また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2564691 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 道東・知床

知床硫黄山: なかなか辿り着かない山\(^o^)/

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れと曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
知床自然センター(ウトロより更に知床岬側)を過ぎるとすぐ、標識が出るので、知床岬側に進みカムイワッカの滝に行く。カムイワッカの滝のかなり手前に登山者駐車場があります。滝を右手に見ながら、更に歩いて林道を進むと、登山口があります。

今後冬季に向けての通行止めがあるので、行かれる方は、要確認です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間17分
休憩
1時間5分
合計
9時間22分
S硫黄山 登山口06:4107:04展望台08:46新噴火口最上部08:4811:59硫黄山13:0115:10新噴火口最上部15:1015:46旧硫黄採掘跡15:4615:50展望台15:5016:05硫黄山 登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ピンテと、岩場はマーキングがあるので、辿れば大丈夫だと思いますが、所々薄いです。火山のザレ場は、似たような地表面で、私も一旦噴気孔を見に行った後ロストして、後ろから来た方に教えてもらいました、お恥ずかしい(^_^;)。

枯れ硫黄川を辿るコースが、ずっと山頂付近まで続きますが、2箇所ほど(多分以前滝だった?)、岩をつたわっては行けない所があります。→
※元岸の左右のどちらかに必ず、普通に渡れる岩か道がありますので、手前で確認して下さい。取り付きのピンテが目立たず、これも岩にはりつくサバイバルを一度やってしまいました(^_^;)(無理せず戻りましたよ〜、分からなくなったら、分かる所まで戻れ!、が鉄則でしたね)。
ナビでは、その差は拾わない範囲の様でした。。

山頂岩場は、一部急です。
その他周辺情報ウトロ夕日台の湯。キキホテルの奥にあります。
源泉。シャンプー、ボディーソープあり。ドライヤーは、使えません。コンセントを塞いでいるので、持ち込みドライヤーも使えません。露天風呂から、海が見えます。500円
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

朝焼け、海方向です。美しいですね。
2020年09月13日 04:29撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼け、海方向です。美しいですね。
9
カムイワッカの滝まで行きます。
2020年09月13日 05:14撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイワッカの滝まで行きます。
1
沢山のシカさん。
2020年09月13日 05:27撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢山のシカさん。
2
斜めでも平気。
2020年09月13日 05:45撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜めでも平気。
2
動じるのは、若い子。
全く動じないのは、年配の方。
2020年09月13日 05:47撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動じるのは、若い子。
全く動じないのは、年配の方。
4
カムイワッカ湯の滝〜登山口まで、歩きます。
ちと、遠いです。ここに来るまで、岩尾別の所で、沢山の人がバズーカを構えていました。熊を撮るんでしたっけ?
2020年09月13日 06:15撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイワッカ湯の滝〜登山口まで、歩きます。
ちと、遠いです。ここに来るまで、岩尾別の所で、沢山の人がバズーカを構えていました。熊を撮るんでしたっけ?
3
これが、PR画像でよく見るやつですね〜。
(帰りに、一旦車に戻ってから車を持って来て、観光客気分でお湯に入って来ました。奥の方までいくと、温かかった〜(*^^*))。
2020年09月13日 06:22撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが、PR画像でよく見るやつですね〜。
(帰りに、一旦車に戻ってから車を持って来て、観光客気分でお湯に入って来ました。奥の方までいくと、温かかった〜(*^^*))。
3
カムイワッカ湯の滝。
2020年09月13日 06:23撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイワッカ湯の滝。
3
ここまで来るのにややかかります。さあ、行きましょう!
2020年09月13日 06:34撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来るのにややかかります。さあ、行きましょう!
2
最近の情報は、無かったです。
2020年09月13日 06:34撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近の情報は、無かったです。
3
後で見返して、こんなに速く行けないよ〜と、思いました(T_T)。
2020年09月13日 06:35撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後で見返して、こんなに速く行けないよ〜と、思いました(T_T)。
1
まずは、定番のこんな道。
2020年09月13日 06:45撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、定番のこんな道。
1
ここで、硫黄が掘られていたのですね。
2020年09月13日 07:20撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、硫黄が掘られていたのですね。
3
あれかなぁ、と思って写しましたが、もう少し奥の山でしたぁ。
2020年09月13日 07:25撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれかなぁ、と思って写しましたが、もう少し奥の山でしたぁ。
1
まだ、少し出てます。硫黄臭あります。
2020年09月13日 07:29撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ、少し出てます。硫黄臭あります。
3
出てますね。
2020年09月13日 07:37撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出てますね。
3
ビックロックガーデン。
2020年09月13日 09:23撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビックロックガーデン。
2
涸れ沢(川)の遡行(笑)のルート。石をも穿つ、のきれいな面。
2020年09月13日 09:33撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸れ沢(川)の遡行(笑)のルート。石をも穿つ、のきれいな面。
3
正面のではありません。
2020年09月13日 09:45撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面のではありません。
1
今度こそ、あれですね。
2020年09月13日 11:09撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度こそ、あれですね。
4
火星!。爆裂口跡も、見えて来ます。
2020年09月13日 11:16撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火星!。爆裂口跡も、見えて来ます。
5
テッパン、影を写すの巻。
2020年09月13日 11:16撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テッパン、影を写すの巻。
4
雄大。右側茶色、特特大のサーフボード販売中!
2020年09月13日 11:20撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大。右側茶色、特特大のサーフボード販売中!
2
何か、着かない。
(後、少し。ぜーぜー、声にならない、、(笑))
2020年09月13日 11:21撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か、着かない。
(後、少し。ぜーぜー、声にならない、、(笑))
4
もう、着くかも(笑)。
2020年09月13日 11:41撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、着くかも(笑)。
2
最後のロック!
最大に、股関節開大して登り中、可愛らしすぎるフデリンドウ(←後で調べると、イワギキョウでした(^o^))に、ちょっと力ぬけるぅ〜。
2020年09月13日 11:49撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のロック!
最大に、股関節開大して登り中、可愛らしすぎるフデリンドウ(←後で調べると、イワギキョウでした(^o^))に、ちょっと力ぬけるぅ〜。
5
1等三角点ターッチ!
着いた〜〜!!!
山頂標識は、ありません(ToT)。
2020年09月13日 12:01撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1等三角点ターッチ!
着いた〜〜!!!
山頂標識は、ありません(ToT)。
16
美しい!です。
2020年09月13日 12:35撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい!です。
7
ウトロ側。
2020年09月13日 12:36撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウトロ側。
3
羅臼岳と三ツ峰山など。ここから、つながっている山々。雲がかかってますが、最高に美しい!
2020年09月13日 12:37撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼岳と三ツ峰山など。ここから、つながっている山々。雲がかかってますが、最高に美しい!
10
少しズームアップで。
もう少し力をつけたら、車両通行止めでバスが走っている夏にトライしたいです\(^o^)/。
2020年09月13日 12:37撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しズームアップで。
もう少し力をつけたら、車両通行止めでバスが走っている夏にトライしたいです\(^o^)/。
4
岬側、雲がかかってますね。でも北方領土かと。
2020年09月13日 12:41撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岬側、雲がかかってますね。でも北方領土かと。
2
飛行機雲が美しい!
2020年09月13日 12:41撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛行機雲が美しい!
3
いつまでもいたいけど、帰りも時間がかかりそうなので、1時間ほど山頂を堪能して、帰ります(T_T)。崖です。
2020年09月13日 12:53撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつまでもいたいけど、帰りも時間がかかりそうなので、1時間ほど山頂を堪能して、帰ります(T_T)。崖です。
6
絶景。
2020年09月13日 12:58撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景。
13
下りてるうちに、あっという間に、ガスがかかった。山の天気は、本当に変りやすいですね。
2020年09月13日 13:34撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてるうちに、あっという間に、ガスがかかった。山の天気は、本当に変りやすいですね。
1
お花は、もうあまりありません。
2020年09月13日 14:19撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花は、もうあまりありません。
1
ウトロ方向。海が、美しい(^o^)。
2020年09月13日 15:11撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウトロ方向。海が、美しい(^o^)。
4
無事に、戻って来ました。
今日も、お守りいただいて、ありがとうございました\(^o^)/。
2020年09月13日 16:07撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に、戻って来ました。
今日も、お守りいただいて、ありがとうございました\(^o^)/。
6

感想/記録
by mina06

色々な要素を楽しめる山でした\(^o^)/。
長かった〜(^_^;)。距離と見合わない疲れ感!(笑)。
山頂で一緒になった方も、なかなか着かなかったね〜、ちょっとなめてたかも、、とおっしゃってました。
まず、森→
火山の砂*岩→
森(見晴らしが無く、松や笹がびっしり迫って来るのでしんどかった。足元も根だらけ)→
涸れ沢の遡行、岩だらけ(笑)→
最後一部岩で急!

以上が概要です\(^o^)/
10名ほどが登ってました。

川は、いつまで流れていたのか、硫黄採掘の歴史等、後で調べてみたい事も満載でした!!

でも、何と言っても、山頂からの絶景にもう大満足。残念ながら斜里岳は雲で見えませんでしたが、ただただ感動!の山頂でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:489人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 三角点 ザレ リンドウ 縦走 遡行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ