また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2435348 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

御嶽山 継子岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年07月16日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴時々曇り ガスが湧く時間が多い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
当初は、中の湯から行く予定でしたが、通行止めのため濁河温泉から登る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間10分
休憩
1時間0分
合計
9時間10分
S濁河温泉05:2006:10ジョズ岩06:2006:50湯の花峠07:10カエル岩07:20のぞき岩 避難小屋07:2508:108合目08:1509:00ライチョウ岩09:20飛騨頂上09:20五の池小屋09:4010:20継子岳10:3010:50マリシテン11:10四の池下部11:30三の池分岐11:50五の池小屋00:1001:008合目01:0501:40湯の花峠 七合目01:4502:50濁河温泉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
四の池を周回したが、最低鞍部の川を渡る部分が水が多く、上流へ迂回した横断した。
その他周辺情報濁河温泉営業しているのか良くわからなかった。
過去天気図(気象庁) 2020年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ ココヘリ

写真

計画は中の湯から入って摩利支天から五の池継子岳、四の池周回でしたが、御嶽ロープウエイの道が温泉から先通行止め。
濁河温泉から登山することにした。
多治見を2時に出たので良かった。
2020年07月16日 05:19撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
計画は中の湯から入って摩利支天から五の池継子岳、四の池周回でしたが、御嶽ロープウエイの道が温泉から先通行止め。
濁河温泉から登山することにした。
多治見を2時に出たので良かった。
濁河温泉が見える。
2020年07月16日 05:31撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁河温泉が見える。
ギンリョウソウ
2020年07月15日 05:44撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
ジョウズ岩手前
2020年07月16日 06:20撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジョウズ岩手前
キヌガサソウが沢山咲いていました。
2020年07月15日 05:48撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キヌガサソウが沢山咲いていました。
ユキザサ、花はほとんど終っていました。
2020年07月15日 06:52撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキザサ、花はほとんど終っていました。
湯ノ花峠、ガスで視界ゼロ。
2020年07月16日 06:48撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ花峠、ガスで視界ゼロ。
カエル岩
2020年07月16日 07:08撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエル岩
のぞき岩、避難小屋がある。
寝るのに耐えうる、わりと綺麗です。
2020年07月16日 07:21撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のぞき岩、避難小屋がある。
寝るのに耐えうる、わりと綺麗です。
のぞき岩に立って、滝を見る。
2020年07月15日 07:33撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のぞき岩に立って、滝を見る。
陽が差してきました。
2020年07月15日 07:54撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が差してきました。
8合目、ちから水と書いてあるが、水場はわかりませんでした。
2020年07月16日 08:05撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目、ちから水と書いてあるが、水場はわかりませんでした。
森林限界に出ました。
雲海が素晴らしい。
2020年07月16日 08:27撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界に出ました。
雲海が素晴らしい。
ナナカマドの花
2020年07月16日 08:42撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの花
今年の夏シーズン最初に見る、ハイマツの海。
2020年07月16日 08:43撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の夏シーズン最初に見る、ハイマツの海。
御嶽山は至る所に、石仏があります。
2020年07月16日 08:58撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山は至る所に、石仏があります。
ライチョウ岩
2020年07月16日 09:02撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウ岩
摩利支天の方向だろうか。
2020年07月15日 09:22撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天の方向だろうか。
1
飛彈頂上
2020年07月16日 09:18撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛彈頂上
五の池小屋。スタッフ1名が小屋の営業準備をしていた。
静まり返っています。
営業は7月20日だそうです。
2020年07月16日 09:19撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五の池小屋。スタッフ1名が小屋の営業準備をしていた。
静まり返っています。
営業は7月20日だそうです。
ミヤマダイコンソウ
2020年07月15日 09:35撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ
五の池周囲の、お花畑。
2020年07月15日 09:36撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五の池周囲の、お花畑。
2
今日は一人すれ違いのみ、多くの登山者を待ってます。
2020年07月16日 09:35撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は一人すれ違いのみ、多くの登山者を待ってます。
1
キバナシャクナゲ、長雨で花が疲れてます。
2020年07月15日 09:41撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ、長雨で花が疲れてます。
此れから向かう、継子岳、尖っている山は、無名峯。
2020年07月16日 09:46撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此れから向かう、継子岳、尖っている山は、無名峯。
コケモモかな。とにかく沢山咲いている。
2020年07月15日 10:01撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモかな。とにかく沢山咲いている。
継子岳手前の、ピーク。尖っている石は、故意に建て掛けられている様に見える。まるで墓石、不気味です。
2020年07月16日 10:13撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継子岳手前の、ピーク。尖っている石は、故意に建て掛けられている様に見える。まるで墓石、不気味です。
継子岳頂上、登山者と遭遇、ライチョウをさがしているようです。
2020年07月16日 10:30撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継子岳頂上、登山者と遭遇、ライチョウをさがしているようです。
飛彈頂上から摩利支天を見上げる。
2020年07月15日 10:33撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛彈頂上から摩利支天を見上げる。
継子岳はとにかく、コマクサが沢山咲いている。五の池付近もあったが、斜面で近寄りにくいが、こちらは踏まない様に注意する状況。
2020年07月15日 10:37撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継子岳はとにかく、コマクサが沢山咲いている。五の池付近もあったが、斜面で近寄りにくいが、こちらは踏まない様に注意する状況。
2
イワツメクサ
2020年07月15日 10:37撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
1
無名の山ですが頂上に摩利支天の碑があった。
2020年07月16日 11:05撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名の山ですが頂上に摩利支天の碑があった。
四の池、御嶽山には、5つ池があるけど、四の池が一番大きい、今回初めて周回した。見ごたえ一杯ある。
2020年07月16日 11:05撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四の池、御嶽山には、5つ池があるけど、四の池が一番大きい、今回初めて周回した。見ごたえ一杯ある。
四の池最下部、川になっていて、ここから谷底に水が落ちる。
此処を渡るのに水が多く、正規の場所からは渡れないので、上流に迂回した。
これも長雨のせいかな。
2020年07月16日 11:14撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四の池最下部、川になっていて、ここから谷底に水が落ちる。
此処を渡るのに水が多く、正規の場所からは渡れないので、上流に迂回した。
これも長雨のせいかな。
1
三の池分岐より、四の池を見下ろす。
2020年07月16日 11:21撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の池分岐より、四の池を見下ろす。
1
三の池、個々のエメラルドグリーンは何時来ても素晴らしい。
2020年07月16日 11:35撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の池、個々のエメラルドグリーンは何時来ても素晴らしい。
2
ハクサンイチゲかな。
2020年07月15日 11:59撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲかな。
花と、池と、山。
ベストショット。
2020年07月15日 12:01撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花と、池と、山。
ベストショット。
1
五の池小屋に戻って来ました。
此処て昼食。だれもいません、デッキ独り占めです。
2020年07月16日 11:54撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五の池小屋に戻って来ました。
此処て昼食。だれもいません、デッキ独り占めです。
五の池て水が無かった様な気がする、雪解けの初夏で今回の長雨で水が沢山あるのだろうか。
2020年07月16日 12:03撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五の池て水が無かった様な気がする、雪解けの初夏で今回の長雨で水が沢山あるのだろうか。
五の池周囲はお花畑です。
2020年07月15日 12:16撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五の池周囲はお花畑です。
五の池の周辺のコマクサです。望遠レンズで撮影。
2020年07月15日 12:22撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五の池の周辺のコマクサです。望遠レンズで撮影。
1
無事下山です。車は四台ありました。
2020年07月16日 14:47撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山です。車は四台ありました。

感想/記録

日曜日の天気が、恵まれない中、16日木曜日だけ天気が、良さそうなので、有休取ることにした。計画は、中ノ湯からでした。温泉の先通行止めとあった。
濁河温泉には、行けそうなので、ルートを変更。
登山口に5時到着、車は1台停まっていた。
登山届けを書いて、5時20分スタート。此処からは20年ぶりです。
天気は、ガスで、何も見えません、8合目を過ぎた辺りから陽が差して、とても綺麗でした。
五の池小屋は、ひっそりとしてました。営業は7月20日からだそうです。スタッフ一人が準備をしてました。
5の池は、記憶では、水が、なかった様な気がしましたが、水があり周囲は、お花畑でした。特にキバナシヤクナゲ、ミヤマダイコンソウ、イワウチワが綺麗でした。
今回初めて四の池を周回します。一の池は、噴火前にあります。五つの池で一番大きく、歩く魅力は沢山でした。
継子岳の手前に故意に立てたと思われる石群、墓場のようで不気味。継子岳は、コマクサが歩くのに踏まない様気おつける位、沢山咲いてました。
四の池は、長雨のせいもあり緑豊かでこんな表情を見せてくれるのかと感動でした。
計画では、
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:796人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ