また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2271122 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥武蔵

秀麗富嶽十二景第四番・滝子山リベンジ成功!

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
八王子06:35笹子07:33
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
1時間29分
合計
8時間1分
S笹子駅07:3807:43笹一酒造07:52吉久保入口バス停07:57稲村神社08:06桜森林公園08:10寂悄荘入口分岐08:1108:27高圧線鉄塔No83笛駒線08:3108:38大鹿林道横断点(南稜)08:4008:58休憩(1007m)09:0309:25滝子山南稜09:2609:45休憩(1324m)09:5010:41滝子山11:1611:20滝子山・三角点峰11:2111:25鎮西ヶ池11:2711:30滝子山・笹子駅分岐11:34アモウ沢乗越11:3512:23大谷ヶ丸12:3313:03コンドウ丸(金洞丸)13:1013:22曲り沢峠13:30大鹿山・景徳院分岐13:34大鹿山13:4013:54大鹿峠14:0114:34林道出合14:3514:44道証地蔵14:56浜立尾根の南尾根入口14:5715:07寂悄荘入口分岐15:17稲村神社15:23吉久保入口バス停15:34笹一酒造15:39笹子駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
07:38 スタート(0.00km) 07:38 - 休憩(2.57km) 08:14 - 休憩(2.57km) 08:16 - 休憩(3.66km) 08:58 - 休憩(3.66km) 09:03 - 休憩(4.61km) 09:45 - 休憩(4.61km) 09:49 - 山頂(5.46km) 10:41 - 休憩(5.49km) 11:17 - 山頂(7.80km) 12:23 - 休憩(7.81km) 12:33 - 山頂(9.43km) 13:03 - 休憩(9.47km) 13:09 - 山頂(11.11km) 13:36 - 休憩(11.13km) 13:41 - 休憩(11.65km) 13:55 - 休憩(11.66km) 14:01 - ゴール(18.30km) 15:39
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ ジェットボイル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ トレッキングポール

写真

八王子始発の松本行き
2020年03月21日 06:32撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八王子始発の松本行き
ここからスタート
2020年03月21日 07:36撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタート
笹一酒造には直売所もあります
2020年03月21日 07:41撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹一酒造には直売所もあります
大月にも桃太郎伝説があったんですね
2020年03月21日 07:55撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月にも桃太郎伝説があったんですね
詳しいお話がここに
2020年03月21日 07:55撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詳しいお話がここに
ここを左へ
2020年03月21日 07:56撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左へ
ここを左へ
2020年03月21日 07:59撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左へ
中央道の笹子バス停のそばを通ります
2020年03月21日 08:02撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央道の笹子バス停のそばを通ります
ここを右へ
2020年03月21日 08:09撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを右へ
何と書いてるのかよく読めなかったが、あとから思えば「寂倘」だったのですね
2020年03月21日 08:10撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何と書いてるのかよく読めなかったが、あとから思えば「寂倘」だったのですね
小屋がありました
2020年03月21日 08:12撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋がありました
「寂倘苑」だそうです
2020年03月21日 08:13撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「寂倘苑」だそうです
83号鉄塔
2020年03月21日 08:30撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
83号鉄塔
林道を越えます
2020年03月21日 08:38撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を越えます
南陵取付
ここから通称「寂倘(ジャクショウ)尾根」
2020年03月21日 08:39撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南陵取付
ここから通称「寂倘(ジャクショウ)尾根」
ピンクリボンがそこここにあってわかりやすい
2020年03月21日 08:41撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクリボンがそこここにあってわかりやすい
振り返ると枝の奥に富士山が頭をのぞかせていました
2020年03月21日 08:59撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると枝の奥に富士山が頭をのぞかせていました
どれが滝子山?
いちばん右だったようです
2020年03月21日 09:18撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれが滝子山?
いちばん右だったようです
鎖場もあります
2020年03月21日 09:57撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場もあります
やっと浜立尾根と合流
2020年03月21日 10:26撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと浜立尾根と合流
山頂に着きました \(^o^)/
2020年03月21日 10:41撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました \(^o^)/
山名票も入れて
2020年03月21日 10:41撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名票も入れて
秀麗富嶽十二景・第四番です
2020年03月21日 10:42撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秀麗富嶽十二景・第四番です
1
北側には秀麗富嶽十二景の山が勢ぞろい
2020年03月21日 11:14撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側には秀麗富嶽十二景の山が勢ぞろい
三角点に蝶
2020年03月21日 11:20撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点に蝶
道証地蔵へ下る道との分岐
去年のこの時期(3/17)は一面の雪だった
2020年03月21日 11:30撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道証地蔵へ下る道との分岐
去年のこの時期(3/17)は一面の雪だった
大谷ヶ丸直下の分岐
2020年03月21日 12:22撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸直下の分岐
大谷ヶ丸
風が強い
2020年03月21日 12:29撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸
風が強い
大谷ヶ丸からも富士山が見えました (^^)
2020年03月21日 12:35撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸からも富士山が見えました (^^)
広い防火帯
2020年03月21日 12:54撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い防火帯
コンドウ丸
2020年03月21日 13:04撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンドウ丸
曲り沢峠
2020年03月21日 13:23撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲り沢峠
景徳院分岐
2020年03月21日 13:30撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景徳院分岐
大鹿山
ぼうっと歩いていたら自然と巻き道のほうへ入ってしまった
途中で気が付いて登り返し
2020年03月21日 13:37撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿山
ぼうっと歩いていたら自然と巻き道のほうへ入ってしまった
途中で気が付いて登り返し
大鹿山の三角点
2020年03月21日 13:39撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿山の三角点
大鹿峠の手前にあった標識
笹子駅への下りと読めるのだが、地図に道はない
本当に下りられるの?
2020年03月21日 13:49撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿峠の手前にあった標識
笹子駅への下りと読めるのだが、地図に道はない
本当に下りられるの?
大鹿峠
2020年03月21日 13:54撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿峠
林道出合
2020年03月21日 14:33撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道出合
真新しいゲートがありました
2020年03月21日 14:42撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真新しいゲートがありました
ゲートの表側
2020年03月21日 14:43撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートの表側
すみ沢を下る道との出合(道証地蔵)
2020年03月21日 14:45撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すみ沢を下る道との出合(道証地蔵)
これが道証地蔵かな
2020年03月21日 14:46撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが道証地蔵かな
摘むのはその「め」じゃないと思うぞ (^^;
2020年03月21日 15:21撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摘むのはその「め」じゃないと思うぞ (^^;
帰りに八王子駅で気づいたら花が咲いていて、桜かと思ったら桃でした
2020年03月21日 17:22撮影 by SH-M10, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに八王子駅で気づいたら花が咲いていて、桜かと思ったら桃でした

感想/記録
by supra

この三連休は雪の唐松岳へ行く計画を立てていたが、天気はよさそうだが強風が吹き荒れそうということで断念。代わりに、ということで、天気がいいなら富士山を見に行こう!と去年のリベンジを果たすべく、滝子山へ。同じ道を歩くのは面白くないので南陵を登り、小金沢連嶺の赤線をつなげて下りる計画とした。
地図には南陵としか書かれていなかったが、行ってみてここがいわゆる「ジャクショウ尾根」だと気づく始末。(^^;
山頂まで残り標高差300mになってからが遠かった。すぐそこに見えているのに、なかなか着かない。おかげで山頂から見えた富士山はことのほか美しく感じられた。
滝子山から大谷ヶ丸までは、雪はほとんどなくなっていたが、やはり道がわかりづらかった。ただ、去年の同じ時期(3/17)に来たときは雪に覆われて右往左往したが、一度通っていたからか、はたまた左腕のプロトレックスマートのおかげか、今回はそれほど迷わずにスムーズに進むことができた。
最後はお坊山からの稜線を下る計画だったが、大鹿峠に着いたときにはもうお腹一杯で、最後の300mの登りがいやになってそのまま道証地蔵へと下ってしまった。なんと軟弱な。(^^;
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:155人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ