また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2539942 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

塩見岳 鳥倉臨時駐車場(仮称)往復 反省ばかり 

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月29日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇→晴 一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳥倉林道ゲートまでの道が法面崩落の為、
手前に臨時のゲートがありそちらの臨時駐車スペースに駐車
臨時ゲートから鳥倉林道ゲートまで約3km
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間20分
休憩
1時間23分
合計
15時間43分
Sスタート地点03:2903:41夕立神パノラマ公園04:04鳥倉林道ゲート(駐車場)04:0504:41鳥倉林道登山口04:4305:35豊口山のコル06:11ほとけの清水06:35塩川・鳥倉ルート合流点06:4306:57三伏峠小屋07:0607:21三伏山07:2508:10本谷山08:1309:46塩見小屋09:5711:09塩見岳11:11塩見岳東峰11:2611:31塩見岳12:20塩見小屋12:2514:48本谷山14:4915:33三伏山15:46三伏峠小屋16:0316:18塩川・鳥倉ルート合流点16:1916:37ほとけの清水16:4117:10豊口山のコル17:1117:47鳥倉林道登山口18:31鳥倉林道ゲート(駐車場)18:3218:53夕立神パノラマ公園19:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・途中 仮眠(失神)
・途中 雨宿り(立往生)
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特になし
■鳥倉駐車場〜鳥倉登山口 
・法面近くに落石の跡が多数あり、リスクオフの為にも法面から離れて歩くことをお勧めします。
■鳥倉登山口〜三伏(さんぷく)峠小屋 
・丸太の橋が随所にあり 雨天時は注意 若干細い場所あり
■塩見小屋〜塩見岳 
・岩場 先行者の落石に注意 また、石を落とさないように注意 

・三伏峠小屋 今年度休業
・塩見小屋 休業(避難小屋の機能はあり)
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

雨具は必ず持って山に行きましょう
(´・ω・`)
2020年08月29日 14:01撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨具は必ず持って山に行きましょう
(´・ω・`)
3

感想/記録
by uribou

以前から行きたかった、塩見岳。
日帰りでは折角の3000m峰がもったいないと、三連休で2日連続で
天気が良さそうな日をここ3年ぐらいずっと待っていましたが
なかなかチャンスが来ない状況でした。
今回はコロナ禍で人が少なそうな感じなので行こうかなぁと思いましたが
車が使えるか分からない状況だったので行くと決めたのは前日でした。
その為、準備不足で反省の多い登山でした。

反省点
1.前日の睡眠時間が短すぎた。
準備不足で金曜日の夜出るのが遅くなり、仮眠時間が取れずに
移動中に10分の仮眠を2回と登山口で仮眠30分のみでした。
途中、足が上がらなくなり意識も朦朧としてしまい、
とても山登りする状況ではありませんでした。
結局、登山口で妄想タイムを設けて14時間に及ぶ山行になり、鳥倉登山口には日没前に到着しましたが、駐車場に着くころには日が暮れてました。
2.事前の情報収集不足
駐車場が通行止めで手前より出発は理解してましたが、
登山口まであまりに遠すぎました。
距離をしっかりと把握していたら、小さい自転車は所有していませんが
多少無理しても普通の自転車を積んで行きました。
普段の鳥倉の駐車場からでも、自転車で鳥倉登山口まで自転車を使うメリットは十分あります。
※なお、車両進入禁止、事故があっても責任持ちませんと記載されている看板があります。
3.雨具を置いて来てしまった。
通常は、天気予報が腫晴れでも必ずザックに入れていた雨具を置いてきました。
累計獲得票今日距離が2600m近くある予定だったので軽量化したのが失敗の理由です。
雨に降られました。幸い小一時間程度で済みましたが良くない選択だったと思います。結局ごみ袋をかぶって山行をする羽目に、、、
4.水と食料が多すぎた
人によっては必要な量は異なると思いますが
最近、一人で山行することが少なく必要以上に水と食料を持参していまい
体力を消耗した感が否めませんでした。

本当にヘロヘロでした。

しかしながら、塩見岳は3000m峰だけあって
天気にある程度恵まれたので素晴らしい絶景が見れました。
満腹です。

禍福は糾える縄の如し。

出会った人 
鳥倉登山口→三伏峠小屋 前日三伏峠小屋でテント泊の人
本谷山→塩見小屋 前日三伏峠小屋でテント泊の人 塩見小屋で降りると言っていた
塩見小屋→塩見岳 男性2人組(鳥倉から)と男性3人組
塩見岳→塩見小屋 男性単独、男性と女性のパーティ
塩見小屋→本谷山 男性単独 縦走中の模様

合計 11名 ※私以外は、みなエキスパートクラス(´・ω・`)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:538人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ