また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 228216 全員に公開 沢登り東北

南会津・阿賀川水系 男女川

日程 2012年09月24日(月) 〜 2012年09月25日(火)
メンバー , その他メンバー2人
天候24日 曇時々雨
25日 曇
アクセス
利用交通機関
電車
往路:北千住6:32発(東武日光線会津田島行き)〜会津田駅9:45着/9:47発(会津若松行き)〜弥五島駅10:07着
復路:湯野上温泉駅13:34発(快速鬼怒川行き)〜鬼怒川温泉駅15:05着/15:44発(特急きぬ)〜北千住17:32着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

24日 弥五島駅10:30〜ゲート11:00〜林道分岐広場11:25/11:50〜(林道)〜12:30入渓〜H560二俣13:10〜左沢〜H760二俣14:50〜左沢〜H800付近テン場15:10着
25日 テン場7:10〜H880m二俣〜(右沢)〜H1010m二又8:25/8:35〜(左沢)〜H1070m二又9:10〜(左沢)〜H1200m稜線9:50/10:10〜(二俣川支流下降)〜二岐林道の橋11:10/11:20〜御鍋神社11:30〜二岐温泉12:10着
コース状況/
危険箇所等
※男女川(おながわ)は全体的にはナメの癒やし系の沢だが、標高900mからは滝が多くなる
※天気が悪かったせいか全体的に暗い感じだった、回りの森はブナの自然林だったので紅葉の頃の遡行がお薦め

過去天気図(気象庁) 2012年09月の天気図 [pdf]

写真

会津鉄道弥五島駅無人駅ですが待合室は扉が付いていて洗面所も有りステーションビバーグ出来そう〜駅前にはお店等は無い
2012年09月24日 10:29撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津鉄道弥五島駅無人駅ですが待合室は扉が付いていて洗面所も有りステーションビバーグ出来そう〜駅前にはお店等は無い
林道入り口のゲート
2012年09月24日 10:58撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道入り口のゲート
林道から歩くこと25分で男女川に行く林道広場に到着
2012年09月24日 11:26撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から歩くこと25分で男女川に行く林道広場に到着
すぐに堰堤が出てきた、左側に踏み跡有り
2012年09月24日 13:04撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに堰堤が出てきた、左側に踏み跡有り
ナメが出てきました
2012年09月24日 13:38撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメが出てきました
2
滑らないので歩きやすい
2012年09月24日 13:56撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑らないので歩きやすい
ときどきこんな滝も
2012年09月24日 14:13撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときどきこんな滝も
ツルツルのナメ滝、巻きは左から簡単に巻ける
2012年09月24日 15:01撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルツルのナメ滝、巻きは左から簡単に巻ける
2
今日のテン場です
2012年09月24日 16:14撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のテン場です
薪が湿っていて、火を熾すのが大変、やっとついたと思ったら結局消えてしまった・・・
2012年09月24日 16:53撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薪が湿っていて、火を熾すのが大変、やっとついたと思ったら結局消えてしまった・・・
私のご飯〜ドライカレーです。
2012年09月24日 18:16撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私のご飯〜ドライカレーです。
1
25日さあ出発〜今日もガンバロウ
2012年09月25日 07:11撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25日さあ出発〜今日もガンバロウ
倒木も結構有りました
2012年09月25日 07:35撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木も結構有りました
滑らないので登るのが楽です
2012年09月25日 07:39撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑らないので登るのが楽です
7mの滝、左のクラック沿いを登った
2012年09月25日 07:43撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7mの滝、左のクラック沿いを登った
ホールドもスタンスも細かい
2012年09月25日 07:46撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホールドもスタンスも細かい
左から水流沿いを登る
2012年09月25日 07:49撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から水流沿いを登る
トイ状の滝水流沿いを登る
2012年09月25日 07:56撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイ状の滝水流沿いを登る
ナメが続くよ何処までも
2012年09月25日 08:03撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメが続くよ何処までも
1
右から入る支流の滝、変な格好
2012年09月25日 08:05撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から入る支流の滝、変な格好
H1010mの二俣、左には二段のナメ滝が掛かっている
2012年09月25日 08:27撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
H1010mの二俣、左には二段のナメ滝が掛かっている
Tさんがリードで登る、唯一ロープが出た滝。逆層でホールドが細かい。滝の取付点には倒木が掛かっていたのでそれを使って登れた
2012年09月25日 08:40撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Tさんがリードで登る、唯一ロープが出た滝。逆層でホールドが細かい。滝の取付点には倒木が掛かっていたのでそれを使って登れた
すぐ上の滝もつるつる、右から巻く
2012年09月25日 08:59撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ上の滝もつるつる、右から巻く
H1200mの稜線に到着
2012年09月25日 09:53撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
H1200mの稜線に到着
尾根にはミズナラかな?巨木、幹回りを計ってみたら女3人必要だったので4m50は有りましたね。この森の主様かも・・・・
2012年09月25日 09:56撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根にはミズナラかな?巨木、幹回りを計ってみたら女3人必要だったので4m50は有りましたね。この森の主様かも・・・・
1
さて二俣川の支流目指して下降する
2012年09月25日 10:11撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて二俣川の支流目指して下降する
支流には滝はなく淡々と下る
2012年09月25日 10:58撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支流には滝はなく淡々と下る
尾根から1時間で二俣林道に着きました
2012年09月25日 11:09撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から1時間で二俣林道に着きました
50分歩いて二俣温泉に到着
2012年09月25日 12:08撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50分歩いて二俣温泉に到着
萱葺き屋根で一躍有名になった湯野上温泉駅舎
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萱葺き屋根で一躍有名になった湯野上温泉駅舎

感想/記録
by mogu

9/24
9月は山以外の用事か有ってなかなか沢に行けなかった、後半は暇だったけど今度は沢の計画が出なくて日帰りで何処か山に行こうかなと思っていたところ沢のお誘いが来た〜即行きますと返事、場所を聞くと南会津の男女川(おながわ)ここは2010年にさわねが遡行していたので早速記録をみてみたら私好みの癒やし系の沢だった。後は天気だけどこれがまたコロコロ変わって結局今年良く聞いた天気のキーワード「寒気が入って天気が不安定」になってしまった。案の定予定の日曜日が雨マークになってしまったので1日延期して遡行する事になりました。

当日は昨日の雨が嘘のようにいい天気になったけど会津に近づくにつれて雲が多くくなり曇り空になってしまう。会津田島から会津若松行きの電車に乗り替え弥五島駅に着いた。ワンマン電車なのを忘れてそのまま下りてしまったら運転手さんが下りてきてキップを受け取った。駅舎は綺麗で待合室には扉が付いていたのでここで靴以外の装備を付けて出発。

駅舎から国道121号線を右に歩いて行く国道なので車の通りが激しい、少し歩いて右に入り阿賀川を渡り丁字路を左に歩いて行くと前方から自転車に乗った2人外国人の人達が来たのに驚いてちょっとお話ししたら、ニュージーランドから来て北海道を回り青森から南下してきたと、たどたどしい日本語で説明してくれた。何処まで行くのかは聞かなかったけど日本を楽しんで欲しいものです。

おばさん3人が大荷物を担いで歩いていると目立つのか地元の人が車を止めて何処に行くのかと聞いてくれたりした、347号線を歩いていくと右に入る林道がでてきてゲートがあった。ゲートをまたいて林道に入りしばらく歩くと広場があり奧に林道が続いているのが見えたのでここが男女川沿いに伸びる地図に載っていない林道だ。しばらく林道を歩いて行くと沢が冠水しているところに出会ったのでここで沢靴に履き替えることにする。

履き替えているところに一台の軽トラックが来たので注意されるのかなと思ったら猟師さん達でトラックの荷台にはツキノワグマが!!道路が冠水しているところに熊を横たえている(写真撮ったけど生々しいので掲載はやめました)。捕ってきたばかりらしくここで洗うとのこと・・初っぱなから熊を見てこれから熊の生息域に入るのだなと改めて思う。猟師さんの話ではこの熊も放射線を計るので届けるそうです、いろいろとおもしろい話を聞かせてくれ、私達がこれから沢を登って反対の天栄に下りることを話すとあきれていました。熊が少し怖かったけど女3人寄れば姦しい、熊も近寄っては来ないでしょ。

猟師さん達に見送られて林道を歩いて行く、あまり整備はされていないので草が覆っていて1箇所間違って戻ったりしたがなんとか550m付近の入渓場所到着ここでお昼にする。歩き出すとすぐに堰堤が出てきた、どこから越えるのかと思ったら左に捲き道があり下りるところには古いトラロープが下がっていた。堰堤を過ぎると560mの二俣で左沢を遡行していくとすぐにナメ床になった滑らないナメなので歩きやすい、ゴーロとナメが交互に現れて時々滝も出てくる。H760mの二俣を過ぎると今夜の露営地を探しながら歩く、800m付近の所に平らな場所が有ったのでそこに決めた。テントと荷物置き場のタープを張り薪集めするも拾ってきた薪は昨日の雨で濡れている、Nさんが頑張って火を熾しましたが結局消えてしまったのが残念濡れた薪に火を付けるのは大変だ。焚き火か無いのが残念だけど取りあえず乾杯して食事の支度、ご飯を炊いて2人はカレー私はドライカレーを作った、後はいつもの海草サラダたまには違うメニューも考えなくちゃね。6時過ぎからぱらぱらと雨が降ってきたのでテントの中に入りお酒を飲みつつとりとめの無い話しをしている内にいつの間にか寝ていました。

9/25
4時起きの6時出発の予定だったが4時はまだ真っ暗なので5時までシェラフの中に居た、5時には明るくなったので起き出してまずはコーヒーを飲み、昨日の残りご飯にスープを入れて雑炊にして食べて出発の準備。7時10分にテント場を出発する事が出来た、歩きはじめもナメでここのナメは滑らないので楽ですが苔の付いた小滝はやっぱり滑る。高度を上げていくとだんだんとナメと滝が多く出てきて面白い、天気もだんだんと良くなってH1010mの二俣に着いた。ここは左だと思うが念のためにNさんが右沢を偵察に行くと先で右に曲がっているので地形図を見ると上岳のほうに行く沢だと判る。

左沢には2段のナメ滝が見え側に行くと下段が7m程のナメ滝だ、ここがさわねの記録でロープが出た滝ね。回りを見回してみても高巻きは両側が岩盤で大高巻きになりそう、3人で登るルートを検討すると言っても私はあまり役に立たないけど。さわねの記録では取り付が難しいと書かれていたが左に倒木がありNさんがそれを足がかりに登れるのではと言うのでTさんがロープを引いて左を登る。次に私が登りましたが逆層なので手がかりが余り無く久しぶりに緊張して登った。滝上に出て高巻きルートを探してみたがここの高巻きは滝を登るよりも大変かも、次の4mの滝もつるつるで右を小さく巻く。

沢巾もだんだんと狭くなって源頭域に入っていくH1070m最後の二俣を左に入り沢形を詰めて行くと稜線が見えてきた、直登は急斜面なので右の尾根に乗りけもの道らしき踏み跡をたどってH1200mの稜線コルに着きました。ここだけ下草が無く回りを見回すとブナとミズナラの巨木がたくさん、中でも目を引いた大木があり私とNさんとで手を繋いで幹回りを計ってみたら3人分だったので4m50儖未呂△襦△海海呂覆鵑箸睇垰弋弔紛間でした。

さて下降に掛かります、コンパスで方角を確認して笹藪に分け入り下って行く。10分ほど笹藪を下ると沢形が現れそのまま沢に下る。この沢は滝も無く下降にはもってこいの沢で1時間ほど下ると二岐林道の橋が見えて林道に着きました。林道を二岐温泉まで歩き、さわねの記録に載っていた大和館で温泉に入ってタクシーで湯野上温泉駅まで行き帰路に着いた。

訪問者数:2194人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ