また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2384330 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 朝日・出羽三山

大朝日岳(古寺鉱泉よりピストン)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
■アクセス
山形市内方面より 国道112号→県道27号→
古寺鉱泉・朝日鉱泉方面へ右折→サクラマスふ化場右折→古寺鉱泉
6/7現在 左沢から古寺鉱泉へのルートは大井沢トンネル付近で通行止め
6/7現在 朝日町から古寺鉱泉/朝日鉱泉へのルートは通行可能
詳細は行政HPを確認のこと

■駐車場
古寺鉱泉登山口駐車場100台以上駐車可能。
協力金\1,000/1回


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
1時間16分
合計
7時間33分
S古寺鉱泉下駐車場03:3203:35古寺鉱泉03:3704:23一服清水04:2804:31ハナヌキ峰分岐04:54三沢清水05:16古寺山05:1705:38小朝日岳05:4206:19銀玉水06:2206:41大朝日岳山頂避難小屋06:50大朝日岳07:0307:10大朝日岳山頂避難小屋07:1107:17金玉水07:28中岳07:5608:02金玉水08:13大朝日岳山頂避難小屋08:26銀玉水08:2709:06小朝日岳09:1709:38古寺山09:4009:56三沢清水10:15ハナヌキ峰分岐10:56古寺鉱泉10:5811:01古寺鉱泉下駐車場11:0411:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山ポスト
登山口駐車場に新しく設立された建物に登山ポストあり。
(朝陽館に設置されていたものと同一の登山ポスト)

■ルート状況
残雪は
.魯淵魅峰分岐〜古寺山直下に断続的(踏み抜き及び下山時の降下ポイント注意)
古寺山〜小朝日間に断続的
6箒命緝婉瓠幣し急傾斜と感じる人も居るので軽アイゼンあれば可)
その他は登山道明瞭。

■水場
一服清水:登山道沿い。使用可。
三沢清水:使用不可。
銀玉水:登山道から10秒。雪解け水が豊富。
金玉水:まだまだ雪渓の下の為、使用不可。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

朝日で朝陽を見たくて少し早めのクライムオン。
古寺鉱泉はすっかり整備されて沢山駐車可能です。
駐車協力金\1,000也、
2020年06月07日 03:31撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日で朝陽を見たくて少し早めのクライムオン。
古寺鉱泉はすっかり整備されて沢山駐車可能です。
駐車協力金\1,000也、
少しずつ空が燃えてきた。
2020年06月07日 03:49撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ空が燃えてきた。
1
登山道も真っ赤に燃えだす。
2020年06月07日 03:59撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道も真っ赤に燃えだす。
2
日の出を迎える。
2020年06月07日 03:59撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出を迎える。
一服清水に到着し休憩しようとザック下ろしたら彼の唸り声が…。存在アピールしても状況変わらず。すぐに歩き出して古寺山の残雪具合を確認。
2020年06月07日 04:29撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一服清水に到着し休憩しようとザック下ろしたら彼の唸り声が…。存在アピールしても状況変わらず。すぐに歩き出して古寺山の残雪具合を確認。
1
ハナヌキ峰分岐を過ぎて標高を上げると残雪現る。
2020年06月07日 04:45撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナヌキ峰分岐を過ぎて標高を上げると残雪現る。
安定した残雪に乗る。振り向くと月山、その左奥に鳥海山もクリアに。
2020年06月07日 05:02撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安定した残雪に乗る。振り向くと月山、その左奥に鳥海山もクリアに。
3
下山時はこのマーキング通りに右折し夏道に入るように。
2020年06月07日 05:02撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時はこのマーキング通りに右折し夏道に入るように。
1
振り返る。北側は雲一つない青空。中央の尖がりは障子ヶ岳。
2020年06月07日 05:06撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。北側は雲一つない青空。中央の尖がりは障子ヶ岳。
4
東側は雲海が広がる。遠くに蔵王連峰。
2020年06月07日 05:06撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側は雲海が広がる。遠くに蔵王連峰。
2
昨夜は冷えたらしくカッチカチの残雪です。
2020年06月07日 05:07撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜は冷えたらしくカッチカチの残雪です。
2
古寺山到着。一気に長大な朝日連峰が目に飛び込む。
右から小朝日、大朝日、中岳、西朝日。
2020年06月07日 05:13撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古寺山到着。一気に長大な朝日連峰が目に飛び込む。
右から小朝日、大朝日、中岳、西朝日。
3
小朝日直下の残雪。
2020年06月07日 05:30撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小朝日直下の残雪。
1
小朝日からの大朝日。
2020年06月07日 05:41撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小朝日からの大朝日。
6
遠くに吾妻連峰、磐梯山、飯豊連峰。
手前の尖がりは御影森山。
2020年06月07日 05:39撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに吾妻連峰、磐梯山、飯豊連峰。
手前の尖がりは御影森山。
5
大朝日から以東岳までの主稜線が綺麗に見渡せる。素敵なゼブラ。
2020年06月07日 05:39撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大朝日から以東岳までの主稜線が綺麗に見渡せる。素敵なゼブラ。
4
雲海の向こうに村山葉山、月山、鳥海山。
2020年06月07日 05:40撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の向こうに村山葉山、月山、鳥海山。
4
神室連峰方面も見渡せた。
2020年06月07日 05:41撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神室連峰方面も見渡せた。
5
銀玉水付近の楽しい残雪歩きの始まりー。
2020年06月07日 06:21撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀玉水付近の楽しい残雪歩きの始まりー。
1
ミネザクラは至る所に。
2020年06月07日 06:32撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネザクラは至る所に。
4
登頂!
朝日鉱泉から竜門で1泊された仙台の方とおしゃべり。
2020年06月07日 06:51撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂!
朝日鉱泉から竜門で1泊された仙台の方とおしゃべり。
2
平岩山、祝瓶への繋がる魅惑の稜線の先に飯豊連峰。石転び沢の雪渓も視認出来た。
2020年06月07日 06:52撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平岩山、祝瓶への繋がる魅惑の稜線の先に飯豊連峰。石転び沢の雪渓も視認出来た。
4
以東岳まで繋がる主稜線。おいでよと呼ばれた気がしたので少し先を目指す。
2020年06月07日 07:05撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以東岳まで繋がる主稜線。おいでよと呼ばれた気がしたので少し先を目指す。
6
吸い込まれそうな金玉水の雪渓。
2020年06月07日 07:16撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吸い込まれそうな金玉水の雪渓。
2
シラネアオイ。
2020年06月07日 07:23撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ。
1
右手にピラミダルな大朝日と、
2020年06月07日 07:28撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手にピラミダルな大朝日と、
5
左手に以東岳までの稜線の絶景を眺めながら大休止。
2020年06月07日 07:36撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に以東岳までの稜線の絶景を眺めながら大休止。
4
名残惜しいですが、下山開始です。
2020年06月07日 07:55撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが、下山開始です。
1
銀玉水付近の雪渓は下山だと先が見えない傾斜なので不安な方は軽アイゼンあるといいです。
2020年06月07日 08:23撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀玉水付近の雪渓は下山だと先が見えない傾斜なので不安な方は軽アイゼンあるといいです。
2
落ちたらアウトな黒倉沢の雪渓。
2020年06月07日 08:49撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちたらアウトな黒倉沢の雪渓。
小朝日より主稜線見納め。
2020年06月07日 09:00撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小朝日より主稜線見納め。
3
時間の経過とともに雲がわいてきた。古寺山からの眺め。
2020年06月07日 09:39撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間の経過とともに雲がわいてきた。古寺山からの眺め。
2
以東岳と障子ヶ岳の2ショット。この時期ならでは?
2020年06月07日 09:46撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以東岳と障子ヶ岳の2ショット。この時期ならでは?
3
登りで飲めなかった一服清水をたらふく飲む。
2020年06月07日 10:20撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで飲めなかった一服清水をたらふく飲む。
1
一気に下って無事下山!
2020年06月07日 10:57撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に下って無事下山!
1

感想/記録

去年は以東岳に2回登り、大朝日には登らなかったので今年の朝日連峰はまずは大朝日から!ということで古寺鉱泉よりピストン。予報通り快晴の天気で遠くの山々のスッキリとした眺めと懐の深い朝日連峰の稜線歩きを堪能出来た。2週連続で素晴らしい山行が出来た事に感謝。そろそろ梅雨が始まりそうだが、次はどこへ行こうか?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:640人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/7
投稿数: 1423
2020/6/9 5:38
 同じ
朝日にいらしたのですね(^^)

私もここ最近は以東方面が多く、大朝日にはしばらく訪れていないなぁ…と思いながら、下山では何度も大朝日のとんがりをふり返り歩いていました。

祝瓶への魅惑の稜線…♪大変だけど、また歩こうかな。私のレコでは、三面への魅惑の稜線、を載せました。こちらも歩きたいけど、今は遠い遠い三面ルートです(ノД`)

朝早くは晴れていましたが、お昼頃からは大朝日には雲が集まってきていたので、早出されて大正解でしたね◎お疲れ様でした(^^)
登録日: 2015/7/26
投稿数: 91
2020/6/9 22:37
 Re: 同じ
cheeさんコメントありがとうございます!
cheeさんも朝日にいらしていたのですね(^^)/
以東方面から見る大朝日のとんがりはいい眺めですよね♪

この日は午前中の早い時間が素晴らしい天気でしたね。
遠くの山々もスッキリ見渡せて思わす以東方面の稜線へ足が伸びちゃいました。

三面は朝日界隈ではまだ歩いたことがないので、
いつか歩いてみたいと思っていましたが…。
どこのルートも稜線までは大変ですがそれぞれの魅力があって楽しいですよね!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ