から、タカマタギ方面。
2020年03月21日 09:33撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山山頂から、タカマタギ方面。
1
日白山山頂から、苗場山方面。
2020年03月21日 09:34撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山山頂から、苗場山方面。
2
ここからは、我々が先頭に。
日白山をあとにし、平標へ向かう。
2020年03月21日 09:41撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、我々が先頭に。
日白山をあとにし、平標へ向かう。
2
二居俣の頭までは、快適な雪山散歩だったのだが、、、
このあと、二居俣の頭からは難路となり、急激に歩きにくくなる。
2020年03月21日 09:58撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二居俣の頭までは、快適な雪山散歩だったのだが、、、
このあと、二居俣の頭からは難路となり、急激に歩きにくくなる。
1
雪稜が細くて安易に乗れないところでは、樹林帯でヤブと格闘したり、
急な斜面のトラバースをしたり。
雪稜が大きいところでは、尾根に戻ったり。
2020年03月21日 11:08撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪稜が細くて安易に乗れないところでは、樹林帯でヤブと格闘したり、
急な斜面のトラバースをしたり。
雪稜が大きいところでは、尾根に戻ったり。
1
もう少しのように見えるのに、なかなか近づかない。
ルート選びや踏み抜きへの警戒で、神経を使う。
そのくせ、疲れる割には距離がはかどらない。
バリエーションルートあるある(笑)
2020年03月21日 11:59撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しのように見えるのに、なかなか近づかない。
ルート選びや踏み抜きへの警戒で、神経を使う。
そのくせ、疲れる割には距離がはかどらない。
バリエーションルートあるある(笑)
2
尾根上のルートが終わって、森林限界を越えると、平標山まであとわずか。
ふぅ〜、なかなかしんどかったぜ。
2020年03月21日 12:59撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上のルートが終わって、森林限界を越えると、平標山まであとわずか。
ふぅ〜、なかなかしんどかったぜ。
1
真っ白な雪と、真っ青な空。
苦労した甲斐があったよ、最高だ〜
2020年03月21日 13:24撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な雪と、真っ青な空。
苦労した甲斐があったよ、最高だ〜
1
いよいよ今回の旅の目標地、平標山が見えてきた。
2020年03月21日 13:30撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ今回の旅の目標地、平標山が見えてきた。
平標山山頂まで、最後のひと登り。
2020年03月21日 13:37撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山山頂まで、最後のひと登り。
2
平標の山頂に到着!!!
いや〜、達成感もひとしおだ。
2020年03月21日 13:44撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標の山頂に到着!!!
いや〜、達成感もひとしおだ。
1
平標山山頂から、仙ノ倉山方面。
2020年03月21日 13:47撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山山頂から、仙ノ倉山方面。
1
平標山山頂から、巻機山方面。
2020年03月21日 13:48撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山山頂から、巻機山方面。
1
平標山山頂から、苗場山方面。
東谷山、日白山につづき、ここも全方位の大展望!!
すばらしいなぁ
2020年03月21日 13:50撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山山頂から、苗場山方面。
東谷山、日白山につづき、ここも全方位の大展望!!
すばらしいなぁ
1
名残惜しいけれど、下山を開始。
松手山へ向かう。
2020年03月21日 14:20撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいけれど、下山を開始。
松手山へ向かう。
1
下山の途中で振り返る。
また来るからね〜
2020年03月21日 14:37撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山の途中で振り返る。
また来るからね〜
松手山から右(北)へ折れて、松手尾根をたどって下山。
ここでワカンを使用。
結局、持参した雪山装備のすべてを使用したことになる。
2020年03月21日 15:17撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松手山から右(北)へ折れて、松手尾根をたどって下山。
ここでワカンを使用。
結局、持参した雪山装備のすべてを使用したことになる。
ラーメン香華で、塩チャーシューメン。
北毛(群馬県北部)には美味しいラーメン屋が少ないのだが、このお店はとても美味しい。
今日は運転もないので、生ビールも頂きました(^^)v
2020年03月21日 19:01撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラーメン香華で、塩チャーシューメン。
北毛(群馬県北部)には美味しいラーメン屋が少ないのだが、このお店はとても美味しい。
今日は運転もないので、生ビールも頂きました(^^)v
1

感想/記録

雪のときだけ登れるという、日白山という山の存在を知ったのは数年前。
それからずっと、いつか行ってみたいと思っていた。
今回、平標山とつなげて歩く、縦走という形で実現。
大満足の山旅になりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:266人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

バリエーションルート
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ