また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2423942 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

丸山・伊豆ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り 霧が大半
アクセス
利用交通機関
電車
行き:芦ヶ久保駅
帰り:正丸駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間59分
休憩
15分
合計
6時間14分
S芦ヶ久保駅06:4408:20丸山08:2708:50大野峠09:20牛立久保09:36虚空蔵峠09:3710:14旧正丸峠10:40正丸峠10:4111:35伊豆ヶ岳11:4112:14正丸峠12:58正丸駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<芦ヶ久保駅から丸山>
・芦ケ久保駅から道の駅駐車場を抜けて道標に導かれ車道を歩き高度を上げていきます。
・県民の森を経由して丸山へ。山頂の展望台、霧で眺望ありません。
<丸山から正丸峠>
・丸山から下るとパラグライダーの離陸場がありました。そして道路が三差路になっている大野峠へでます。
・大野峠から虗空蔵峠までは、道路沿いのコース。いつの間にか道路を歩いて楽していました。

・旧正丸峠、正丸山を越えるとクルマの往来がある正丸峠。お茶屋さん有り。
<正丸峠から伊豆ヶ岳往復して正丸駅>
・正丸峠から2つのピークを越えると、伊豆ヶ岳手前の男坂・女坂の分岐に着きます。男坂は岩場(クサリ場)で、通行注意を促すためにロープが張られていました。
・前を行くグループと間隔を取って慎重にクサリ場を通過。
・時間的には伊豆ヶ岳から吾野方面まで行ける感じでしたが、いつ雨が降るか見当がつかず、正丸峠へ戻り正丸駅に下りることにしました。
・伊豆ヶ岳からの下りは女坂を利用。一部荒れ気味でしたが、男坂よりも安全です。
・正丸峠からの下り初め、急階段があります。
・その後、沢沿いのコースになりますが、荒れ気味でした。

コース状況/
危険箇所等
・伊豆ヶ岳手前の男坂はクサリ場です。直線的なので、落石が起きると上から下まで転がり落ちそうなので、危険です。
・サッキョ峠の先の木の階段が崩れており、通行注意です。

写真

芦ヶ久保駅到着 降りたのは5−6名
2020年07月05日 06:41撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦ヶ久保駅到着 降りたのは5−6名
1
里山らしい案内図。
2020年07月05日 06:49撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里山らしい案内図。
武甲山が霞んで見えました。
今日は、ここでの武甲山以外、ハイキングコースからの眺望はほとんどありませんでした。
2020年07月05日 07:12撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山が霞んで見えました。
今日は、ここでの武甲山以外、ハイキングコースからの眺望はほとんどありませんでした。
2
武甲山 写真左下に芦ヶ久保駅を出た西武秩父線下り電車。
2020年07月05日 07:12撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山 写真左下に芦ヶ久保駅を出た西武秩父線下り電車。
獣柵 この1か所しか通過しなかったが、普通2か所通過するような気がします。
2020年07月05日 07:21撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣柵 この1か所しか通過しなかったが、普通2か所通過するような気がします。
少し密。雨上がりで、かなり濡れました。
2020年07月05日 07:38撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し密。雨上がりで、かなり濡れました。
1
これは何の卵?
2020年07月05日 07:49撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何の卵?
丸山山頂
一応山座同定の解説書をコピーしてきたのですが、真っ白で何も見えませんでした。
2020年07月05日 08:25撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山山頂
一応山座同定の解説書をコピーしてきたのですが、真っ白で何も見えませんでした。
2
土地柄を表している立派な「関東ふれあいの道」の石柱
2020年07月05日 08:44撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土地柄を表している立派な「関東ふれあいの道」の石柱
パラグライダー離陸場の花
2020年07月05日 08:46撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パラグライダー離陸場の花
大野峠 ここまでお会いした方は2名
2020年07月05日 08:50撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大野峠 ここまでお会いした方は2名
いつの間にか、道路を歩いて楽していました。。。
2020年07月05日 09:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか、道路を歩いて楽していました。。。
何の標識かわからず、ググってみたら、
トレニックワールドin外秩父 (トレランの大会)でした。
2020年07月05日 09:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の標識かわからず、ググってみたら、
トレニックワールドin外秩父 (トレランの大会)でした。
滑ったら道路に落ちます。
2020年07月05日 09:33撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ったら道路に落ちます。
1
虗空蔵峠 東屋は荒廃気味でした。
2020年07月05日 09:37撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虗空蔵峠 東屋は荒廃気味でした。
1
本コースには、リス君は不在。
2020年07月05日 09:43撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本コースには、リス君は不在。
サッキョ峠の先の階段かなり流れていました。
この先にプチ細尾根がありました。
2020年07月05日 09:58撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サッキョ峠の先の階段かなり流れていました。
この先にプチ細尾根がありました。
1
正丸峠のお茶屋さん この脇から伊豆ヶ岳・正丸駅方面への登山道に入ります。
2020年07月05日 10:41撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸峠のお茶屋さん この脇から伊豆ヶ岳・正丸駅方面への登山道に入ります。
1
伊豆ヶ岳手前の男坂・女坂の分岐
2020年07月05日 11:11撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳手前の男坂・女坂の分岐
クサリ場登場
乾徳山のクサリ場よりも高低差がありそうです。傾斜は乾徳山よりも緩めに感じました。
2020年07月05日 11:13撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場登場
乾徳山のクサリ場よりも高低差がありそうです。傾斜は乾徳山よりも緩めに感じました。
3
鎖の支点は鉄道のレール!
2020年07月05日 11:19撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖の支点は鉄道のレール!
2
伊豆ヶ岳山頂
2020年07月05日 11:35撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳山頂
3
伊豆ヶ岳からの下り(女坂) 一部滑りやすい箇所あり。
2020年07月05日 11:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳からの下り(女坂) 一部滑りやすい箇所あり。
霧でモノトーンの世界になりました。
2020年07月05日 12:00撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧でモノトーンの世界になりました。
1
正丸峠からの下り始めは、急な階段でした。
2020年07月05日 12:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸峠からの下り始めは、急な階段でした。
荒れ気味の沢沿いのコース
2020年07月05日 12:28撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れ気味の沢沿いのコース
木橋 上部に苔はないものの、滑りそうで慎重に渡りました。
2020年07月05日 12:33撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木橋 上部に苔はないものの、滑りそうで慎重に渡りました。
正丸駅へ 最後の階段
2020年07月05日 12:58撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸駅へ 最後の階段
1
撮影機材:

感想/記録

伊豆ヶ岳のクサリ場は、高低差もあり、驚きました。丸山は天気が良い時に再訪したいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:126人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ