また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2471158 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

蛭ヶ岳 縦走(塔ノ岳・丹沢山・黍殻山・焼山)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【行き】
小田急 渋沢駅 8/2 0:50着
【帰り】
神奈川中央交通 焼山登山口バス停 16:38発−16:59 三ケ木着
神奈川中央王通 三ケ木 17:00発−17:25 相模湖駅着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間6分
休憩
1時間45分
合計
12時間51分
S渋沢駅03:3004:27大倉バス停05:00観音茶屋05:12大倉高原山の家05:22雑事場ノ平05:24見晴茶屋05:41一本松05:57駒止茶屋06:17堀山の家06:35天神尾根分岐07:02花立山荘07:14花立07:19金冷シ07:38塔ノ岳07:5408:15日高08:30竜ヶ馬場休憩所08:3208:39竜ヶ馬場08:51丹沢山08:5509:27不動ノ峰休憩所09:2909:37不動ノ峰09:46棚沢ノ頭10:00鬼ヶ岩ノ頭10:29蛭ヶ岳10:5111:38地蔵平道標11:46原小屋平12:02姫次12:0412:19八丁坂ノ頭12:33青根分岐12:3612:43大平分岐12:55黍殻山12:5713:22平丸分岐13:46焼山13:5215:24西野々バス停16:1016:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・焼山〜焼山登山口間の台風19号による崩落は、手つかずのまま放置、かなり危険。迂回ルートは見つかられなかったので、危なかった。
・ヤマビルの活動活発な時期で、下山後靴下をチェックしたら、10匹もへばりついていて、愕然とした。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 地図(地形図) ヘッドランプ 筆記用具 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル
備考 ヤマビル撃退スプレーを持っていけばよかった

写真

夜明けの大倉ビジターセンター
2020年08月02日 04:27撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明けの大倉ビジターセンター
1
見晴らし茶屋を通過
2020年08月02日 05:24撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし茶屋を通過
登山道からの景色
2020年08月02日 05:24撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道からの景色
1
登山道からの、この日の初日の出は、5:43でした。
2020年08月02日 05:43撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道からの、この日の初日の出は、5:43でした。
2
駒止茶屋を通過
2020年08月02日 05:57撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒止茶屋を通過
木道の風景
2020年08月02日 06:37撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道の風景
1
大倉から、約3時間10分で、塔ノ岳山頂到達。
今期初登山の体力無い中、まあまあだと思う。
2020年08月02日 07:38撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉から、約3時間10分で、塔ノ岳山頂到達。
今期初登山の体力無い中、まあまあだと思う。
3
丹沢山到着
2020年08月02日 08:51撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山到着
2
丹沢山到着
2020年08月02日 08:51撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山到着
2
不動の峰休憩舎
2020年08月02日 09:29撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動の峰休憩舎
1
蛭ヶ岳が見えてきた
2020年08月02日 10:00撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳が見えてきた
1
蛭ヶ岳山荘到着
2020年08月02日 10:29撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘到着
2
蛭ヶ岳山頂到着
2020年08月02日 10:31撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂到着
4
黍殻山到着
2020年08月02日 12:55撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黍殻山到着
1
焼山山頂の案内板
2020年08月02日 13:46撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山山頂の案内板
崩落斜面の通過後
2020年08月02日 14:38撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落斜面の通過後
かなり下りて来て林道からの分岐点
2020年08月02日 15:15撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり下りて来て林道からの分岐点
1
動物避けの柵、開けることができなかったので、横から通過
2020年08月02日 15:20撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物避けの柵、開けることができなかったので、横から通過
1
諏訪神社に到着
無事でなによりでした
2020年08月02日 16:21撮影 by VPA051, VAIO Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪神社に到着
無事でなによりでした
1

感想/記録
by mit7

 都内から日帰りで蛭ヶ岳と縦走をしたかったが、自身の体力を考慮すると、始発では難しいと判断、前日の小田急最終電車で渋沢駅00:50に到着して、2時間半改札前のベンチで体を休めてから、3時半に渋沢駅を徒歩で出発することにした。
 やっと梅雨が明け、今期初登山ということで、体力が無く、蛭ヶ岳到着直前は、もう体が動かなかったが、無事に焼山まで縦走することができた。

 平丸分岐点から先は、昨年までは崩落のため通行できないというのを知っていたが、蛭ヶ岳から平丸分岐点に到着するまで、注意深く標識をチェックしていたが、焼山から先通行不可の表示等がなく、平丸分岐点をそのまま直進し、東海自然歩道の道どおりに下山することにした。

 しかし、焼山から先、西野々へ降りる途中の土砂崩落現場に遭遇、滑れば簡単に50mは落ちていくだろう急斜面に、ゆるゆるの土、手に取る木などがほぼない状況で、かなりの緊張と、本能的に足がすくみながら、崩落斜面を横切ったが、危険きわまりなかったと、反省です。
 縦走でヘタリ切った最後に、平丸分岐まで約400mも登り直す体力も無く、バスの時間もあり、滑落せず無事通過できた事を、神に感謝する次第であります。

 西野々バス停に到着後、この長距離縦走を、怪我なく無事にゴールしてホッとしながら、なんとなく靴を脱いでみると、ヤマビルが何匹もへっついてるではないか!
 両足の靴下から、剥がすだけで一苦労、大きなヒルから、小さなヒルまで、すべて剥がし終わった後、数えてみたら10匹だった。
 ぞっとしながら、ベンチ横に備え付けてあった、ヤマビル撃退スプレーで、すべて処分したが、靴下以外にも、上着などの中にもいるのではないか、とかなり弱気モードになってしまった。
 幸い、靴下以外の上の部分には、ヤマビルはいなかった。へっついていた10匹の内、一カ所1匹は、靴下の内部に到達し、かなり血を吸われ、出血が止まらなかった。
 自宅へ帰り、消毒すると、やっと止血できたが、これからヤマビルの恐怖におびえながらの登山となるだろう。
 これまでの登山経験の中で、ヤマビル被害は皆無だったので、夏の季節の低山登山には、十分注意して行こうと思った。
 ヤマビル対策なんて考えた事もなかったので、ゴールまで、靴の中を見ることもなかったので、見事にやられました。
 今回も「当日の天候が晴れなら、基本ヤマビルは大丈夫」と、雨が降っていなければ、問題ないと思い込んでいたのだが、今後は要注意です。

 ということで、登るには結構遠い、神奈川県最高峰の蛭ヶ岳登頂と、丹沢山系縦走ができたのは嬉しかったが、ヤマビルのショックと、崩落斜面通過の危険の反省が、心から消えず、帰りの電車では、すっきり感がなかった今回の山行でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:289人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ