ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 240773 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

大人気紅葉スポット栗駒山 須川からイワカガミ平ぐるっと散策

日程 2012年10月15日(月) [日帰り]
メンバー
天候午前 雨(ガス)山頂強風
午後 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:00須川温泉−7:20硫黄山剱岳(道間違え30分ロス)−8:00名残ヶ原−8:20昭和湖10分休憩
−9:30栗駒山頂(1回目)−10:30イワカガミ平−11:10徒渉点(沢渡り)−12:00東栗駒山(30分休憩)
12:50栗駒山頂(2回目)−13:50昭和湖(10分休憩)−14:30名残ヶ原−14:40湯気山−14:50須川温泉
コース状況/
危険箇所等
須川温泉の硫黄山付近で山頂へ向かうはずが駐車場へ戻ってしまった(^^;
昭和湖から尾根分岐まで硫黄が石鹸みたいで滑り易く何度も滑りザックドロドロ。
ぬかるみで登山靴の中にも泥が入る。
全く危ない所無いんで登山靴より長靴に軽アイゼンの方が向いていそう。

中央コースは整備され過ぎて自分は満足できないかったが
東栗駒コースは何度もでっかい石に貼り付いて登る楽しいコース。
でもロープ切れててどうやってクリアしたら良いか??な場合も。
もうチョット整備してもらいたい。
過去天気図(気象庁) 2012年10月の天気図 [pdf]

写真

秋田側の須川温泉に車を止めスタート
朝強い雨が降りまたいつ降ってくるのか不安
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋田側の須川温泉に車を止めスタート
朝強い雨が降りまたいつ降ってくるのか不安
スタートから期待させられます
O(≧▽≦)O
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートから期待させられます
O(≧▽≦)O
2
時間に余裕が有ったので花魁風呂を通り硫黄山方向へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間に余裕が有ったので花魁風呂を通り硫黄山方向へ
1
硫黄山コースを散策。快調に進んでたら何故か車の音が・・・
駐車場へ戻った(^_^;) 気を取り直して名残ヶ原へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄山コースを散策。快調に進んでたら何故か車の音が・・・
駐車場へ戻った(^_^;) 気を取り直して名残ヶ原へ
1
名残ヶ原から山頂まで濃霧と防風で写真どころじゃない(>_<)
視界5mで北風に煽られ立っていられない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残ヶ原から山頂まで濃霧と防風で写真どころじゃない(>_<)
視界5mで北風に煽られ立っていられない
1
1回目の栗駒山頂。北風が酷いんでとりあえず南斜面の栗原市イワカガミ平を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1回目の栗駒山頂。北風が酷いんでとりあえず南斜面の栗原市イワカガミ平を目指す
栗原市側快晴!なんでこんなに違うの??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗原市側快晴!なんでこんなに違うの??
1
中央コースは老若男女恐らく80才は超えてるであろう方から3才位の小さな子供までいっぱいでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央コースは老若男女恐らく80才は超えてるであろう方から3才位の小さな子供までいっぱいでした
1
イワカガミ平に一旦降りてから直ぐに東栗駒山コースで2度目の登りを選択
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ平に一旦降りてから直ぐに東栗駒山コースで2度目の登りを選択
とても野味あふれるコースで楽しめた。でもロープが切れてたりして整備悪い。中央コースに手を掛け蔑ろにされた感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても野味あふれるコースで楽しめた。でもロープが切れてたりして整備悪い。中央コースに手を掛け蔑ろにされた感じ
山が燃えてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山が燃えてる
2
レコでお馴染みの沢に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レコでお馴染みの沢に到着
矢印があって安心(´∀`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢印があって安心(´∀`)
とても楽しい沢渡り
増水時はどうなるんだ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても楽しい沢渡り
増水時はどうなるんだ?
足を停める回数が増えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足を停める回数が増えます
1
2回目の山頂。お昼時とあり沢山の人で混雑。みんなお弁当広げて楽しそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2回目の山頂。お昼時とあり沢山の人で混雑。みんなお弁当広げて楽しそう
須川コースを下山
朝見れなかった昭和湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須川コースを下山
朝見れなかった昭和湖
乳白色の湖面が幻想的
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳白色の湖面が幻想的
地獄谷、硫化水素注意の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷、硫化水素注意の看板
そういえば紅葉の綺麗な名所(栗駒、鳴子、蔵王)は必ず硫黄が湧いて同じ匂いがする(腐った卵の匂いっていう)何か関係あるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そういえば紅葉の綺麗な名所(栗駒、鳴子、蔵王)は必ず硫黄が湧いて同じ匂いがする(腐った卵の匂いっていう)何か関係あるのか?
うっとりする紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっとりする紅葉
1
須川コースは登山道全てグチャグチャ。くるぶしまで泥だらけで長靴の方がいいみたい。硫黄の影響で石鹸の様に滑り何度も転んじゃいました。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須川コースは登山道全てグチャグチャ。くるぶしまで泥だらけで長靴の方がいいみたい。硫黄の影響で石鹸の様に滑り何度も転んじゃいました。。。
1
名残ヶ原から振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残ヶ原から振り返る
2
ゆげ山から名残ヶ原を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆげ山から名残ヶ原を望む
天候は微妙だったけど見頃を迎えた紅葉はサスガに圧巻
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候は微妙だったけど見頃を迎えた紅葉はサスガに圧巻
2
時期もあるけど須川温泉側の紅葉の方がキレイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時期もあるけど須川温泉側の紅葉の方がキレイ
1
須川温泉
広〜い駐車場はイッパイで路駐沢山
やっぱ人気あるんだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須川温泉
広〜い駐車場はイッパイで路駐沢山
やっぱ人気あるんだ

感想/記録

鳥海山の笙ヶ岳で出会った新潟長岡の山の達人より
全国巡ったが紅葉はやっぱり栗駒山!との情報を得、行ってみたいな〜と思ってるところに
今度は会社の専務から紅葉は断然栗駒山!!と言われ行かなくてはーーー!!!
ということで行ってきました \(^^)/

大きな期待を抱きながら行きましたが期待通り、いやそれ以上だったかもしれません。
勉強不足だったのでコースはチョット物足りない感じでしたがもっと奥が深いに違いありません。

今度はみなさんのレポートを勉強し更に満足の山行を目指します( ̄^ ̄)ゞ
訪問者数:1538人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/8
投稿数: 1040
2012/11/24 0:04
 栗駒
湯浜コースお勧めです(^^ゞ

私はマイナーコースが好きで、本当は御沢コース歩きたかったんです。
しかし、整備完了のニュースなく、見つかった情報は御沢コースで救助された男性(;一_一)の事…まだ未整備とみて結局湯浜コースから往復しました。人いなくてよかったです。温泉も最高でした。温泉近くの沢で登山靴も洗えたことはオマケです。


あと、古道の森もいい感じみたいですよ。来年トライしたいです。栗駒の紅葉はすばらしいけど稜線上の行列はちょっと大変ですね。


なーんて、私も今年初めての栗駒でした。
登録日: 2012/7/8
投稿数: 317
2012/11/25 0:58
 湯浜コース行ってみたいですね
kimberliteさんが選んだ湯浜コースもイイですね(^O^)
自分も人混みは出来る限り避けたくて山頂行ってから天馬尾根コースで秣岳を楽しみたかったのですが生憎の天気。
濃霧と強風で尾根歩きは到底楽しめないかな?ということで急遽進路変更。
読みが当たり後半はまあまあの天気で楽しむことができました。

東栗駒コースも大きな岩をロープで登ったりナメ状の清流を渡ったり楽しいコースでしたが
メジャーコースは凄い人出、登山者だけでなくお散歩的な方々がそれぞれに山を楽しんでました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ