また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2386608 全員に公開 トレイルラン 大台ケ原・大杉谷・高見山

大台ケ原

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月08日(月) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス
三瀬谷7:45→大杉8:45
大台ケ原15:30→大和上市17:21
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSがめちゃくちゃ不安定だった。ファームウェアをアップデートしたせいか?
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 行動食 飲料 日焼け止め 携帯

写真

大杉バス停から湖畔を走る
2020年06月08日 08:50撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大杉バス停から湖畔を走る
6
発電所の横から見える渓谷
2020年06月08日 09:39撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発電所の横から見える渓谷
5
時々立派な石積みが現れるのだが、これは流石に登山者のためだけに作ったものではなさそう。廃道跡か何かだろうか?
2020年06月08日 10:01撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々立派な石積みが現れるのだが、これは流石に登山者のためだけに作ったものではなさそう。廃道跡か何かだろうか?
4
大きな滝
2020年06月08日 10:44撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな滝
切り立った崖
2020年06月08日 10:55撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り立った崖
4
桃の木小屋
2020年06月08日 11:12撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃の木小屋
3
小さな滝
2020年06月08日 11:28撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな滝
1
温泉を大きくしたような滝
2020年06月08日 12:19撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉を大きくしたような滝
5
新緑が美しい
2020年06月08日 13:26撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が美しい
2
山頂はあいにくガスの中
2020年06月08日 13:44撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はあいにくガスの中
3
少し移動したらガスが取れた。さすが三重、めっちゃ見える。
2020年06月08日 13:55撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し移動したらガスが取れた。さすが三重、めっちゃ見える。
3
大蛇堯4鵑觧間があってよかった。
2020年06月08日 14:28撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蛇堯4鵑觧間があってよかった。
5

感想/記録

アキレス腱炎がほぼ治ったので大台ケ原を攻めることにした。このご時世、山小屋泊は推奨されていない気がするので日帰りで行く方法を検討したところ、三瀬谷→大杉までのバスと大台ケ原→大和上市までのバスは両方とも動いていることがわかったのでこれを使うことにした。バスの時間は大杉8:45着、大台ケ原15:30発なので制限時間は6.5hくらい。山頂エリアで寄り道しなければコースタイム14h程度なので行けると判断して出発。

大杉バス停から発電所までは湖畔沿いのアップダウンのない舗装路なので軽く飛ばす。余談だが、三瀬谷→大杉の路線バスがたった300円で驚いた。
舗装路が終わって発電所のあたりからいよいよ登山っぽくなる。と言ってもしばらくは沢というか川に沿って進む。この川の色が丹沢のユーシンそっくりで鮮やかで透明度が高く美しい。

桃の木小屋を過ぎて光滝あたりの大崩落地の先の登山道がわかりにくくて少し迷った。正解はここではまだ標高は上げずにしばらく河原に沿って進み、河原が広くなったところで一旦そこに降りるルートだ。迷ったら少し戻って上下方向にも視野を広げると復帰が早い気がする。

その先の常倉滝で渓谷とお別れし、この先はひたすら登りが続く。桃の木小屋で水を補充しておけばよかったと後悔したが、ガスっていたことが幸いし、なんとか脱水は免れた。山頂はガスっていたが少し移動したらだいぶ晴れて大台ケ原の立ち枯れや大蛇瑤覆匹魎能し、無事ビジターセンターに到着。柿の葉寿司が美味しかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:255人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ