また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2429006 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

井戸〜三国山〜茅丸〜湯場ノ頭〜柏木野

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年07月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り一時雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
行きは中央線上野原駅から井戸行きバスで終点まで
帰りは柏木野バス停から瀬音の湯、武蔵五日市駅手前の居酒屋等寄り道後、五日市線
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
1時間36分
合計
6時間11分
S井戸バス停10:1410:37軍刀利神社10:4311:58三国山13:1513:19生藤山13:32茅丸13:3713:53連行峰14:0014:28湯場ノ頭14:2916:25柏木野バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ゆっくり、のんびり進みつつ、行きも帰りもあまり無駄な待ち時間等なく、理想的なスケジュールだった
コース状況/
危険箇所等
歩きはじめが雨上がりで昼食中にも少し降ったが、全体として滑りにくいルートだった
ただし、下山近くの1時間程度の道が、昨秋の台風の影響で崩れていたり、斜面の道が細くて踏み抜きそうだったり、湿った木の根で転びそうになったり等、少し危険だった(昨年はそこまで感じなかった)
その他周辺情報柏木野からのバスを十里木で降り、瀬音の湯へ寄った
去年に比べてこのご時世か、さほど混んでいなくて良かった
温泉からは駅1つ前のバス停で降り「美松」へ寄った
この店は昨年同様賑わっていて、内容も良かった

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ ザック 昼ご飯 バーナー フライパン等 雨具

写真

上野原駅から終点の井戸バス停で降り、歩き開始!
2020年07月11日 10:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野原駅から終点の井戸バス停で降り、歩き開始!
右へ歩いて行くか!
っと雨がまだ降ってるなぁ
2020年07月11日 10:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右へ歩いて行くか!
っと雨がまだ降ってるなぁ
雨がひどくて戻ってくる可能性も考えて
時刻表を確認・・・14時半までバスがない
2020年07月11日 10:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨がひどくて戻ってくる可能性も考えて
時刻表を確認・・・14時半までバスがない
山また山の景色
空も明るくなってきたし、ひとまず、軍刀利神社まで行こう
2020年07月11日 10:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山また山の景色
空も明るくなってきたし、ひとまず、軍刀利神社まで行こう
歩き始めると程なく雨が上がる。。。まず、鉄の鳥居
軍荼利明王の話などしながら進む
2020年07月11日 10:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めると程なく雨が上がる。。。まず、鉄の鳥居
軍荼利明王の話などしながら進む
この辺りはあっちもこっちも、軍刀荼利神社があり、この説明版にもある通り、地域の総鎮守であることが分かる
手を清め水筒を補充後、鳥居をくぐり階段を上がる
2020年07月11日 10:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはあっちもこっちも、軍刀荼利神社があり、この説明版にもある通り、地域の総鎮守であることが分かる
手を清め水筒を補充後、鳥居をくぐり階段を上がる
上がった正面に拝殿、祭神は日本武尊
1年ぶりのご挨拶、本日の無事をお参り
2020年07月11日 10:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上がった正面に拝殿、祭神は日本武尊
1年ぶりのご挨拶、本日の無事をお参り
横の、味のある休憩所で一息
今回は急斜面のつづら折れを上がるが、前回の尾根道がこの山の表参道だったのだろう
2020年07月11日 10:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横の、味のある休憩所で一息
今回は急斜面のつづら折れを上がるが、前回の尾根道がこの山の表参道だったのだろう
尾根道の中腹で、江戸時代のものらしき軍荼利明王も見かけたし、明治維新までは神仏が習合した山だったのだろうなぁ
このような刀で、日本武尊の面が近年強調された。。。さ、歩くか
2020年07月11日 10:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道の中腹で、江戸時代のものらしき軍荼利明王も見かけたし、明治維新までは神仏が習合した山だったのだろうなぁ
このような刀で、日本武尊の面が近年強調された。。。さ、歩くか
境内を抜け更に坂道を上がると、10分もしないで奥之院に到着
2度目だが、立派な桂の木、ご神木だ
このような場所に神を感じるのは古来同じなんだろう
2020年07月11日 10:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内を抜け更に坂道を上がると、10分もしないで奥之院に到着
2度目だが、立派な桂の木、ご神木だ
このような場所に神を感じるのは古来同じなんだろう
清らかな沢が巻く様に流れている
さて、雨もすっかり上がって日も出てきたし、参拝気分は一区切りして本格的に山道を上がる
2020年07月11日 10:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清らかな沢が巻く様に流れている
さて、雨もすっかり上がって日も出てきたし、参拝気分は一区切りして本格的に山道を上がる
斜面をつづら折れに、三国山へ
山が10年ぶりのメンバーに合わせて、休み休み進む
2020年07月11日 11:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面をつづら折れに、三国山へ
山が10年ぶりのメンバーに合わせて、休み休み進む
休みながらも順調に、尾根へ到着
去年は右手から(鎌沢でなく上岩から)上がってきたよな
左へ、あと少しで山頂だ!
2020年07月11日 11:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休みながらも順調に、尾根へ到着
去年は右手から(鎌沢でなく上岩から)上がってきたよな
左へ、あと少しで山頂だ!
山頂では速やかに乾杯!肉や野菜、途中で摘んだ山椒の葉を焼いたり、持ち寄ったチータラをつまんだり
今日は汗をかいた分、ビールが余計に旨い!
2020年07月11日 12:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂では速やかに乾杯!肉や野菜、途中で摘んだ山椒の葉を焼いたり、持ち寄ったチータラをつまんだり
今日は汗をかいた分、ビールが余計に旨い!
食事中、遠雷と、少々雨も降ったが、木陰なので被害はなし
食べ終わる頃には雨は止み、西の空はこのように明るくなってきた
2020年07月11日 13:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事中、遠雷と、少々雨も降ったが、木陰なので被害はなし
食べ終わる頃には雨は止み、西の空はこのように明るくなってきた
1時間余り過ごしたが、今日は季節外れなのと天気がイマイチのせいか、体育会系の大学生のような1グループが山頂を通り過ぎただけだった
2020年07月11日 13:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間余り過ごしたが、今日は季節外れなのと天気がイマイチのせいか、体育会系の大学生のような1グループが山頂を通り過ぎただけだった
ここには、この様なテーブルが2つあり便利なのだ
我々はこの、東京であろうテーブルを使わせてもらった
甲斐、相模、武蔵の三国の境が山頂で交わる
2020年07月11日 13:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここには、この様なテーブルが2つあり便利なのだ
我々はこの、東京であろうテーブルを使わせてもらった
甲斐、相模、武蔵の三国の境が山頂で交わる
三国山を出発し、本日最高峰、1019Mの茅丸!
山頂手前から気づいたのだが、去年と様子が違っていた
2020年07月11日 13:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山を出発し、本日最高峰、1019Mの茅丸!
山頂手前から気づいたのだが、去年と様子が違っていた
何と、この見晴らし!
南西方面の木が改めて切ってあり、期待していなかっただけに嬉しい眺めだった
2020年07月11日 13:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何と、この見晴らし!
南西方面の木が改めて切ってあり、期待していなかっただけに嬉しい眺めだった
連行山を目指し標高1000M前後の尾根道を進む
涼しい風が吹き抜け、気持ち良い!
足元には、見たことのないキノコが芽を出していたり
2020年07月11日 13:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連行山を目指し標高1000M前後の尾根道を進む
涼しい風が吹き抜け、気持ち良い!
足元には、見たことのないキノコが芽を出していたり
多くのヒグラシと一部アブラゼミ、それに鳥の声を聞きながら、気持ちよく尾根道を進む
2週前の箱根では、まだ鶯の声を聞いたが、一気に夏だなぁ・・・と程なく分岐点、連行山に到着
2020年07月11日 13:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多くのヒグラシと一部アブラゼミ、それに鳥の声を聞きながら、気持ちよく尾根道を進む
2週前の箱根では、まだ鶯の声を聞いたが、一気に夏だなぁ・・・と程なく分岐点、連行山に到着
ここからは柏木野へ、これまでより少しマイナーだが、標高900M前後の尾根道を進む
ここからゆっくりで2時間半程度かな?16:30のバスを目指す
2020年07月11日 13:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは柏木野へ、これまでより少しマイナーだが、標高900M前後の尾根道を進む
ここからゆっくりで2時間半程度かな?16:30のバスを目指す
連行山までに比べると、風が減った分、湿気を感じるなぁ
とはいえ、高い標高の尾根道を楽しみつつ、万六ノ頭手前の分岐点、靴紐を締めなおして、今回は左の巻道へ、そろそろ下山
2020年07月11日 15:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連行山までに比べると、風が減った分、湿気を感じるなぁ
とはいえ、高い標高の尾根道を楽しみつつ、万六ノ頭手前の分岐点、靴紐を締めなおして、今回は左の巻道へ、そろそろ下山
ずっと高い尾根道を歩いた分、最後の下り勾配はきつい
ただ、つづら折れの道はよく整備されていて、写真右手のように斜めに下っていく
2020年07月11日 15:45撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと高い尾根道を歩いた分、最後の下り勾配はきつい
ただ、つづら折れの道はよく整備されていて、写真右手のように斜めに下っていく
湿気の多い北斜面の下りが終わり、下山口近く、沢で顔や手の汗、蜘蛛の巣などを流してさっぱりした
湿気がすごいので、差し込む日差しが煙ってるよう
2020年07月11日 16:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿気の多い北斜面の下りが終わり、下山口近く、沢で顔や手の汗、蜘蛛の巣などを流してさっぱりした
湿気がすごいので、差し込む日差しが煙ってるよう
南秋川へ出た!
清らかな流れ、川面の風が心地よい・・・
左の小さな滝の少し上流が、さっき汗を流した沢だ
2020年07月11日 16:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南秋川へ出た!
清らかな流れ、川面の風が心地よい・・・
左の小さな滝の少し上流が、さっき汗を流した沢だ
橋を渡り、出てきた山道を振返る
夏の森、うっそうとしてるな
2020年07月11日 16:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡り、出てきた山道を振返る
夏の森、うっそうとしてるな
柏木野のバス停に到着、今日の歩きは終了!
16:30のバスにも急ぐことなく余裕で間に合い良かった
この次は、17:54だからなぁ
2020年07月11日 16:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏木野のバス停に到着、今日の歩きは終了!
16:30のバスにも急ぐことなく余裕で間に合い良かった
この次は、17:54だからなぁ
武蔵五日市駅行バスを十里木で降り、瀬音の湯へ
秋川が増水しているせいか、迫力も増している
2020年07月11日 16:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武蔵五日市駅行バスを十里木で降り、瀬音の湯へ
秋川が増水しているせいか、迫力も増している
16:58、事前にバスの時刻を確認
温泉、ビールとのんびりし、18:39温泉発のバスで駅前の居酒屋へ移動、夜まで楽しんだのだった
2020年07月11日 16:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:58、事前にバスの時刻を確認
温泉、ビールとのんびりし、18:39温泉発のバスで駅前の居酒屋へ移動、夜まで楽しんだのだった
撮影機材:

感想/記録

概ね天候に恵まれ、この時期、1日晴れよりは暑くもならず、理想的だった
井戸までバスでかなり標高を稼ぐのと、登り斜面が北西向きなので、このシーズンでもさほど暑くなく三国山まで上がれるのが良いと思った
ただ、この時期歩くには最初と最後の湿度が高い(上の尾根は気持ち良いが)
ベストシーズンは、GW初めの4月末頃で、山頂で桜を見ながらなのだろうが、そういう時期は山の上も帰りの温泉も混むので、平日休めればだと思う
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:104人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

踏み抜き ヒグラシ 神木 温泉 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ