また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2447792 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

燕岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月22日(水) ~ 2020年07月23日(木)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目 曇り時々霧
2日目 雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間31分
休憩
2時間29分
合計
7時間0分
Sスタート地点08:0008:12中房温泉登山口08:2208:50第1ベンチ09:0409:36第2ベンチ09:3610:13第3ベンチ10:1410:44富士見ベンチ10:5211:16合戦小屋11:3611:51合戦山11:5112:17ベンチ12:1812:30燕山荘13:3013:42いるか岩13:4314:01めがね岩14:0114:08燕岳14:4214:48めがね岩14:5014:59いるか岩15:0015:04燕山荘
2日目
山行
2時間33分
休憩
20分
合計
2時間53分
燕山荘06:3606:44ベンチ06:4406:59合戦山06:5907:08合戦小屋07:2407:41富士見ベンチ07:4108:06第3ベンチ08:0708:30第2ベンチ08:3108:47第1ベンチ08:4909:14中房温泉登山口09:1409:29有明荘09:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下山時は雨だったか、滑りやすい場所は限定的
その他周辺情報登山口近くに有明荘あり

写真

登山口
この時が一番晴れていた
2020年07月22日 08:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
この時が一番晴れていた
3
道中は霧が立ち込めることがしばしば
2020年07月22日 09:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中は霧が立ち込めることがしばしば
合戦小屋
スイカが甘い!普段食べるスイカの中でも甘い部類に入る。
2020年07月22日 11:35撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋
スイカが甘い!普段食べるスイカの中でも甘い部類に入る。
3
合戦小屋から燕山荘へはラストスパート
一番緩やかな区間
2020年07月22日 11:35撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋から燕山荘へはラストスパート
一番緩やかな区間
1
燕山荘が見えてきた!
天空の城になりかけている
2020年07月22日 12:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘が見えてきた!
天空の城になりかけている
1
昼食のビーフシチューセット
うまい!もっと食べたい。
2020年07月22日 12:50撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食のビーフシチューセット
うまい!もっと食べたい。
5
燕山荘からの燕岳山頂方向
この日の午後は霧で見える時間は限られた
朝ほどよく晴れたようだ
2020年07月22日 13:30撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘からの燕岳山頂方向
この日の午後は霧で見える時間は限られた
朝ほどよく晴れたようだ
4
裏銀座方向
こちらも霧が立ち込める
2020年07月22日 13:33撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏銀座方向
こちらも霧が立ち込める
1
コマクサの群生
可愛らしい
2020年07月22日 13:39撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサの群生
可愛らしい
5
燕岳までの途中から燕山荘方向
2020年07月22日 13:42撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳までの途中から燕山荘方向
1
イルカ岩
晴れていたらなと思ってしまう
2020年07月22日 13:43撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イルカ岩
晴れていたらなと思ってしまう
5
霧が晴れてきた
2020年07月22日 13:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が晴れてきた
3
鈴鹿の山を彷彿とさせる、花崗岩帯
2020年07月22日 14:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿の山を彷彿とさせる、花崗岩帯
2
ハイマツ帯が広がる
2020年07月22日 14:24撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯が広がる
1
おっと、雷鳥の親子たち
メスと子ども4羽
人間を恐れず、全然逃げない
2020年07月22日 14:27撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、雷鳥の親子たち
メスと子ども4羽
人間を恐れず、全然逃げない
3
同じ大人のメス単独で撮影
子どもたちを見届けている。
2020年07月22日 14:31撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ大人のメス単独で撮影
子どもたちを見届けている。
3
燕山荘に戻って、生ビールを一杯。連れはケーキセット。
なんとも贅沢な時間である。
2020年07月22日 15:08撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘に戻って、生ビールを一杯。連れはケーキセット。
なんとも贅沢な時間である。
5
山小屋のベンチでまったりしていたら、今度はオスの雷鳥がやってきた。
2020年07月22日 16:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋のベンチでまったりしていたら、今度はオスの雷鳥がやってきた。
4
夕飯を食べて、そろそろ寝ようと、窓越しに外を見ると、このタイミングで、霧が晴れた!急ぎ外に出て撮影。
すくガスが湧いて来たので、ほんの10分ほどのショータイムだった。
2020年07月22日 19:08撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯を食べて、そろそろ寝ようと、窓越しに外を見ると、このタイミングで、霧が晴れた!急ぎ外に出て撮影。
すくガスが湧いて来たので、ほんの10分ほどのショータイムだった。
3
夕陽を背景にした、燕岳
なんとも幻想的な風景
2020年07月22日 19:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽を背景にした、燕岳
なんとも幻想的な風景
4
有明荘での昼食
山賊焼丼アタマ大盛ご飯大盛
心身共に満たされた
2020年07月23日 11:08撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有明荘での昼食
山賊焼丼アタマ大盛ご飯大盛
心身共に満たされた
5

感想/記録
by taku83

初の北アルプス泊登山。コロナで不安もあったが、個室を取ったことと、天候が良くないことで人出が少ないと自己判断ではあるが、納得して決行した。

7時頃到着で駐車場は第3駐車場に停めることに。昨日も雨、明日も雨予報でも、これだけの人手に驚く。登山口では体温測定とコロナに対する心構えの説明を受ける。事前に燕山荘ではマスク着用はもちろん、シュラフなどの持ち込みを指示する徹底ぶりであった。

道中はかなり整備されていて、関係者の尽力には頭が上がらない。霧がかかり展望はなし。合戦小屋のスイカは絶品だった。

燕山荘が見えて来ても、霧は晴れないが、小屋まで来ると、時間によっては裏銀座や燕岳が一部見えたり、隠れたり。燕山荘と燕岳山頂間ではコマクサが見事に咲き誇っていた。山頂に着くと雷鳥の親子を発見。全然、人間を気にしていないので、たっぷり撮影させてもらい、可愛らしいさにうっとりする。燕山荘のベンチでも雷鳥のオスや別の親子を発見し、雷鳥の身近さには驚いた。

就寝前の7時頃にようやく一瞬霧が晴れて、大パノラマと、幻想的な夕焼けをバックにした燕岳を楽しんだ。

下山日は残念ながら朝から雨だったので、早々に下山し、有明荘で汗を流し、昼食をとって無事帰宅した。

天気の良い日に大パノラマの中の生ビールと星空を楽しみたいという、宿題が出来た。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:367人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ