また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2296785 全員に公開 雪山ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

鳥居峠〜(上州古道)〜四阿山〜(的岩)〜鳥居峠

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年04月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳥居峠の路肩に3台位駐車可能。
林道入口も駐車可能。
林道は閉鎖中。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間18分
休憩
37分
合計
9時間55分
S鳥居峠07:3908:26林道終点P09:17花童子の宮跡10:53古永井分岐11:1312:40嬬恋清水入り口13:23四阿山13:3113:49嬬恋清水入り口15:06古永井分岐15:1216:09四阿山の的岩16:52林道終点P16:5517:34鳥居峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道終点までは、舗装されていないが、車が通れる林道なので、迷わない。
林道終点までは、目立った積雪は無い。

上州古道は、時々雪が無くなる程度で、ほぼ全面積雪有り。
たまに赤テープが有るが、GPSを確認しながら歩いたほうが良い。
急斜面もあるので、12本爪アイゼンとピッケルが有ると良い。
賽の河原と花童子の宮跡に、東屋有り。

古永井分岐から四阿山は、分岐直後の鞍部は雪が無いが、それ以外は積雪有り。
鞍部の先の斜面を登った後は、四阿山尾根まで、30cm位踏み抜く程度には深い積雪になる。
古永井分岐に東屋有り。

的岩コースは、古永井分岐から的岩までは、たまにルートに沿ってロープが有るにはあるが、雪に埋もれていたり切れているので、当てにできない。
赤テープもほとんど無く、GPS地図が無いと道に迷う可能性大。
登山道に見える道をたどると、雪の絶壁に阻まれていたりするので、ちょっとした雪山のバリエーションルートのように自分で道を探す必要がある。
的岩から林道終点までは、大した傾斜も無く、積雪も多くないので、つぼ足でも何とかなりそうだが、やはりルートの目印が無く、迷いやすい。
全体的には、上州古道と比べると、林の中のルートなので、道に迷いやすいが、雪は少なく歩きやすい。
ただし、道に迷いやすいのは致命的。

的岩に行く予定が無いのであれば、上州古道がお勧め。
賽の河原を越えると、浅間連峰が良く見えて、眺めが良い。
的岩コースは展望が無い。
但し、ルートに小ピークが1つ増える。
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 防寒着 ザック スマートフォン(GPSと地図・カメラ兼用) 水筒(お湯入り) 登山靴 12本爪アイゼン ピッケル ストック カメラ 飲料 手袋 食料 行動食 帽子 目出し帽 サングラス 使い捨てカイロ

写真

古永井分岐の先の急斜面を登ったところのベンチから、浅間連峰。
手前の3つのピークの真ん中が、上州古道の小ピーク、右側が古永井分岐。
奥の山系が、左に浅間山、右に烏帽子岳、烏帽子岳の左手前の高い山が湯ノ丸山、手前の小ピークの先にある小高い丘が村上山。
2020年04月11日 11:46撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古永井分岐の先の急斜面を登ったところのベンチから、浅間連峰。
手前の3つのピークの真ん中が、上州古道の小ピーク、右側が古永井分岐。
奥の山系が、左に浅間山、右に烏帽子岳、烏帽子岳の左手前の高い山が湯ノ丸山、手前の小ピークの先にある小高い丘が村上山。
1
的岩。
真ん中辺りに空洞のように見える部分は、近くに行くと、大きい矢で岸壁を打って、一部の岩がずれたような場所。
2020年04月11日 16:03撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
的岩。
真ん中辺りに空洞のように見える部分は、近くに行くと、大きい矢で岸壁を打って、一部の岩がずれたような場所。

感想/記録

12本爪アイゼンを買ったので、百名山の一つ、四阿山に登りに行った。
上州古道〜山頂は、比較的展望が良く、浅間連峰が良く見えた。

的岩コースは、古永井分岐〜的岩が、ちょっとした雪山のバリエーションルートのようになっていて、急な登り下りが何か所かあった。
アイゼンワークの講習受けてたため、すんなり進めたが、受けてなかったら相当厳しかったので、受けておいて本当に良かった。

アイゼンを使った斜面の登りで変に力が入ったようで、上州古道の小ピーク手前で、左ひざが痛くなった。
このため、進行速度が落ちたため、14時を目途に引き返すことに決めたが、なんとか山頂に着けたので、良かった。
あわよくば的岩山に登ろうと思っていたが、予定外になった。

古永井分岐で休憩中の計算では、林道終点到着予定が17:30だったが、最近は17時頃はまだ日が落ちておらず、18時でも明るいので、18時に林道終点に着ければ、問題無しと判断。
水と行動食は余分に持っていて、防寒着も完ぺきだったので、最悪ビバーク可能だったので、慌てずに歩けた。
ただ、ヘッドライトは持っておくべきだった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:390人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ