また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2414623 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 御在所・鎌ヶ岳

金糞岳 高山キャンプ場からクロックワイズ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高山キャンプ場に駐車。300円。管理棟でトイレも使わせていただけます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間38分
休憩
49分
合計
7時間27分
S鳥越林道入口07:3909:11滝谷頭09:2009:51奥山09:5310:26ゴロウ頭10:3810:58県境尾根分岐(八草出合い)11:22白倉岳11:2311:36白倉峠11:48金糞岳12:0512:28小朝の頭北方コル12:32坂内村登山道合流地点12:43小朝ノ頭12:4813:12連状口 13:1313:56小森口13:5714:20白谷口(追分)15:05鳥越林道入口15:0615:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
基本踏み跡は明瞭で迷いポイントにも対策はあるが,所々未処理の倒木はあり。特に花房コースは歩く人も少ないようで,かなり苦労したポイントもあった。中津尾根コースは基本問題ないかと。
その他周辺情報健康パークあざいバーデあざいで入浴。大人550円とリーズナブル。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ トレッキングポール GPS

写真

スタート。あれ,この時は青空だね。
2020年06月27日 07:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート。あれ,この時は青空だね。
1
目標は見えぬ。
2020年06月27日 07:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目標は見えぬ。
1
コースタイム通りだと何時間かかるのか誰か計算してくれ。
2020年06月27日 15:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースタイム通りだと何時間かかるのか誰か計算してくれ。
2
ひぃぃぃぃ!!!
2020年06月27日 07:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひぃぃぃぃ!!!
2
登山口。
2020年06月27日 07:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。
1
いきなり鉄塔に出遭う。
2020年06月27日 07:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり鉄塔に出遭う。
面白みのない雑木林を登る。
2020年06月27日 08:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面白みのない雑木林を登る。
でも,誰もいないのでいい雰囲気ではある。
2020年06月27日 08:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも,誰もいないのでいい雰囲気ではある。
迷いポイントには誘導あり。
2020年06月27日 08:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷いポイントには誘導あり。
1
いきなり9番に到着。
2020年06月27日 09:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり9番に到着。
1
ルートを完全にふさぐ倒木。抜けるのに結構苦労した。
2020年06月27日 09:30撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートを完全にふさぐ倒木。抜けるのに結構苦労した。
ようやく景色が広がる。ラスボスはアレか。
2020年06月27日 10:03撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく景色が広がる。ラスボスはアレか。
おお,桐生君だ!
2020年06月27日 10:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお,桐生君だ!
1
頭がたくさん。
2020年06月27日 10:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭がたくさん。
1
まだラスボスは遠い。
2020年06月27日 11:11撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだラスボスは遠い。
なんか,メッチャ登ったね。
2020年06月27日 11:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか,メッチャ登ったね。
晴れていればいい光景なんだろうが,その場合めっちゃ暑いだろうし,良しとしよう。
2020年06月27日 11:23撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていればいい光景なんだろうが,その場合めっちゃ暑いだろうし,良しとしよう。
1
これは・・・白倉峠か。
2020年06月27日 11:25撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは・・・白倉峠か。
2
岩場の下りを振り返る。このコースの核心部かな。
2020年06月27日 11:38撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の下りを振り返る。このコースの核心部かな。
1
山頂到着。
2020年06月27日 11:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。
2
北の方に楽しそうな山あるねえ。
2020年06月27日 11:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の方に楽しそうな山あるねえ。
1
こっちは何も見えねえ。とっとと降りる。
2020年06月27日 11:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは何も見えねえ。とっとと降りる。
ここへの登り返しが地味にきつかった。
2020年06月27日 12:49撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここへの登り返しが地味にきつかった。
山頂,もうあんなに遠くになった。
2020年06月27日 12:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂,もうあんなに遠くになった。
舗装路にぶち当たる。
2020年06月27日 13:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路にぶち当たる。
ここでちょっと迷った。
2020年06月27日 13:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでちょっと迷った。
こっちルートは看板もやや豊富。
2020年06月27日 13:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちルートは看板もやや豊富。
ダイイングメッセージもあり!
2020年06月27日 14:00撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイイングメッセージもあり!
1
頑張ってくれ!
2020年06月27日 14:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張ってくれ!
下りに下って沢に出遭う。涼しげなのは,まあよかったよ。
2020年06月27日 14:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りに下って沢に出遭う。涼しげなのは,まあよかったよ。
この橋はもともとこういう構造なのかそれともいろいろ朽ち果ててこれだけ残ったのか。
2020年06月27日 14:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋はもともとこういう構造なのかそれともいろいろ朽ち果ててこれだけ残ったのか。
1
撮影機材:

感想/記録

ずっと気になってた滋賀県第二位の高山,金糞岳。なかなか機会がなかったが,今回トレーニングを兼ねて周回コースにチャレンジした。反時計回りが楽だそうだが,ということは,時計回りの方が急登があるということで,であれば登りで使った方がいいんじゃないかと思って時計回り周回にする。

7時20分くらいに高山キャンプ場到着。管理棟のオジサンとお話しして300円の駐車料を支払う。ここでも反時計回りをお勧めされた。言うこと聞かないジジイでスミマセン。女性二人のパーティーと少し話す。鳥越峠まで車で上がるか思案されていた。

0740,キャンプ場の中を抜け出発。しばらくは九十九折れ。急登というほどでもなく,とはいえ暑いのでヒイヒイ言いながら登る。スタートの標高が265m,山頂が1317mなので,1000m以上登らなくてはならない。ガシガシ登り続ける。1時間半ほどで標高900mちょいの滝谷頭到着。キャンプ場にあったコース図を見ると,コースタイム3時間半となっているので,結構いい感じで登れたんだろうか。

ここからは稜線歩き。ヒグラシが鳴くブナ林を進む。気温も下界よりはマシで風が心地よい時もあった。人は全くいない。今日,このコースを登ったのは私一人だったのかもしれない。八草出合の先でようやくソロ男性とすれ違ったが,出合ったのは総勢十名。梅雨の合間の曇り空の土曜日にしては少ないんじゃないかな。

その後アップダウンを繰り返し,若干の藪漕ぎも行った末に稜線に高木が無くなりズバッと景色が広がって,いやはや,近畿圏とは思えぬなかなかの風景でした。とはいえ,区間は短く,そこに至るまでの苦労を考えると,なかなか広くお勧めするのは難しいかね。

展望の素晴らしい白倉峠を過ぎ,岩稜の急な下りを降りて再び登り返して1140金糞岳登頂。誰もいない。展望もない。ボソボソとランチパックを食らう。コースタイムより早いとはいえ,同じ距離を戻らなきゃならないのでさっさと下る。中津尾根コースも距離は長く,地味に体力を奪われる。途中で2リットルのハイドレーションが底をついた。予備1リットルを入れてことなきを得たが,これだけ飲んだのは初めて。

尾根道を下り,最後に九十九折れをガシガシ降りたら谷沿いの林道に出て,あとはひたすら林道歩き。メンタル的に辛い最後の道程となった。15時過ぎキャンプ場に戻って終了。キャンプ場のオジサンにすごく早いねと褒めていただく。そうなのかしらね?

というわけで,関西百名山の一角を何とか攻略した。が,もう一度行くかと言われるとかなり厳しいかなというのが正直な気持ち。雪山シーズンに訪れてもいいかも,と思うが,もっとハードになるんだよな。どうしたもんじゃろ。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:433人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ