また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2512085 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

ハイマツを泳ぐ仁田岳南東尾根〜茶臼岳周回

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月17日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☀️
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マイカーで沼平ゲート手前Pまで。
駐車スペースは全部で3〜40台ぐらいでしょうかね。
無料。

畑薙ダムや臨時駐車場は今年は使えません。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
13:07
距離
28.9 km
登り
2,874 m
下り
2,876 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間55分
休憩
2時間12分
合計
13時間7分
Sスタート地点05:4405:48畑薙第1ダム05:5006:12大根沢山登山口06:1306:17信濃俣大吊橋下降点06:23信濃俣大吊橋07:331485m標高点07:3708:061674m標高点08:0908:36土平(三等三角点)08:4209:45大斧沢ノ頭09:5010:092068m標高点10:462243m標高点10:5211:372429m標高点12:37仁田岳12:4712:52希望峰13:18希望峰13:2113:35仁田池13:3713:53茶臼岳14:0614:14茶臼小屋15:2016:18横窪沢小屋16:2317:03ウソッコ沢避難小屋17:50ヤレヤレ峠17:5318:13畑薙大吊橋18:1618:47畑薙ダムゲート前18:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<沼平〜大斧沢ノ頭>
畑薙第一ダムの脇、信濃俣林道を行き、林道脇からつり橋に取り付く。
橋をわたると尾根の先端に出ます。
左右に巻き道がついててそこから尾根に乗ります。
自分は左側から登りましたがどうも右からが正解っぽい。
しばらく急な尾根が続きますが林業の作業道が付いているのでそれを所々利用しながらジグザグに尾根を進んでゆきました。
植林帯が終わると最初の1485ピーク。
進路を西寄りに変えて尾根を進みます。崩落地の淵などを歩くところが一部ありますが基本的に緩やかな尾根歩きこの辺の尾根は好きな雰囲気で快適でした。
1876の三角点から先の尾根は急下降。
仁田河内沢側の枝尾根に間違って入ってしまい、崩落地をトラバースして復帰。
しばらく痩せ尾根のアップダウンがあり、広い尾根に乗ったら進路をやや北寄り変えしばらく歩いたら大斧沢ノ頭です。

<大斧沢ノ頭〜仁田岳>
核心部はここから。
ルート自体は尾根をまっすぐ進む感じですがシラビソの幼木、ハイマツ、倒木等の混ざったブッシュに突入して行きます。
その後立ち枯れなどのある明るい森に出て樹林帯を抜けるとハイマツ帯。
目の前に仁田岳が聳え立ちます。
傾斜はないですが腰ぐらいから背丈ぐらいのハイマツの中を歩きます。
距離はそれほどないのでちょっと頑張ればOK
一旦樹林帯に入り、そこを抜けると最後の登り。
左右から巻きながら登るっていう記録が多いですが、巻いた分藪漕ぎの距離が長くなるだけだろうと真ん中を一直線に登りました。
かなり密なブッシュで全然進みませんでした。ハイマツ、シラビソ,シャクナゲなどの混合。
頭上が開け稜線に出てハイマツの背が低くなったら山頂はすぐです。
この時期は枯れ木がなく木々が元気で大変でした。


<仁田岳〜茶臼岳〜沼平>
一般登山道です。
仁田岳〜茶臼岳間は一部木道なども敷かれアップダウンも少なくとても気持ちよく歩ける登山道。茶臼岳か茶臼小屋までは非常に景色の良い稜線を歩き縦走路との分岐を右に曲がって降りてゆきます。
茶臼小屋は避難小屋として一部開放。
水場、旧トイレが使えます。
茶臼小屋からは急な尾根の下りで横窪沢小屋まで。
横窪沢小屋からウソッコの沢避難小屋までも激下り。
つり橋が五本かかっていますが一号、三号、五号は台風?豪雨?で流されてしまって丸太の橋が代わりにかけてあります。そういった部分と崩落地が以前と少しだけ道が付け変わっていますがしっかりと整備されており安心して歩けます。
ウソッコ沢小屋の少し先にある水場は豊富に水が取れます。
沢沿いから最後に登り返しがあってヤレヤレの峠。
畑薙大吊橋を渡れば沼平のゲートまでは林道歩きです。

※林道は畑薙大吊橋より先は歩行者も通行禁止になっています。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ テントマット ロープ カラビナ スリング
備考 水(水1Lスポーツドリンク600ml,500ml,ゼリー×2)は今回は茶臼小屋の水場が使えると分かっていた為登りで使う分+αで約2,5L
 
茶臼小屋で1L補給
ウソッコ下水場で500ml補給

トータル4L使用。
だいたい夏山で少し長めのルートだといつもこれぐらいが目安。

写真

駐車場にはちょうど出発する人が自分を入れて三名。
それぞれ目指す頂きは違います。
では出発します。
2020年08月17日 05:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にはちょうど出発する人が自分を入れて三名。
それぞれ目指す頂きは違います。
では出発します。
ダムを渡り林道へ
2020年08月17日 05:49撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムを渡り林道へ
2
林道脇から下降してつり橋に向かいます。
2020年08月17日 05:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇から下降してつり橋に向かいます。
1
信濃俣つり橋
2020年08月17日 05:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信濃俣つり橋
3
細いし揺れる。
所々橋板もズレてたり...
2020年08月17日 05:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細いし揺れる。
所々橋板もズレてたり...
1
何ちゃんかな?
2020年08月17日 06:28撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何ちゃんかな?
1
最初のうちは作業道が尾根のトップから左右にトラバース気味に付いてます。
利用しながらジグザグに尾根を登る
2020年08月17日 06:39撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のうちは作業道が尾根のトップから左右にトラバース気味に付いてます。
利用しながらジグザグに尾根を登る
割と平和な道
2020年08月17日 05:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割と平和な道
でっかいなぁ〜
2020年08月17日 07:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でっかいなぁ〜
1
1876の三角点
2020年08月17日 08:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1876の三角点
2
作戦会議
2020年08月17日 08:40撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作戦会議
4
1876の先は尾根が急下降。
結構崖みたいなとこ下ります
2020年08月17日 08:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1876の先は尾根が急下降。
結構崖みたいなとこ下ります
1
下降する尾根を間違えてしまい崩落地を通過して復帰
2020年08月17日 08:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降する尾根を間違えてしまい崩落地を通過して復帰
1
マルバダのお花畑
2020年08月17日 09:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダのお花畑
1
マルバダケブキ
2020年08月17日 09:22撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ
2
凍ったのを食料と一緒に保冷して来ました。冷たい飲み物美味いわぁ
2020年08月17日 09:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍ったのを食料と一緒に保冷して来ました。冷たい飲み物美味いわぁ
3
綺麗な樹林帯
2020年08月17日 09:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な樹林帯
1
このルート上で見た数少ないリボン
2020年08月17日 09:49撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルート上で見た数少ないリボン
立派な山容
2020年08月17日 09:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な山容
1
富士山も見えてますね🗻
2020年08月17日 10:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見えてますね🗻
3
シラビソの幼木やらハイマツやらのブッシュに突入して行きます
2020年08月17日 10:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソの幼木やらハイマツやらのブッシュに突入して行きます
1
ちょっと開放感
2020年08月17日 10:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと開放感
2
さてクライマックス。
仁田岳がラスボス感出してますね
2020年08月17日 11:41撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてクライマックス。
仁田岳がラスボス感出してますね
5
この時期はハイマツめっちゃ青々して元気なんですけど...
腰上〜自分の背丈を越えるぐらい。
2020年08月17日 11:41撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期はハイマツめっちゃ青々して元気なんですけど...
腰上〜自分の背丈を越えるぐらい。
2
巻かずに男は黙って直進!
猛烈なブッシュでした。
2020年08月17日 11:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻かずに男は黙って直進!
猛烈なブッシュでした。
4
バテた
2020年08月17日 12:35撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バテた
3
深南部の山々いいねぇ
2020年08月17日 11:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深南部の山々いいねぇ
2
やっほ〜🎵
2020年08月17日 12:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっほ〜🎵
3
仁田岳はすご〜く久しぶり
2020年08月17日 12:45撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田岳はすご〜く久しぶり
6
聖、上河内、茶臼
2020年08月17日 12:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖、上河内、茶臼
1
特に希望は見出だせない希望峰
2020年08月17日 13:03撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に希望は見出だせない希望峰
4
軽身でちょっと光方面へ
2020年08月17日 13:04撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽身でちょっと光方面へ
2
ここ好きなんだよねぇ
2020年08月17日 12:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ好きなんだよねぇ
3
茶臼岳へ向かう
2020年08月17日 13:24撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳へ向かう
1
やっほ〜🎵
2020年08月17日 13:59撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっほ〜🎵
6
何回目だろ?
雪の時期ばっかで夏山で晴れてるの初かも?
2020年08月17日 13:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何回目だろ?
雪の時期ばっかで夏山で晴れてるの初かも?
5
お昼。
渾身の野菜ラーメンチャーシュー煮卵乗せの写真がないっ!
2020年08月17日 13:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼。
渾身の野菜ラーメンチャーシュー煮卵乗せの写真がないっ!
1
大好きな上河内岳。
美しい
2020年08月17日 13:53撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな上河内岳。
美しい
3
聖岳とお隣兎岳
2020年08月17日 14:00撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳とお隣兎岳
2
景色を堪能。
2020年08月17日 14:12撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色を堪能。
3
茶臼岳を振り返る。
いい山よね。
2020年08月17日 13:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳を振り返る。
いい山よね。
3
好立地の臼小屋で一息つきます。
朝、駐車場でお会いした方がいました。
2020年08月17日 13:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
好立地の臼小屋で一息つきます。
朝、駐車場でお会いした方がいました。
水場はバッチリ。冷たくて美味しい〜🎵
2020年08月17日 14:43撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場はバッチリ。冷たくて美味しい〜🎵
2
花はトリカブトかマルバダばっか...
2020年08月17日 14:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花はトリカブトかマルバダばっか...
1
下り始めたら汗びっしょり。
少休憩
2020年08月17日 15:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めたら汗びっしょり。
少休憩
横窪沢小屋まで下りてきました。
2020年08月17日 15:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横窪沢小屋まで下りてきました。
5本あるつり橋は偶数の橋のみ生きてます。
第五は流されちゃってる
2020年08月17日 16:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5本あるつり橋は偶数の橋のみ生きてます。
第五は流されちゃってる
確かのこの滝の上に架かってたんじゃないっけかな。
2020年08月17日 16:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かのこの滝の上に架かってたんじゃないっけかな。
ウソッコ沢の避難小屋
2020年08月17日 16:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウソッコ沢の避難小屋
四号は生きてます
2020年08月17日 16:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四号は生きてます
水場もバッチリ。
ここで最後の給水
2020年08月17日 16:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場もバッチリ。
ここで最後の給水
1
沢沿いを歩きます
2020年08月17日 16:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いを歩きます
三号アウト
2020年08月17日 16:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三号アウト
二号は元気です。
2020年08月17日 16:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二号は元気です。
一号吊橋も完全に流されてます。
水の力はすごいね
2020年08月17日 16:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一号吊橋も完全に流されてます。
水の力はすごいね
ヤレヤレ回避で沢沿いを行こうかと思ったけど水がそこそこあったので諦めて登り返し。
やれやれ┐(´д`)┌
2020年08月17日 17:52撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤレヤレ回避で沢沿いを行こうかと思ったけど水がそこそこあったので諦めて登り返し。
やれやれ┐(´д`)┌
6
ここはもう完全にこの形で道になってますね
2020年08月17日 17:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはもう完全にこの形で道になってますね
2
畑薙大吊橋。
朝の橋に比べてなんと安心感のあることよ
2020年08月17日 18:12撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畑薙大吊橋。
朝の橋に比べてなんと安心感のあることよ
ゲートまで戻ってきました。
2020年08月17日 18:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートまで戻ってきました。
1
暮れてゆく
2020年08月17日 19:01撮影 by SH-04H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暮れてゆく

感想/記録

七月は長雨、お盆は少し休みがあったけど人が多く出ているので大きな山や遠くの山にはあまり向かわず。
夏山らしい夏山は行かずに今年は終わりかな?
なんて思ったりもしましたが日帰りで行けるそれほど遠くないところで夏山を満喫してきました。

遠出の時はなかなか寝る時間が取れないけどこの辺なら早起きすれば朝からしっかり登れる。
少しハードなところもあるから荷物はしっかりと。
上の水場が生きているとの事なので普段は夏このぐらいの難度の山だと4Lぐらい担ぎますが今回は2,5Lぐらいと若干軽量化で12埃紂

沼平の駐車場に五時過ぎに到着。
これから出発する方二名がいて少しおしゃべりしながら準備。
畑薙第一ダムを渡り、信濃俣林道を進みます。
林道の途中から下降して信濃俣吊橋。
この橋、結構高くて長い橋なんだけど橋板は片足の幅ぐらいしかなくて所々痛んでる。まぁまぁ揺れるし高いのダメな人は怖いだろうなぁ。。。

橋を渡り終え尾根の先端に出たら左右に巻き道がついててそこから尾根に乗ります。自分は左側から登りましたがどうも右からが正解っぽい。
しばらく急な尾根が続きますが林業の作業道が付いているのでそれを所々利用しながらジグザグに尾根を進んでゆきました。
植林帯が終わるとすぐに最初の1485ピーク。
進路を西寄りに変えて尾根を進みます。崩落地の淵などを歩くところが一部ありますが基本的に緩やかな尾根歩きこの辺の尾根は好きな雰囲気で快適でした。
1876の三角点で一息ついてその先は尾根の急下降。
仁田河内沢側の枝尾根に間違って入ってしまい、崩落地をトラバースして復帰。
しばらく痩せ尾根のアップダウンがあり、広い尾根に乗ったら進路をやや北寄りに変えるのですがここで少し先に進みすぎてしまいました。
広い尾根は油断ならないな。
しばらく歩いて大斧沢ノ頭です。

核心部はここから。
先ずはシラビソの等の幼木や倒木、ハイマツの混じったブッシュ。
そこを抜け、明るい森になってきたらいよいよ仁田岳が目の前にどーーんと姿を表します。
で、ハイマツの中に飛び込みます。
この時期は枯れているところもなく木々が元気で大変。隙間なくビッシリですね。
腰から場所によっては背丈ぐらいの中を進みますがほぼほぼハイマツの上を泳ぐ感じですね。
一旦ハイマツ帯を抜け樹林帯に入り、そこを抜けたら最後の登り。
いろいろ左右から巻きながら登ったりするみたいですがどうせ巻いても藪漕ぐ時間と距離が長くなるだけだろ。
漢は黙って直登!
って気合を入れてこの区間は全然進まない濃い藪漕ぎになりましたが頑張りましたよ。

稜線は素晴らしい景色。南アルプスの南部、富士山、深南部がぐるりと見渡せます。
穏やかな風もあって気持ちいい。少し休んで喜望峰へ、空身でちょっとだけ光方面を往復し、茶臼岳へ。

茶臼岳までの間の道は木道が敷かれ、目の前に茶臼岳、両側は緑に囲まれたこの辺りでも屈指の好ルート。仁田池を通り過ぎたらぐっと登って茶臼岳。
食事を摂って景色を眺め、登ってきた行程を思いながらのんびりと。

茶臼小屋まで下ってもう一回休憩。
朝、登山口でお話しした方が登ってきてたので談笑。
茶臼小屋は避難小屋として開放されていて、美味しい水も出ています。
ここで水を補給して下山に備えます。

下山路は普通の登山道ですがそこそこ長いし結構ガツンと下るんだよね。
小屋でのんびりした後は一気に下ります。
危険なところなんかはないけど結構頑張って登った後の急な下りは堪えるね。
標高下がるにつれ暑くて汗も出るし。
横窪沢小屋を通過しウソッコ沢小屋への激下り。
ウソッコ沢小屋手前からヤレヤレ峠手前までの間につり橋が5本ありますが三本は豪雨で流されてしまって丸太橋が代わりにかけてあります。
その辺りだけ部分的に以前とは違う道に付け替えられていますがしっかりと整備されていて歩きやすいです。
ヤレヤレ峠に登り返すのが嫌だったので沢を下って大井川を渡渉して林道へ戻ろうかと思ってたけど沢の水量もそこそこあったし大井川も渇水期よりは水がありそうなのであきらめて登り返し。
ヤレヤレ峠でヤレヤレして大つり橋を渡り、林道を歩いて終了。
あっ、因みに畑薙大吊橋より先は歩行者も通行禁止になってます。

一日面白いルートでガッツリ歩けて夏山気分もしっかり味わえて楽しかったなぁ。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:949人

コメント

素晴らしいトレイル
昨秋、光から信濃俣、大根沢歩いて俄然気になり始めた尾根です、仁田岳南東尾根。
南部らしさを凝縮したかのようなルートですね。
埼玉からだと登山口まで一日掛り、一泊してどこか併せ技にしてあるいてみたいです、来年になるだろうと思いますが。
詳細なレコありがとうございます。
2020/8/19 10:14
Re: 素晴らしいトレイル
tomhigさんこんにちは👋
静岡市内に住んでても畑薙までは遠く感じますから、他県からいらっしゃるとなかなか大変ですよね😅
この尾根、バリエーションとしては比較的歩きやすくて樹林帯の雰囲気が良いルートかと思います。核心部は最後の詰めの部分だけで慎重にルートを選べばもっと楽できるでしょうしね。
沢からも登れるし一般道との組み合わせも出来るし日程さえ取れれば選択肢はいろいろあるんじゃないかなぁ。
2020/8/19 15:00
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ