また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2303852 全員に公開 雪山ハイキング 増毛・樺戸

出戸股川から別狩岳(南) 敗退

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年04月17日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。気温高め
アクセス
利用交通機関
車・バイク
峰越林道ゲート手前に駐車。4台位。複数駐車はあり得ないと思いますが。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
0分
合計
6時間0分
Sスタート地点08:0414:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
()で補足した林道各地点の名称は不確実なので、ルートログと対比してください
峰越林道ゲート 0722-51
(ストックを忘れ引き返す)
峰越林道ゲート 0804
峰越林道三差路 0821(地形図に記載有、発足林道の看板有)
出戸股川支流出合(Co.170)0854-0900
引き返す(出戸股川支流Co.215)0926
出戸股川支流(Co.175) 0955-58
出戸股川支流出合 1000
出戸股林道事実上の終点(Co.180付近)1009
峰越林道三差路 1100
当別越沢林道分岐 1106(地形図に記載無)
当別越沢林道終点 1122-31
当別越沢林道分岐 1206
出戸股連絡線起点三差路1216(地形図に記載無)
出戸股連絡線終点三差路1252-1300(地形図に記載有)
出戸股連絡線起点三差路1326
当別越沢林道分岐 1341
峰越林道三差路 1344(地形図に記載有、発足林道の看板有)
峰越林道ゲート 1404-19
コース状況/
危険箇所等
半ばわかっていたことですが、明らかに時期を逃していた。詳細は感想参照。
以下の時間はGPSログが取れていないので、手入力で補ってます。
09:59-10:54,11:50-12:23,12:42-13:14
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル 靴下 グローブ 防寒着兼雨具 日よけ帽子 行動食 非常食 飲料 地形図 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯(GPS&コンパス兼) 時計(高度計兼) タオル カメラ(コンパス兼) ストック 軽アイゼン(不使用) サングラス
備考 平年並積雪なら、沢から取付く場合4月中旬、尾根から取付く場合4月上旬が限度か。
どちらも、取付からして地勢が険しいのでピッケルがあったほうが良いかも。

写真

ゲートの所にあった図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートの所にあった図
ゲートの所にあった図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートの所にあった図
繊維質含んでるし、大きさからみてオヤジですかね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
繊維質含んでるし、大きさからみてオヤジですかね
1
乗越から。雪少ない...。どう見ても無理そうだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越から。雪少ない...。どう見ても無理そうだ
別狩林道とかろうじて判読できる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別狩林道とかろうじて判読できる
雪はなし。一旦皆伐されたあとかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はなし。一旦皆伐されたあとかな。
水線のある沢の左岸末端。林班界標。灌木+強烈笹で無理そう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水線のある沢の左岸末端。林班界標。灌木+強烈笹で無理そう
水線のある沢に入ってみます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水線のある沢に入ってみます
鹿さんの足跡を追って、しばらくは問題なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿さんの足跡を追って、しばらくは問題なし
等高線が混んだあたりで様子が変わる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
等高線が混んだあたりで様子が変わる。
ここを越えても、いずれ行き詰まるだろうし...撤退
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを越えても、いずれ行き詰まるだろうし...撤退
左岸、どうにも取付きにくい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸、どうにも取付きにくい感じ。
出戸股川上流を探索してみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出戸股川上流を探索してみる
たおやかに流れてなんか癒される
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たおやかに流れてなんか癒される
もはや林道の形をしてないけど対岸にも伸びていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや林道の形をしてないけど対岸にも伸びていた
地図にない、当別越沢への林道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図にない、当別越沢への林道
1
途中でえぐれてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でえぐれてます。
鴈のような鳥が居て逃げていきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴈のような鳥が居て逃げていきました。
当別越沢林道終点。もう少し奥まで延びているとよかったんですけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当別越沢林道終点。もう少し奥まで延びているとよかったんですけど。
そのまま直進すると、一部笹が濃いが沢に出ます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま直進すると、一部笹が濃いが沢に出ます
飛び石徒渉5回くらいで一回失敗しそうな水量でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛び石徒渉5回くらいで一回失敗しそうな水量でした
出戸股連絡線起点三差路(地形図に記載無)
林道名記載の看板がありました。距離は判読不能
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出戸股連絡線起点三差路(地形図に記載無)
林道名記載の看板がありました。距離は判読不能
1
出戸股連絡線終点三差路付近(地形図に記載有)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出戸股連絡線終点三差路付近(地形図に記載有)
三差路の先も道はしっかり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三差路の先も道はしっかり
444.2三角点峰かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
444.2三角点峰かな
札幌方面の山並みですが、写真ではわかりませんね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌方面の山並みですが、写真ではわかりませんね
厚田川右岸の山々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厚田川右岸の山々

感想/記録

 この山はいつか登りたいとずっと思ってきた山だ。しかし、五月連休に登るには
遅く、首都圏在住時には無理(昔書いたメモには4月上旬が限度か? とあった)。
 無雪期に登った記録もあったが、どう見ても、苦労ばかりで、面白くなさそう。

 札幌に戻った今季は、と思っていたが、春の登り始めのスタートが遅れた。
(11日にやっと登れそうになったが、新型コロナ騒ぎがらみで中止に)
 もう、遅いだろうなと思いつつ、今年最後のチャンス兼来年の偵察の意味で、
決行してみる。

 出戸股川から西微南へ伸びる尾根を昔から頭においてきたが、Co.400の
コル付近にギャップがあって通過できないという情報を得たので、
407P,387P経由を経由する南西尾根をルートにすることにした。

 厚田川から出戸股川へ乗越す峰越林道分岐、以前はコミュニティバスの停留所も
あったが、そのバス停名の「Fさん」宅はすでに空き家だ。
 分岐するとわずかでゲート。手前のスペースに駐車。周りの雪の状況から見ても、
成功は9割がた望めない。モチベーションだだ下がり。
 ストックを忘れて一度戻ったりして、予定より一時間近く遅れて出発。

 比高50mほど登って出戸股川へ乗越すが、左岸の斜面はどう見ても登れそうも
ない。林道上こそところどころ雪があるが、左岸は小沢でさえも雪が途切れている。
 この時点ではもう99%だめだろうけど、水線のある支流の手前の北西向きになった
尾根か、その沢を少し詰めてから適当なところで南側に取付けないか、一応
行ってみることにする。
 この出戸股川は水量の割に谷の規模が大きい。厚田川はその逆だ。厚田川が
こちらの谷を流れていた時代があったのかもしれない。
(厚田川の谷のほうが大きいから、そう長い期間でもないだろうが)

 沢の手前の尾根はやはり雪がなく、植生も密ブッシュで、話にならない。
...というか、雪があったにしても急だな。ストックでは恐いくらいだろう。
 水線のある支流に入ってみる。飛んで渡れる水量で、しばらくは谷底に平地が
あって、遡行は容易だったが、左岸は(右岸も)急で、取付けそうもない。
 いわゆるU字谷とは全く違うが、Uの字のような形をした谷だ。(出戸股川も)
 Co.210m付近で様子が変わり、正面が急斜面、流れは右に回って、
ミニゴルジュみたいになっていた。
 進めない水量ではないので水流沿いに行ってみる。鼻を回ると、先に急傾斜の
スノーブリッジが見える。行けないこともないが、スノーブリッジを壊す→
壊れたスノーブリッジと側壁の残雪で天然ダム→バックウォーターで水死→
何でこんなところで溺れたんだろ→昔洗面器で溺れた話もあったよ(笑)
などという結末が頭をよぎる。ここを突破しても、先で行き詰まる可能性が
高いわけだし...、ということで撤退することに。
(今思えば、ミニゴルジュ手前正面の急斜面も試してみるべきだったか)

 もう半月早ければ、ルートにできたかな?、407Pをパスできるのも魅力だ。
でも底雪崩が恐いな。などと考えながら引き返す。帰りは早い。

<以下、結論としては読む意味がないので、読まないほうが時間の節約です(笑)>

 さて敗退決定して、時間ができた、次回のために付近の偵察でも、ということで、
まず、出戸股川の林道を北上してみる。400mほどで橋が落ちたと思われる
個所があって、靴を濡らさずには渡れない。
 ここまで、路肩数ヶ所の崩壊を直せばすぐに使える道だったが、その先は
川越しに見たところでは、廃道後20年くらいは経っていそうだ。

 次は出戸股川を南下して、市町界尾根の470.4m三角点の南に伸びる破線記号を
偵察してみることにする。が、その前に、当別越沢川に沿う林道があった。
 これが奥まで入っていれば、ルートとして有望だ。沢の名前も魅力的。
入ってみるが、残念ながら、林道はCo.160mあたりで終わっていた。
 さらに50mほど笹を分けて進んで沢に降りたが、水量がやや多く、何度も
渡り返すと靴を濡らしそうだ。

 再び出戸股川に戻って南下し、地図の破線記号の探索。現役と思われる林道で、
Co.110付近で、出戸股川に沿ってさらに南下する地図にない林道を分ける他は、
地形図通りに続いている。211標高点Pを巻いて、地形図にある分岐まで行って
みたが、その先もしっかりしていて、ルートとして有望だ(とその時は思った)。

 無尽蔵に出ているフキノトウを若干いただき、車に戻る。

 さて、山行中は厚田山道方面の地図が無かった(au4Gの電波は終始不通)ので
気づかなかったが、帰宅後検討すると、本日後半のルートから入るくらいなら、
厚田山道の途中から入ったほうが、どう見ても労力が少ないようだ。
結論としては、実りの少ない一日だったということで(涙)。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:103人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ