また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2455616 全員に公開 沢登り 道南

見市川から遊楽部岳(臼別川下降)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月24日(金) ~ 2020年07月25日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候7/24 ☀時々曇り
7/25 曇り
梅雨前線の北側の高圧部
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7/24:見市川入渓(13:00)→Co470上二股C1(17:00)
7/25:C1(5:15)→遊楽部岳(9:15〜45)→臼別頭(10:45)→臼別川下降→臼別温泉(18:30)

写真

見市川の河原
沢日和の蒸し暑さ
2020年07月24日 13:33撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見市川の河原
沢日和の蒸し暑さ
イワナ沢を過ぎた函
泳いでも寒くないので内部突破を試みる
最初の関門を泳ぎ、左岸岩棚の上に這い上がれるかが鍵だ。
我々はショルダーで。
2020年07月24日 13:44撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナ沢を過ぎた函
泳いでも寒くないので内部突破を試みる
最初の関門を泳ぎ、左岸岩棚の上に這い上がれるかが鍵だ。
我々はショルダーで。
最初の関門は突破できても、
最後の関門では泳力が試される。
泳力+全身ツッパリで行けるか?
我々は諦め、右岸を小さく捲いた。
2020年07月24日 14:35撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の関門は突破できても、
最後の関門では泳力が試される。
泳力+全身ツッパリで行けるか?
我々は諦め、右岸を小さく捲いた。
上二俣手前の地滑り
2020年07月24日 16:46撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上二俣手前の地滑り
Co470上二俣のやや上流に泊まる。
2020年07月24日 19:23撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co470上二俣のやや上流に泊まる。
見市川上流部の滝
左岸小さく捲く
2020年07月25日 05:35撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見市川上流部の滝
左岸小さく捲く
見市川上流部の滝
右岸コンタクト部分を登る
2020年07月25日 05:43撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見市川上流部の滝
右岸コンタクト部分を登る
頂上(最高点)は看板がなければ気付かず。
2020年07月25日 09:17撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上(最高点)は看板がなければ気付かず。
臼別頭が冴える
2020年07月25日 09:58撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼別頭が冴える
臼別頭過ぎたところから臼別川Co270に合流する支沢(中俣)を下降
2020年07月25日 12:42撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼別頭過ぎたところから臼別川Co270に合流する支沢(中俣)を下降
支沢から臼別川本流へ合流
2020年07月25日 15:31撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支沢から臼別川本流へ合流
函は泳ぎ下る
2020年07月25日 16:39撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
函は泳ぎ下る

感想/記録

久々綺麗で楽しめる沢に行こうと遊楽部へ。
沢日和で水も温く、下部の函は内部突破を試みる。
最初の関門を泳いで取付き、左岸岩棚の上へ這い上がれるかが鍵。
Co470の上二股に良い天場は無く、やや上流側の右岸に無理やり泊まる。
沢の中の焚火とゴロ寝は2年ぶり。
翌朝ガスの中、遊楽部岳の頂上へ。
三角点と最高点の中間付近に飛び出たが、藪漕ぎは楽ちん。
頂上はずっとガスの中だったが、それ以外は晴れていた。
夏道を臼別頭。こちらは西へ岩稜帯を従え、イカしたピークだ。
臼別川の下降は、Co270に合流する中俣?へ。
源頭の藪は叉蕁2爾襪砲眛餤靴垢襦
Co700〜800の間に10m〜20mのナメ滝が連続するが、ヌメっているので怖い。
10m位の段差を懸垂1回(ピンはピトン)。
それ以外、本流に合流するまでは特筆することもなく、ただただヌメって歩きにくい沢だ。キンドー氏はブヨにやられていつものように片目テーピング。
臼別川本流は所々出てくる函を全身洗浄で泳ぎ下った。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:176人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ