また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2480498 全員に公開 ハイキング 積丹・ニセコ・羊蹄山

羊蹄山(真狩コース)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候雨は降らないとの予報が外れ早朝から雨。6号目あたりで雨が止み(雲の上に出た?)、以降曇りで時々日が差す。
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間16分
休憩
28分
合計
6時間44分
Sスタート地点03:5003:58真狩コース登山口03:5804:22南コブ分岐04:2205:37真狩コース六合目05:4006:22真狩コース九合目06:2306:34真狩コース下山口06:3807:09喜茂別コース下山口07:0907:11羊蹄山07:1407:18真狩岳07:2107:22京極ルート分岐07:2207:27京極コース下山口07:3107:42子釜07:4307:49旧羊蹄小屋跡07:5007:56真狩コース下山口08:0108:12真狩コース九合目08:1308:19羊蹄山避難小屋08:2508:31真狩コース九合目08:3109:09真狩コース六合目09:0910:16南コブ分岐10:1610:31真狩コース登山口10:3210:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
このところの雨のせいで登山道は全般的に滑りやすく、所々酷い泥んこ状態。下山時に登山靴は泥でぐちゃぐちゃに。

写真

日の出前に出発。
2020年08月08日 03:54撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前に出発。
1
登山届のポストあり。自分は事前にネットで提出済。
2020年08月08日 03:57撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届のポストあり。自分は事前にネットで提出済。
1
暗い中をヘッドランプで進みます。羊蹄山は水場がなくヒグマの繁殖地ではないので、真っ暗闇でも不安なし。
2020年08月08日 03:59撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗い中をヘッドランプで進みます。羊蹄山は水場がなくヒグマの繁殖地ではないので、真っ暗闇でも不安なし。
1号目。雨が降り出す。
2020年08月08日 04:09撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1号目。雨が降り出す。
コブ山分岐。
2020年08月08日 04:22撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブ山分岐。
雨が本降りになりこの辺で雨具着用。
2020年08月08日 04:31撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が本降りになりこの辺で雨具着用。
2号目半。ここだけ半がありました。
2020年08月08日 04:35撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2号目半。ここだけ半がありました。
ゴア製でも雨具はどうしても蒸れるので、大量に汗をかかないように雨が止んだ6号目くらいまでペースを抑えて歩きました。
2020年08月08日 04:44撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴア製でも雨具はどうしても蒸れるので、大量に汗をかかないように雨が止んだ6号目くらいまでペースを抑えて歩きました。
4号目。
2020年08月08日 05:01撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4号目。
5号目。気のせいか上空がやや明るくなってきた。雲を抜けることを期待して歩きます。
2020年08月08日 05:21撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5号目。気のせいか上空がやや明るくなってきた。雲を抜けることを期待して歩きます。
6号目。この少し手前で雨雲の上に出ました。雨が止んだので雨具を脱ぐ。
2020年08月08日 05:38撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6号目。この少し手前で雨雲の上に出ました。雨が止んだので雨具を脱ぐ。
6号目付近から。上方がぼんやり見えるようになる。
2020年08月08日 05:43撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6号目付近から。上方がぼんやり見えるようになる。
同じく6号目付近から。下界は厚い雲海。
2020年08月08日 05:50撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく6号目付近から。下界は厚い雲海。
1
6号目以降、次の号目の区間迄の距離が多少短くなったように感じたのは気のせいか?
2020年08月08日 05:56撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6号目以降、次の号目の区間迄の距離が多少短くなったように感じたのは気のせいか?
7号目から8号目も短く感じた。
2020年08月08日 06:07撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7号目から8号目も短く感じた。
8号目は最初少し高度を上げてから長いトラバースに入ります。
2020年08月08日 06:10撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8号目は最初少し高度を上げてから長いトラバースに入ります。
2
こんな感じの道がしばらく続く。
2020年08月08日 06:11撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの道がしばらく続く。
眺めを楽しみながらトラバース路を進む。
2020年08月08日 06:14撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めを楽しみながらトラバース路を進む。
9号目の避難小屋分岐地点。小屋には後で寄る事にして先に進む。この辺で風が強くなってきたので再び雨具着用。
2020年08月08日 06:22撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9号目の避難小屋分岐地点。小屋には後で寄る事にして先に進む。この辺で風が強くなってきたので再び雨具着用。
火口壁直下のミニ尾根上に出ました。
2020年08月08日 06:25撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口壁直下のミニ尾根上に出ました。
あの上が火口壁。最後の登り。
2020年08月08日 06:25撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの上が火口壁。最後の登り。
1
火口壁到着。反時計回りで山頂を目指します。
2020年08月08日 06:38撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口壁到着。反時計回りで山頂を目指します。
7時前は山頂周辺にガスはなくお鉢もよく見えました。
2020年08月08日 06:38撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時前は山頂周辺にガスはなくお鉢もよく見えました。
2
山頂まで岩場の歩き。
2020年08月08日 06:43撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで岩場の歩き。
半時計回りだと山頂まで歩きごたえのある岩場が続く。富士山や岩手山のお鉢回りとはかなり違います。難易度は高くないが注意は必要。
2020年08月08日 06:54撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半時計回りだと山頂まで歩きごたえのある岩場が続く。富士山や岩手山のお鉢回りとはかなり違います。難易度は高くないが注意は必要。
加茂別コース分岐。
2020年08月08日 07:10撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加茂別コース分岐。
山頂到着。駐車場から3時間ちょい。もっと楽な山と思っていたが結構登りごたえありました。最後の岩場歩きでそう感じたか?
2020年08月08日 07:12撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。駐車場から3時間ちょい。もっと楽な山と思っていたが結構登りごたえありました。最後の岩場歩きでそう感じたか?
3
風で寒いので早々に山頂を後に。山頂とそこの至るまでの岩場を振り返って撮影。
2020年08月08日 07:13撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風で寒いので早々に山頂を後に。山頂とそこの至るまでの岩場を振り返って撮影。
三角点は山頂から少し進んだ所にあります。
2020年08月08日 07:18撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は山頂から少し進んだ所にあります。
2
京極コース分岐。
2020年08月08日 07:19撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京極コース分岐。
下界がよく見えました。この辺りの岩を風よけにして食事休憩。
2020年08月08日 07:21撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界がよく見えました。この辺りの岩を風よけにして食事休憩。
15分程休憩してお鉢回り再開。三角点から残り半分は岩場もなくスイスイ進めます。
2020年08月08日 07:37撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分程休憩してお鉢回り再開。三角点から残り半分は岩場もなくスイスイ進めます。
この頃ガスが上がってきて山頂はガスの中に。
2020年08月08日 07:41撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃ガスが上がってきて山頂はガスの中に。
旧小屋跡に至る道周辺はお花畑。
2020年08月08日 07:49撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧小屋跡に至る道周辺はお花畑。
1
旧小屋跡。
2020年08月08日 07:50撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧小屋跡。
旧小屋跡から。300名山のニセコアンヌプリが雲から顔を出す。
2020年08月08日 07:51撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧小屋跡から。300名山のニセコアンヌプリが雲から顔を出す。
1
お鉢回りスタート地点に戻る。食事休憩含めて1時間以上かかりました。下山開始。
2020年08月08日 07:56撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢回りスタート地点に戻る。食事休憩含めて1時間以上かかりました。下山開始。
下山途中に避難小屋に寄りました。管理人さんが駐在されてました。
2020年08月08日 08:18撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中に避難小屋に寄りました。管理人さんが駐在されてました。
下山途中。ニセコ方面。
2020年08月08日 08:34撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中。ニセコ方面。
1
行きは真っ暗で気付きませんでしたが、高度低い辺りは白樺林でした。
2020年08月08日 10:09撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは真っ暗で気付きませんでしたが、高度低い辺りは白樺林でした。
1号目。下りは泥濘んだ登山道でこけないよう、気を使いながら慎重に歩きました。ここまで来て一安心。
2020年08月08日 10:22撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1号目。下りは泥濘んだ登山道でこけないよう、気を使いながら慎重に歩きました。ここまで来て一安心。
駐車場横の登山センター。中にはシャワーもありましたがコロナで使用中止になってました。
2020年08月08日 10:35撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場横の登山センター。中にはシャワーもありましたがコロナで使用中止になってました。
1
登山センターの入口横には登山者用の洗い場があります。泥濘んだ登山道歩きで、下山中に靴はドロドロになっていたので助かりました。
2020年08月08日 10:35撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山センターの入口横には登山者用の洗い場があります。泥濘んだ登山道歩きで、下山中に靴はドロドロになっていたので助かりました。
ずっと厚い雲に覆われていた羊蹄山が、一瞬姿を見せたので車を停めて撮影。肉眼で全容を見て登りごたえがあるのは当然だと思いました。
2020年08月08日 11:05撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと厚い雲に覆われていた羊蹄山が、一瞬姿を見せたので車を停めて撮影。肉眼で全容を見て登りごたえがあるのは当然だと思いました。
4

感想/記録
by 3cats

下山途中に避難小屋に寄ると管理人さんが一人駐在中。羊蹄山は独立峰としてはかなり難易度の高い山だと話されてました。山の形から蝦夷富士とも称されてますが、本家の富士山よりも登山口から山頂までの高低差は大きいと言われ、ヘーそうなんだと思いました。
下山後に調べてみると、本家の富士山は一番人気の吉田口だと5号目から山頂迄の標高差は1500m未満。一方羊蹄山の方は駐車場からの標高差は1500mを超えており、且つ登山道は岩や根っこで歩き難く細かいアップダウンもあります。管理人さんは彼のプライドとして、羊蹄山は難しい山なんだと言いたかったのでしょう。
富士山は直近では3年前に標高差1800mの須走口から登りましたが、須走口往復と比べても今回の羊蹄山の方が時間がかかりました。私の個人的な印象ですが、歩きごたえは羊蹄山の方があると感じました。
私は羊蹄山にお手軽登山のイメージを勝手に持ってましたが、実際には想像していたよりもずっとタフな山でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:272人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ