また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2547047 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

蕨山 ~ 有間山(橋小屋ノ頭)鳥首峠 周回 名郷から

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月04日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、とても蒸し暑い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名郷駐車場 7:30 到着で 自分を含めて2台のみ
帰りに封筒がワイパーにはさまっているので、封筒に料金を入れて料金BOXへ支払います。平日500円、休日700円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
23分
合計
5時間6分
S名郷07:4809:45蕨山展望台10:0210:07蕨山10:0910:19逆川乗越10:2110:52橋小屋ノ頭11:06ヤシンタイの頭11:14しょうじくぼの頭11:21滝入ノ頭11:44鳥首峠11:4612:31鳥首峠方面登り口12:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
名郷から蕨山はとても整備された道で全く問題なし
蕨山から有間山へはしばらく気持ちのいい尾根道になるが、最後頂上へ登る上り坂がかなり急です。
有間山から鳥首峠へ向かう稜線はススキが背丈ほどになっている藪がかなりの頻度で出現するので、足元をよく見ながら進む必要があり。
その他周辺情報さわらびの湯

写真

7:30 名郷駐車場到着。2台のみ。
2020年09月04日 07:49撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:30 名郷駐車場到着。2台のみ。
3
蕨山へ向けて樹林帯をひたすら登ります。今日は無風で気温も高くこの登りがとてもきつく感じました。
2020年09月04日 08:30撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕨山へ向けて樹林帯をひたすら登ります。今日は無風で気温も高くこの登りがとてもきつく感じました。
ようやく、尾根に到着。ここで後から来た同年代のトレラン風のハイカーさんに抜かれました。颯爽と見えなくなってしまいました。さすが!
2020年09月04日 08:35撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、尾根に到着。ここで後から来た同年代のトレラン風のハイカーさんに抜かれました。颯爽と見えなくなってしまいました。さすが!
2
途中、木の間から若干の展望があります。おそらく、奥多摩方面。
2020年09月04日 08:42撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、木の間から若干の展望があります。おそらく、奥多摩方面。
1
蕨山手前の岩場。登りはロープの補助は要らない。
2020年09月04日 09:18撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕨山手前の岩場。登りはロープの補助は要らない。
1
蕨山への急登にめげそうになって、小休止すると上からドングリが落ちてきました。秋がもうすぐそこに来ていますね。山栗の実もあちこちに落ちていました。
2020年09月04日 09:32撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕨山への急登にめげそうになって、小休止すると上からドングリが落ちてきました。秋がもうすぐそこに来ていますね。山栗の実もあちこちに落ちていました。
2
ようやく、山頂へ到着。今日はここまでしんどかった。おにぎりを食べて休憩しました。今日の山頂は貸し切りでした。
2020年09月04日 09:45撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、山頂へ到着。今日はここまでしんどかった。おにぎりを食べて休憩しました。今日の山頂は貸し切りでした。
4
榛名、赤城山方面。うっすらとですが、赤城山が見えました。
今日は、眺望をあまり期待していなかったのでこれでも十分満足です。
2020年09月04日 09:48撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛名、赤城山方面。うっすらとですが、赤城山が見えました。
今日は、眺望をあまり期待していなかったのでこれでも十分満足です。
3
蕨山には3つの地点があるようです
1.ここが本当の原点 1033m
2.先ほど行った展望台は 1030m
3.左に200m行くと最高地点 1044m
だそうです。
2020年09月04日 10:05撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕨山には3つの地点があるようです
1.ここが本当の原点 1033m
2.先ほど行った展望台は 1030m
3.左に200m行くと最高地点 1044m
だそうです。
1
で、ここが最高点だそうです。朽ちかけの木標に1044mと書いていありました。
2020年09月04日 10:07撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、ここが最高点だそうです。朽ちかけの木標に1044mと書いていありました。
4
有間山に向けて尾根風が涼しい稜線をしばらく行きます。
2020年09月04日 10:11撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有間山に向けて尾根風が涼しい稜線をしばらく行きます。
途中、少し開けたところを経て、有間山山頂までは急登の連続です。
2020年09月04日 10:29撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、少し開けたところを経て、有間山山頂までは急登の連続です。
1
有間山山頂に到着。風が涼しくてとても気持ちがいい場所でした。しかし、残念なことに、山頂直下に誰かが飲みかけの水のペットボトルが投げ捨ててありました。せっかくのいい雰囲気が台無しなので、拾って帰りました。今日はひとついいことをした気持ちになります。
2020年09月04日 10:40撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有間山山頂に到着。風が涼しくてとても気持ちがいい場所でした。しかし、残念なことに、山頂直下に誰かが飲みかけの水のペットボトルが投げ捨ててありました。せっかくのいい雰囲気が台無しなので、拾って帰りました。今日はひとついいことをした気持ちになります。
5
鳥首峠への稜線にはシカよけと思われるネットがずーと張り巡らされています。谷からの風がずーと吹いていて、火照った身体を冷ましてくれます。
2020年09月04日 10:53撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥首峠への稜線にはシカよけと思われるネットがずーと張り巡らされています。谷からの風がずーと吹いていて、火照った身体を冷ましてくれます。
2
しばらく稜線を歩くと見晴らしのよい場所にでました。
そこからは秩父の両神山がとてもよく見えました。
今日一番の展望だったと思います。
2020年09月04日 11:09撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく稜線を歩くと見晴らしのよい場所にでました。
そこからは秩父の両神山がとてもよく見えました。
今日一番の展望だったと思います。
3
しょうじくぼの頭を通過
2020年09月04日 11:14撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しょうじくぼの頭を通過
歩いてきた有間山方面を振り返ります。
2020年09月04日 11:19撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた有間山方面を振り返ります。
2
滝入りの頭。なぜかここには立派な三角点がありました。
2020年09月04日 11:20撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝入りの頭。なぜかここには立派な三角点がありました。
途中鉄塔の下から、東京方面。新宿のビル群や、スカイツリーもうっすらですが、見えました。
東京をも眼下に見張らせるこんな近場にこのような自然があるという幸せを感じます。飯能最高ですね。
2020年09月04日 11:45撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中鉄塔の下から、東京方面。新宿のビル群や、スカイツリーもうっすらですが、見えました。
東京をも眼下に見張らせるこんな近場にこのような自然があるという幸せを感じます。飯能最高ですね。
鳥首峠まで来ました。後は白石集落跡を経由して名郷へ下ります。
電池切れで写真はありませんが、白石集落を過ぎて旧採掘場の建屋跡(道が石灰岩でごろごろしている場所)で至近距離でシカに遭遇しました。もう2~3mくらいしか離れていませんでしたが、何度もこちらを見ても、まったく逃げる様子もなく、黙々と草を食べ続けていました。
2020年09月04日 11:46撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥首峠まで来ました。後は白石集落跡を経由して名郷へ下ります。
電池切れで写真はありませんが、白石集落を過ぎて旧採掘場の建屋跡(道が石灰岩でごろごろしている場所)で至近距離でシカに遭遇しました。もう2~3mくらいしか離れていませんでしたが、何度もこちらを見ても、まったく逃げる様子もなく、黙々と草を食べ続けていました。
3

感想/記録

今日は、車のクーラーがきかないというハンデがあるので、近場で天気が良く、まだ登っていない蕨山を登ることにしました。
朝、自宅を出るときはまだ窓全開にすれば、まったく問題ない気温でしたので無事に名郷駐車場へ到着です。

蕨山は初めてですが、みなさんのレコを見ておおよその雰囲気は分かっていたつもりでした。しかし、今日は朝から気温がとても高く、また樹林帯を登る間はまったくの無風状態でいつになくペースがあがりませんでした。
熱中症にならないように、水分を補給しながらペースを落としながらゆっくり上がることにしました。
一度尾根に上がってからは谷からの風が少しづつ吹くようになり、大分助かりました。

途中の岩場も、注意して登ればまったく問題なし、ロープの助けも要らない感じでした。下りでは滑落しないよう、念のため持っていたほうがよさそうですね。

蕨山山頂への稜線はとても広くまた、日差しが届く明るい樹林帯でとても気持ちのいいところでした。
頂上からは木々が生い茂り、あまりよい眺望ではないですが、今日は運よく遠くの赤城山まで見ることが出来ました。
この時期の、この時間にしては上出来です。

有間山への登りは最後がかなり急登続きで休み休み登る感じでしたが、山頂についてからは尾根風がとても気持ちよく、最高のご褒美となりました。

有間山から鳥首峠までの稜線には背丈ほどのススキが生い茂り、ストックなどで顔に当たらないように、また、足元も見えづらくなっているので気を使いながら進みました。
気温は暑いですが、やはり長袖長ズボン(自分はスパッツはいてます)で行くことをお勧めします。
所々に視界の開ける場所があり、今日はそこから秩父方面の山々がくっきり見えて大満足です。特に両神山がとてもよく見えていました。
夏の低山なので眺望は最初からあまり期待していなかったのですが、今日はその中でもとてもいい方だったと思います。

鳥首峠からの下山路で、自分でも全く予期していませんでしたが、急でもなんでもないところで、ちょっとしたザレですべってしまい、不意に尻もちを着いてしまいました。ただ普通に歩いていただけです。
立ち上がってみてもそこは転びそうな要素は全くない場所でした。
幸いにも怪我も何も無かったのですが、やはりどんなに安全な場所でも、気を抜くと転倒する場合があるのだと思い知りました。
これが、高山の切り立ったトラバース道だと思うと少し怖いですね。

白石集落を過ぎ、順調に下山していると、採掘場施設跡地脇で大きな動物の鳴き声を聞きました。
最初は、「あれっ猿でもいるのかな?」と思い少し山の方をキョロキョロしてみましたが、「猿ぽいものはいないなぁ?何だったんだろう?」と思いまた2~3歩進むと、何とすぐ目の前にシカがいるではありませんか。本当に手が届きそうなくらいのところです。距離は2~3mしかありません。
シカって人を襲わないよな?とか、向かってきたらどうしようとか、一瞬の内に色々な思いが巡りましたが、当の本人(シカ)は、まったく動ずることもなく、こちらを見ては草を食べ、またこちらを見ては草を食べと、まったく意に介する気配なし。
なので、私も少しづつ距離を取りながらその場を離れて事なきを得ました。
遠くで見る分にはバンビのようで可愛いですが、間近に相対するとやはり少し恐怖を感じました。
これが熊さんで無くて本当によかったです。

駐車場に到着し、トイレ下の清流で身体を十分に冷やし(足清流)てからクーラー無しの車で帰りました。
濡れたタオルで身体を濡らしながら、窓全開で、信号に停まらずに走ってさえいれば問題なし!
ただ、自分の家に近くなって来て工事渋滞にはまり、まぁ、これは地獄です。あっづい!今日は37度まで行っていたそうです。
途中コンビニへガリガリ君を買いに走りました。

明日は代車が準備出来るとのことなので、今の車とのドライブは今日でお終いになります。15年もの間、無事故で乗らせてもらってありがとう!

今日も無事で帰ってこられました。感謝!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:321人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ