また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2443214 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

時間が無けりゃ八ヶ岳【天狗岳】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年07月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場
・唐沢鉱泉手前に登山者用無料駐車場
・トイレ有り
・唐沢鉱泉 長野県茅野市豊平4733−1
■唐沢鉱泉の情報 
 http://www.karasawakousen.com/index.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
53分
合計
5時間18分
S天狗岳登山口駐車場09:5810:00唐沢鉱泉10:41唐沢鉱泉分岐11:13第一展望台11:2011:49第二展望台11:5012:22天狗岳12:4312:56東天狗岳13:0113:03天狗の鼻13:0413:09天狗岳分岐13:28天狗の奥庭上13:39天狗の奥庭13:51黒百合ヒュッテ14:0914:35渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐15:15唐沢鉱泉15:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山ポスト
・唐沢鉱泉の玄関前に有り
■コース状況
・シャクナゲ橋を渡ってから暫くは 登山道が川状態
・総じて岩場歩きが多く 滑りやすいので注意

写真

本日も時間制限下での活動となり かなり遅い到着時間。予想通り駐車場は満車で路駐が発生しており その一角に駐車して歩き出します。
2020年07月19日 09:57撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日も時間制限下での活動となり かなり遅い到着時間。予想通り駐車場は満車で路駐が発生しており その一角に駐車して歩き出します。
7
短時間で唐沢鉱泉に到着。営業中であり 日帰り入浴も可能となりました。
2020年07月19日 09:59撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短時間で唐沢鉱泉に到着。営業中であり 日帰り入浴も可能となりました。
7
シャクナゲ橋を渡り 西尾根ルートに入ります。
2020年07月19日 10:00撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ橋を渡り 西尾根ルートに入ります。
5
初夏の花々は終了し 殺風景な樹林帯で一際目立つ色物。きのこ類はチンプンカンプンですが ウスタケかな?
2020年07月19日 10:12撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初夏の花々は終了し 殺風景な樹林帯で一際目立つ色物。きのこ類はチンプンカンプンですが ウスタケかな?
25
体力の低下は顕著。ワースト記録にて 唐沢鉱泉分岐点に到着。
2020年07月19日 10:41撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体力の低下は顕著。ワースト記録にて 唐沢鉱泉分岐点に到着。
4
第一展望台直下からの赤岳。
2020年07月19日 11:13撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台直下からの赤岳。
24
西天狗岳をズーム。
2020年07月19日 11:13撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳をズーム。
18
足元にはハナニガナ。
2020年07月19日 11:14撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にはハナニガナ。
14
小休止を終え 天狗を目指します。
2020年07月19日 11:20撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休止を終え 天狗を目指します。
6
終盤のゴゼンタチバナ。
2020年07月19日 11:25撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終盤のゴゼンタチバナ。
13
第二展望台付近からの眺望。
2020年07月19日 11:44撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台付近からの眺望。
16
高度が上がり 阿弥陀岳も見えています。
2020年07月19日 11:44撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が上がり 阿弥陀岳も見えています。
20
花の少ないルートながら キバナノコマノツメ。
2020年07月19日 11:47撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の少ないルートながら キバナノコマノツメ。
21
コイワカガミは最終版。
2020年07月19日 12:03撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワカガミは最終版。
13
西天狗岳への岩場に取り付きました。
2020年07月19日 12:04撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳への岩場に取り付きました。
9
大きな葉のミヤマダイコンソウ。
2020年07月19日 12:13撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな葉のミヤマダイコンソウ。
16
硫黄岳が目立ってきました。
2020年07月19日 12:18撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳が目立ってきました。
17
歩いてきたルートを振り返ります。
2020年07月19日 12:18撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきたルートを振り返ります。
8
ようやくの西天狗岳。何度も登ってきた中で 一番疲れたかも。体力低下の元凶である 長かった自粛生活が恨めしや(涙)
2020年07月19日 12:22撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくの西天狗岳。何度も登ってきた中で 一番疲れたかも。体力低下の元凶である 長かった自粛生活が恨めしや(涙)
31
【二等三角点】
点名:東岳
標高:2646.0m
2020年07月19日 12:22撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【二等三角点】
点名:東岳
標高:2646.0m
13
ピークは人が多いので 少し戻って花散策を開始。
2020年07月19日 12:30撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークは人が多いので 少し戻って花散策を開始。
19
しかし あまり咲いておらず 辛うじてコケモモ。
2020年07月19日 12:35撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし あまり咲いておらず 辛うじてコケモモ。
27
花は諦めて 軽食を摂りながら お馴染みの景色を堪能。
2020年07月19日 12:43撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花は諦めて 軽食を摂りながら お馴染みの景色を堪能。
11
雲は遠慮なく増殖中。
2020年07月19日 12:43撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は遠慮なく増殖中。
5
休憩後に西天狗を下ってきました。これより東天狗に登り返します。
2020年07月19日 12:50撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後に西天狗を下ってきました。これより東天狗に登り返します。
16
東天狗岳に到着。人が多いので 撮影だけにしておきます。
2020年07月19日 12:57撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳に到着。人が多いので 撮影だけにしておきます。
39
先程まで滞在していた西天狗岳。
2020年07月19日 12:57撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程まで滞在していた西天狗岳。
15
目立つ天狗の鼻。
2020年07月19日 12:57撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目立つ天狗の鼻。
10
その先には ニュウや稲子岳。
2020年07月19日 12:58撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先には ニュウや稲子岳。
13
ズームで硫黄岳。
2020年07月19日 12:59撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームで硫黄岳。
16
同じく 赤岳・中岳・阿弥陀岳。本来ならば あちらに行きたかったのですが 如何せん時間不足です。
2020年07月19日 12:59撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく 赤岳・中岳・阿弥陀岳。本来ならば あちらに行きたかったのですが 如何せん時間不足です。
17
山座同定しようにも 稜線は雲の中。
2020年07月19日 13:00撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山座同定しようにも 稜線は雲の中。
5
さて 下りますか。
2020年07月19日 13:01撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて 下りますか。
6
天狗の奥庭経由を選択。
2020年07月19日 13:09撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭経由を選択。
7
これから辿るルートが 一目稜線です。彼方には 蓼科山も見えますね。
2020年07月19日 13:10撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから辿るルートが 一目稜線です。彼方には 蓼科山も見えますね。
9
天狗の奥庭上に到着。
2020年07月19日 13:28撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭上に到着。
4
そのまま下ります。
2020年07月19日 13:29撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま下ります。
6
カッコイイ奇岩。
2020年07月19日 13:30撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコイイ奇岩。
12
通り過ぎてから振り向けば お約束の天狗岳。
2020年07月19日 13:32撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通り過ぎてから振り向けば お約束の天狗岳。
5
すりばち池に着きました。
2020年07月19日 13:40撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すりばち池に着きました。
11
東西天狗が綺麗に見えます。
2020年07月19日 13:44撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東西天狗が綺麗に見えます。
17
眼下には黒百合ヒュッテ。
2020年07月19日 13:47撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には黒百合ヒュッテ。
10
5分と掛からず ヒュッテに到着です。
2020年07月19日 13:51撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分と掛からず ヒュッテに到着です。
9
近くに咲いていたヨツバシオガマ。
2020年07月19日 14:03撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くに咲いていたヨツバシオガマ。
20
休憩後に 分岐まで下って来ました。唐沢鉱泉を目指します。
2020年07月19日 14:35撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後に 分岐まで下って来ました。唐沢鉱泉を目指します。
4
硬い岩場地帯を抜け 苔むした癒しの小径を進みます。
2020年07月19日 14:44撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硬い岩場地帯を抜け 苔むした癒しの小径を進みます。
7
唐沢の水音が近づき林道区間になれば 短時間で唐沢鉱泉となります。帰宅時間が迫るので 入浴せずに車に戻ります。
2020年07月19日 15:15撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢の水音が近づき林道区間になれば 短時間で唐沢鉱泉となります。帰宅時間が迫るので 入浴せずに車に戻ります。
5
路肩にキバナヤマオダマキ。歩き慣れたお山であり 短い行程なので物足らなさも感じますが 現在の体力では丁度良かったりします(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路肩にキバナヤマオダマキ。歩き慣れたお山であり 短い行程なので物足らなさも感じますが 現在の体力では丁度良かったりします(笑)
27
◇◆オマケ◆◇
淡白な登山内容でしたので オマケを少々。天候不順で出歩けない週末が続いていますが 水辺の生き物狙いで歩き夏鳥のササゴイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
淡白な登山内容でしたので オマケを少々。天候不順で出歩けない週末が続いていますが 水辺の生き物狙いで歩き夏鳥のササゴイ。
21
◇◆オマケ◆◇
近くでは オオヨシキリの♂が縄張り宣言中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
近くでは オオヨシキリの♂が縄張り宣言中。
33
◇◆オマケ◆◇
アオサギの飛翔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
アオサギの飛翔。
28
◇◆オマケ◆◇
佇むチュウサギ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
佇むチュウサギ。
25
◇◆オマケ◆◇
着陸態勢のダイサギ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
着陸態勢のダイサギ。
29
◇◆オマケ◆◇
オレンジのフェイスマスクを装着したバン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
オレンジのフェイスマスクを装着したバン。
13
◇◆オマケ◆◇
ハッチョウトンボの♂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
ハッチョウトンボの♂
17
◇◆オマケ◆◇
ハッチョウトンボの♀
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
ハッチョウトンボの♀
11
◇◆オマケ◆◇
ハッチョウトンボの周囲では ネジバナの群落。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
ハッチョウトンボの周囲では ネジバナの群落。
18
◇◆オマケ◆◇
6月から咲いているシライトソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
6月から咲いているシライトソウ。
15
◇◆オマケ◆◇
華やぐシナノナデシコ。休日でも短時間しか出掛けられない現状ですが また夏山を堪能したいものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆オマケ◆◇
華やぐシナノナデシコ。休日でも短時間しか出掛けられない現状ですが また夏山を堪能したいものです。
22
◇◆お知らせ◆◇
お馴染みHappiさんのお店に、魅力的な商品が加わりました!八ヶ岳の鳥瞰マップとなります。
https://atelier-chikz.com/photo/album/947234
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆お知らせ◆◇
お馴染みHappiさんのお店に、魅力的な商品が加わりました!八ヶ岳の鳥瞰マップとなります。
https://atelier-chikz.com/photo/album/947234
15

感想/記録

一ヶ月前に登山の再開宣言をしたものの、雨天や地区行事に阻まれての頓挫続き。やっと歩ける週末となりましたが、相変わらず時間の制約がつきまとい、自宅から出られるのは8:30〜17:00の間となります。この条件ですと、ベストは中央アルプス。ただ、現在は麓から登る体力はありませんので、選択肢から除外。森林限界の雰囲気を味わいたいので、自ずと八ヶ岳となりましたが、本命の南八ヶ岳は時間の制約で無理。結局、いつもの天狗岳と相成りました。

満車の駐車場を横目に歩き出します。ブランクで地に落ちた体力に呆れつつ、いつもより急登に感じられる西尾根を登ります。時間が遅いので下山者が多く、西天狗までに18名とスライド。その都度マスクを装着するので酸欠に喘ぎ、体力消耗に拍車が掛かります。でも、感染者が激増している昨今、クマより人間の方が怖いですからね(苦笑)
天狗岳の両ピークは盛況状態。皆さん、解放感から弾けている方が多かったので、群れから離れて根暗君に成りきっておりました。でも、見慣れた景色ながら高山帯の眺めは素晴らしく、少しも寂しくないわ〜♪(笑)
帰宅時間が迫りますので、天狗の奥庭経由で下山開始。こちらのルートは久々ですので、奇岩を眺めながら楽しく歩けました。黒百合ヒュッテも盛況で何よりです!私は、WC料金だけを支払い、そそくさとお暇しましたが...。コロナ騒動が収まったら、散財に伺いますので!
下り一辺倒のルートに助けられ、想定時間内に下山完了。定められた時間を謳歌し、無事帰宅出来ました。

全盛期より2割程度歩力が落ちていますので、夏山の計画は見直さざるを得ません。まあ、どちらにせよ、遠征が無理な家庭事情はついて回りますけど...。それでも、雨ニモマケズ・コロナニモマケズ・時間制約ニモマケズ、ひたすら高山のピークを目指す稜線トラベラーに、ワタシハナリタイ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:733人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ